【ジムニー、N-ONE…】軽自動車を遊び尽くす! Kコンプリートカーの世界

【ジムニー、N-ONE…】軽自動車を遊び尽くす! Kコンプリートカーの世界

 軽自動車といえば660cc、定員4名で燃費もよく、日常の足として便利に使えるクルマというのはご存じのとおり。

 しかし実用性のみならず、実はすごく楽しい存在に大変身できる素性のよさも持ち合わせている。買った瞬間からノーマル車よりも何倍も楽しめる、そんな夢のようなKカーコンプリートの世界へようこそ。

 文:ベストカー編集部 / 写真:小宮岩男(モンスターアルトワークス)
ベストカー2016年7月10日号


緊急試乗!! モンタジ謹製、アルトワークスの本気度

 「モンタジ」といえば誰もがうなる「モンスター田嶋」選手の愛称。その田嶋選手が創業したモンスタースポーツではKカースポーツの大名跡、スズキアルトワークスをチューンアップし、コンプリートカーとして販売中。

 今回はデモカーを借りてワインディングをメインに徹底試乗した。

 だいたいにして、その存在感からして“ただモノではない”な、と感じさせるモンスタースポーツのアルトワークス。いかにもモンタジらしい、本格派の香りがプンプンしてくる。

 アルトワークスの特性を熟知したモンスタースポーツが専用開発したパーツを盛り込んだコンプリートカーだが、バージョン1から5まで5段階のチューニングメニューが用意されているのが嬉しい。

 今回の試乗車はオプションパーツ「全部のせ」とも言える『バージョン5』で、専用開発されたオーリンズサスペンションが組まれている。

 目を引くカーボン製エンジンフードはコンプリートには含まれておらず9万6000円の別売だが、専用形状の前後パンパー、カーボン製GTウイングなどはコンプリートに含まれる。

 また、試乗車には現在開発中のローポジションシートマウントが装着されていて、純正レカロのヒップポイントが低くなり、よりスポーティなドラポジを取ることが可能だ。

 走り出すと、まあなんとも楽しい!! 着座位置が低くなったことでアイポイントも下がりスポーティな印象。クルマの動きが腰でダイレクトに感じられるのがたまらない。

 エンジンは特別パワーアップさせるような『仕掛け』はないとのことだが、ハイフローインタークーラーや専用マフラー、フロントパイプなど吸排気系のファインチューニングにより明らかにターボの立ち上がりが鋭くなり、またトップエンドの伸びもよくなっていて、ピックアップがよりパワフル!!

 そしてこのクルマの最大の魅力は足回りにある。バージョン5専用のオーリンズサスはフリクションを感じさせないスムーズな動きで、乗り心地がよく、箱根のちょっと荒れた路面でもタイヤをしっかりと路面に押しつける。

 バネはそれなりにハードな設定となっているのだが、固さを感じさせず“じわり”とロールしていくのでロードホールディングが高いのだ。

 サスの動きがスムーズなので、少々ハイペースにコーナーを攻めても4輪でグリップするため姿勢は安定し、気持ちのいいハンドリングが楽しめるというわけだ。

 今回は山道での試乗だったが、今度はミニサーキットで限界まで試してみたい!! そう思わせてくれるハンドリングだった。

 今回紹介した「バージョン5」の価格は税抜き240万円(税込みだと259万2000円)!! ノーマルワークスの価格は150万9840円(税込み)なので、ザッと108万円高ということになる。

 軽自動車なのだから300万円近くなるのはちょっと高い!? と感じる人もいるかもしれないが、オーリンズサスを使い、ブレーキチューン、吸排気系、内外装パーツなどの内容を見れば、コンプリートカーとして仕上げられた価格としてはむしろお買い得。

 ユーザーの好みに合わせたメニューも展開されているのも大きな魅力だ。

次ページは : まだまだあるぞ、コンプリートカー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ