えっ絶対王者N-BOXまさかの陥落?? スーパーハイト軽ワゴン王座決定戦


 軽自動車のなかでも屈指の人気を誇るスーパーハイトモデルたち。昨年にはタント、今年はルークス、eKスペース・eKクロス スペースら新型が相次いで登場し、その戦いは更に熱を帯びてきている。今回のテーマはズバリ、タント、eKクロス&eKクロススペース&ルークス、スペーシア、N-BOXの4種ならどれを買うべきか? である。

 ちなみに2020年4月の販売台数では、タント 8295台、eKクロス&eKクロススペース 1297台、ルークス 2868台、スペーシア 6426台、N-BOX 1万4034台となっている(一般社団法人全国軽自動車協会連合会調べ・なおeKはワゴンとの合算)。

「順当」にいけば、なんのかんのと言いながら結局N-BOXに収まるのが最近の通例なのだが、自動車評論家 渡辺陽一郎氏の最新評価はひと味違うようで…!!?

【画像ギャラリー】タント、eKスペース&ルークス、スペーシア、N-BOX! いずれ劣らぬスーパーハイト軽 その姿をギャラリーでチェック!!

※本稿は2020年4月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月26日号


■ダイハツ タント

 全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車はボディサイズと併せて、外観のデザインも各車とも似ている。特に横方向から見ると、車種を見分けにくい。

 しかし、機能には特徴がある。また軽自動車は競争の激しい分野だから、開発は常にライバル車を研究しながら行われ、設計の新しい車種ほど機能も洗練される。

 現行型の発売はN-BOXが2017年、スペーシアは2018年、タントは2019年、ルークス&eKスペースは2020年だ。

 この4車のなかで、商品力が総合的に最も高い車種はタントになる。販売も好調で、2020年1~3月の国内販売ランキングは、N-BOXに次ぐ2位となった。

昨年(2019年)7月、現行の4代目モデルにフルモデルチェンジされたタント。その商品力は高い。価格帯124万3000~197万4500円

 タントで注目される機能は、2007年に発売された2代目から採用するミラクルオープンドアだ。

 左側のピラー(柱)をドアに内蔵させ、前後ともに開くと開口幅が1490mmに広がる。

 助手席を予め前側にスライドさせておくと、ベビーカーを持った状態で車内に入れる。車内が広いから、子どもを後席のチャイルドシートに座らせる作業もしやすい。主力グレードの運転席には540mmのスライド機能も備わり、後方に寄せると降車せずに運転席へ移動できる。

 つまり、タントは子育て世代向けに開発され、左側のワイドなスライドドアから乗り込み、後席を経て右側の運転席に移る導線を確立させた。

 この機能は高齢の同乗者と乗車する時も便利に使える。このほかタントでは、後席の座り心地がライバル車のなかで最も快適だ。先代型の不満を改善したら、ライバル車を上回った。ターボ車には全車速追従型クルーズコントロールもオプション設定される。

■三菱 eK&eKクロス スペース/日産 ルークス

 以上のようにタントは高機能だが、ミラクルオープンドアのニーズが乏しい場合は選ぶメリットも薄れる。そこで2番目に推奨されるのがルークス&eKスペースだ。軽自動車では設計が最も新しく、メカニズムも2019年に発売されたデイズと共通化した。

日産と三菱のスーパーハイトモデル。ルークスは現行型からデイズの名が取れた。価格帯139万9200~206万6900円(写真はルークス)

 エンジンはノーマルタイプでも実用回転域の駆動力に余裕があり、ノイズと振動は小さい。乗り心地は硬めで、もう少し柔軟性が欲しいが、走行安定性は全高が1700mmを超える軽自動車では最も優れる。

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは全車速追従型で、追従走行中の停車時間が長引いた時は、電動パーキングブレーキを自動的に作動させる。

 タントのパーキングブレーキは足踏み式だから、追従停車後に2秒を経過すると勝手に再発進するが、ルークス&eKスペースならその心配はない。後席の座り心地は今一歩で、座面だけが上下に動く運転席シートリフターも不満だが、ドライバーの満足感は全般的に高い。

次ページは : ■ホンダ N-BOX