新型ハリアー登場で超激戦区!! ライバルSUVが勝る「長所」はあるのか


 2020年屈指の大物新車「新型ハリアー」登場で、さらに争いが激化! 競合SUVに勝ち目はあるか!?

 SUVの人気モデル、トヨタ ハリアーが6月にフルモデルチェンジ。早くも多くのバックオーダーを抱え、その人気ぶりを見せつけているようだ。

 しかし、ハリアーと同じクラスのミドルSUVは、もともと日産 エクストレイルやマツダ CX-5、スバル フォレスターなど数多くの人気モデルがひしめく激戦区。

 果たして新型ハリアーに対して、ライバルたちはどの部分が優れているのか? 項目ごとに見ていきたい。

文:渡辺陽一郎、写真:トヨタ、マツダ、日産

【画像ギャラリー】トヨタから出ている・これから出るSUV


対競合車で見た新型ハリアー「内装の質感は圧倒的」

6月にデビューしたばかりの新型ハリアー

 2020年6月17日に発売されたハリアーは納期が長い。販売店によると「6月下旬に注文を入れて、納車されるのは9~10月。特に『レザーパッケージ』は2021年1月以降になる」という。

 ハリアーの高人気は、残価設定ローンの残価からも明らかだ。一般的な残価は、3年後で新車価格の43~48%だが、ハリアーは新型になってノーマルエンジン、ハイブリッドとも55%前後に達する。5年後でも約43%だ(残価は販売系列によって異なる)。

 中古車市場でも高値で売れることを前提に残価を高めた。従ってハリアーは、残価設定ローンを利用すると、月々の返済額を抑えやすい。

 しかし、ハリアーは本当にそこまで良いクルマなのか? そこでライバル車と比べてみる。

ハリアーの内装はグレードにもよるが、合成皮革を使っている

 ハリアーのボディサイズは、全長が4600mm以上、全幅は1800mm以上だから、SUVの定番とされる日産 エクストレイルやスバル フォレスターも、サイズではライバル車に含まれる。

 この2車種と比べると、内装はハリアーが圧倒的に上質だ。売れ筋グレードになる中級の2WD・Gでも、インパネやシート生地に合成皮革を使う。

 装備も充実させ、ハイビーム状態を保ちながら対向車や先行車の眩惑を抑えるアダプティブハイビーム、前後両方向の録画機能を備えたデジタルインナーミラーなどを標準装着した。

デジタルインナーミラー(前後方録画機能付き)が標準装備された

実用性と割安さではエクストレイル&フォレスター優勢

 ハリアーは内装や装備が充実する代わりに価格も高く、2Lエンジンの「G」(2WD)は341万円だ。

日産エクストレイル 20Xi(2WD) 304万5900円~

 エクストレイル「20Xi」(2WD)の304万5900円、フォレスターに2.5Lエンジンを搭載した「プレミアム」の308万円を大幅に上まわる。エクストレイルやフォレスターがミドルサイズSUVなら、ハリアーはLサイズの価格設定だ。

 言い換えればエクストレイルやフォレスターを選ぶメリットは、優れた実用性と割安な価格にある。

フォレスター 特別仕様車X-Edition(2019.11) 317万9000円~

 ちなみにハリアー「S」(2WD)は299万円だが、前述の装備や上質なシート生地が採用されず、上級指向のSUVとしては物足りない。

 ハリアーとRAV4の違いも気になる。ハリアーが搭載する2Lノーマルエンジンと2.5Lハイブリッド、GA-Kと呼ばれるプラットフォームは、いずれもRAV4と共通化されているからだ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2690mmで等しい。

次ページは : キャラ異なる身内のRAV4が優る部分はある?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ