次期N-ONEが今秋登場!? 独走を続けるホンダNシリーズの脅威

 コロナ禍によって、さまざまな危機との対峙が始まりつつあった2020年3月、ホンダ「N-ONE」が、ひっそりと生産終了となっていた。しかしすでに、2020年秋には、次期型が登場する、とのことで、廃盤になってしまうことはないようだ。2020年1月に開催された東京オートサロン(幕張メッセ)でプロトタイプが先行公開されている。

 ホンダのNシリーズといえば、N-BOXの存在があまりにも大きく、N-ONEは、N-BOXの10分の1程度の販売台数、という隠れた存在となってしまっている。

 果たして、次期型N-ONEは、どういった姿で登場するのだろうか。N-ONEの存在意義を考えつつ、N-VAN・N-WGNも含めた、ホンダのNシリーズについても、考察していく。

文:吉川賢一/写真:HONDA、ベストカー編集部/CG:ベストカー編集部

【画像ギャラリー】向かうところ敵なし!! ホンダNシリーズの全貌を写真でチェック!


流行にあえて寄り添わなかったN-ONE

 N-ONEのベースとなる初代N-BOXが登場したのが、2011年12月。その約1年後となる2012年11月に、N-ONEは登場した。

シンプルなデザインは清潔感があり、おしゃれな雰囲気も持ち合わせている

 N-ONEは、N-BOX、N-BOX+(プラス)に続く、Nシリーズの第3弾。軽トールワゴンの中では全高が低く、車重も軽いことから、スポーティな性格も持ち合わせており、N-ONEのワンメイクレース「N-ONEオーナーズカップ」が開催されるなど、ファンも多くいるクルマだ。

 N-ONEは、ホンダが1967年に発売していた「N360」を、モチーフに、デザインされた。N360のフィロソフィである、タイヤを四隅に配置することで車室空間を最大限確保する、というパッケージングを引き継ぎ、N-ONEもトールワゴンにしては広い車室を実現していた。

ヘッドライト周りの造形など、N-ONEは、N360をしっかりとオマージュしているのがよく分かる

 そして、シンプルながらも、おしゃれな外観は新鮮で、瞳のような丸いヘッドライト、四角いリアランプ、台形フォルムのスタイルなど、理にかなった、実に綺麗なデザインをしていた。このN-ONEのデザインは、ユーザーにも受け入れられ、発売翌年の2013年は、年間10万台を超える売れ行きとなった。

 しかし、Nシリーズの第4弾、軽ハイトワゴンのN-WGNが2014年に登場すると、そのポジションは、N-WGNに一気に奪われしまうことになる。古き良き時代のホンダから影響をうけたN-ONEと、当時流行のムーブやワゴンRに寄せたカッコいい系のN-WGN。結果としては、N-WGNを選ぶユーザーの方が多かったのだ。

 N-ONEは、数年おきのマイナーチェンジで、エクステリアの加飾変更や特別仕様車を出してはみたものの、若い客層の趣味嗜好の流れに寄り添いきることができなかった。

2019年の販売台数はN-BOX:25万3500台に対して、N-ONE :2万273台と10分の1以下だった

 いつ見ても飽きが来ないような完成度の高いデザインであったのだが、しかし逆に言えば、それは新鮮味がない、ということにも繋がりかねず、それが影響したのかも知れない。

次期型N-ONEはこうなる!

 N-ONEのモデルチェンジについて、まだ詳細な内容は判明してはいないが、デザインについては、ほぼそのままのキープコンセプトでいくという。東京オートサロン2020にてホンダブースに登場した、「N-ONEカフェレーサーコンセプト」を思い出してほしい。

N-ONEカフェレーサーコンセプトには、6速MTが搭載されていた

 レーシングカーをイメージしたこのコンセプトカーには、なんと6速MTが搭載されており(初代N-ONEはCVTのみ)、インパネ周りやステアリング、フロントシート、また前後のバンパーや灯火類、ホイールデザインも、スポーティなものへと変更されていた。

 クルマの前後に付いた「RS」のエンブレムは、まさにこのまま市販されてもおかしくはない、プロトタイプの様相だった。

 実は、第二世代のNシリーズとしては、すでにN-VANへ6速MTが初搭載されている。次期型N-ONEも、そのプラットフォームをベースとするため、当然搭載できることになる。

新型N-ONE(予想CG)デザインはほぼキープコンセプトでいくとの情報だ

 デザインは変えずに、プラットフォームを一新し、走行性能と安全性能を飛躍的に進化させる。N-ONEは流行を追いかけず、我が道を歩む、そうした方向性を継続するのだろう。

他社にとっては脅威でしかない

 正直なところ、現状よりも趣味性の高い世界へと振りきって、スポーツモデルやプレミアム感の高いモデルを出しても、売れる可能性は低い。

 しかし、第一世代のNシリーズの成功を元に、第2世代のNシリーズでN-ONEのようなチャレンジングなモデルを出す余裕があるのは、ホンダの余裕の表れだ。

 数は多くはないかもしれないが、ホンダの軽スポーツを好むユーザーを取り込めるよう、ピンポイントで商品を出すホンダの戦略には、ファンとしてはワクワクさせられる。

 実用性抜群の王者N-BOX、シンプル&スタイリッシュなN-WGNと、この2台(正確にはそれぞれのカスタム系も含めると4台)があれば、ほとんどのユーザーを取り込めてしまう。

 しかもそこへ、実用性に振り切った商用バンであるN-VAN、そしてスポーティに振ったN-ONEまでもが存在し、まさに四方八方どこにも隙が無く見える。しかもそれらすべてが、日本で需要の高い各軽ジャンルとは、他社メーカーにとっては脅威でしかない。

【画像ギャラリー】向かうところ敵なし!! ホンダNシリーズの全貌を写真でチェック!