i-MiEVも道半ばで“普通車”に!? 軽自動車のEVは成立するのか?

 電気自動車(EV)は航続距離が命!? テスラなどハイパフォーマンス系のEVが勃興するなか、軽自動車でEVは成立するのか?

 EVのパイオニアといえば、三菱のi-MiEVが記憶に新しい。同モデルは軽自動車で2010年から個人向けの発売を開始したが、販売的には成功を収められず、しかも2018年4月の改良で全長を延ばし、登録車となってしまった。

 こうした動きからみても軽自動車のEVはやはり難しいのかもしれないとも受け取れる。実際はどうなのか? 自動車技術・メカニズムに造詣が深い鈴木直也氏が解説する。

文:鈴木直也、写真:三菱、テスラ、マツダ、ホンダ、日産、奥隅圭之

【画像ギャラリー】2019年世界初公開したEV軽コンセプトカー、日産iMkをみる


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ