マツダSUVに熾烈な生存競争 違い出せるか CX-30、3、5の個性と苦悩


 2019年10月に登場した小さめのミドルSUVであるマツダCX-30の販売は、2500台の月間販売目標台数に対し発売から5月までの販売台数の合計は約2万3000台(月平均約2800台)と、新型コロナウイルス禍の影響も考えればまずまずの好調である。

 そのいっぽうでマツダにはCX-30を基準にすると下にコンパクトSUVのCX-3と上にミドルSUVのド真ん中となるCX-5がある。

 CX-3は一時消滅の危機にあるという情報もあったが、新エンジンを追加するなど今後存続することが明らかになった。

 現在のマツダではSUVが販売の中心になっているが、「CX-30とクロスするところもある2台は共存できるのか?」を考察する。

文:永田恵一/写真:MAZDA

【画像ギャラリー】ジャストサイズクーペタイプとフラッグシップ 日本で発売していないマツダのSUVをじっくり見る!!


CX-3とCX-30の成り立ち

 CX-3とCX-30が共存できるのかを考える前に、それぞれを簡単に紹介しておこう。

 2015年2月に登場したCX-3はキャビンやラゲッジスペースといったスペースをほぼ気にせず、スタイルを流麗にすることに注力した現在のマツダ2ベースのコンパクトSUVである。

 登場当初はマツダ2のものに対し最大トルクを太くした1.5Lディーゼルターボのみの設定だった。

CX-3は2015年2月にデビュー。デビュー時はSKYACTIV-D 1.5だったが、2018年5月にSKYACTIV-D 1.8に変更されるなど細かく改良されている

 CX-3もスカイアクティブ戦略後のマツダ車らしくほぼ毎年何らかの改良を受けている。

 そのなかでも大きかったのは2017年の2Lガソリンの追加と2018年に行われたディーゼルターボの1.5Lから1.8Lへの変更を含んだビッグマイナーチェンジである。

 また2020年5月にはFFなら200万円以下の車両価格となる1.5Lガソリンモデルも追加されている。

 CX-30は全長4395×全幅1795×全高1540mmというタワーパーキングにも入るミドルクラスとしては小さめのSUVで、成り立ちとしては新世代のプラットホームを使うマツダ3のSUV版的存在である。

CX-30はクーペタイプのクロスオーバーSUVとして2019年10月から日本で販売開始。電気自動車のMX-30はこのCX-30がベースとなっている

 エンジンはCX-3と同じ2Lガソリン、1.8Lディーゼルターボ、点火にプラグも使うガソリンエンジンながらディーゼルエンジンのように圧縮着火とすることで動力性能と燃費を高次元でバランスさせたという2LのスカイアクティブXという3つを設定する。

 スカイアクティブXを別にすれば、CX-30最大の魅力はスタイルとクオリティの高いインテリアだろう。

CX-3とCX-30は共存できるのか?

 まずCX-3とCX-30の車格をトヨタのSUVで例えれば、CX-3がライズ(やや異なるところもあるが)、CX-30はC-HRに相当し、車格としては十分な違いがある。

 しかしCX-3の2Lガソリンと1.8Lディーゼルターボを買う場合に、「新車を買うならこのくらいは欲しい」と感じるそれぞれFFのプロアクティブSパッケージの価格は現在2Lガソリン/248万6000円、1.8Lディーゼルターボ/278万9600円だ。

CX-30は内装材などにもこだわったインテリアが好評。クーペタイプながら全高はCX-3とほとんど変わらないため、快適性も充分にある

 いっぽう同じエンジンを搭載するCX-30でCX-3のプロアクティブSパッケージとそう変わらない装備が着く2Lガソリンの20SのFF/239万2500円、同等以上の装備が着く1.8LディーゼルターボのXDプロアクティブ/288万7500円だ。

 つまり2LガソリンはCX-30のほうが安く、1.8LディーゼルターボでもCX-30はCX-3より約10万円高いだけと、これではCX-3がよほど好きかボディサイズの制約のある人以外はCX-30を選ぶ方が自然だ。

CX-30の次世代ガソリンエンジンSKYACTIV-Xは2020年から販売開始。クリーンディーゼルとの価格差が大きく販売面では苦戦している

 しかし5月に追加された1.5LガソリンはFF車なら上級の15Sツーリングでも199万1000円と、先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールが付けられないなどの条件はあるにせよ、ここまで安ければ街乗り中心のコンパクトSUVという明確なキャラクターができた。

 それだけに1.5Lガソリンの追加がCX-3のポジションをハッキリさせ、CX-30との差別化に大きく貢献していると言える。

CX-3はライバルSUVに比べて割高なイメージがあったが、200万円以下から購入できる15Sの追加(2020年5月)により存在価値と大きな武器を手に入れた
プラットフォームはコンパクトカーのマツダ2だから広々しているわけではないが、ライバルに比べてインテリアの質感は高い

■CX-3価格帯
・ガソリン:189万2000~288万3200円(1.5L)/248万6000~314万800円(2L)
・ディーゼル:249万2600~341万5800円(1.8L)

■CX-30価格帯
・ガソリン:239万2500~335万3880円(2L)/329万4500~403万6980円(2L SKYACTIV-X)
・ディーゼル:288万7500~362万8880円(1.8L)
※両車とも特別仕様車含む

■CX-3の2020年の販売台数
◎1月/287台 ◎2月/376台 ◎3月/527台 ◎4月/154台 ◎5月/155台

■CX-30の2020年の販売台数
◎1月/2949台 ◎2月/3707台 ◎3月/5643台 ◎4月/1278台 ◎5月/959台

次ページは : CX-5の成り立ち

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ