ホンダF1はいつ強くなるんだ!? 10チーム中9位の今抱える課題とマクラーレンと決別できなかった理由


 『ホンダF1が苦戦している』。——そう今シーズン序盤に報じてからもう半年だ。

【関連記事】 【なぜホンダF1は遅いのか?】 開幕3戦未入賞、津川哲夫が原因を斬る

 全20戦中、13戦を終了した時点で、最上位は6位。入賞回数は計3回で、ランキングは10チーム中9位と低迷している。

 そんななか一度契約を交わしたチームとの関係が白紙になり、「マクラーレンがホンダとの関係を解消する」という噂まで出てきた。ホンダF1は今季苦戦を抜け出せるのか!? そして、来年はいったいどうなってしまうのか?

文:津川哲夫/写真:Honda、RedBull contenrpool、LAT


ホンダF1が今抱えるコース内外の課題

 シーズンも折り返し、後半戦に入ったF1グランプリ。トップ争いは熾烈で、中団争いも戦国時代の形相。コンストラクターズのランキングも渾沌を呈している。そんななかで相変わらず1ポイントの獲得に苦戦しているのがマクラーレン・ホンダ。

 未だに多くの問題を抱え、解決の糸口が掴めない。問題になっていたホンダパワーユニット(PU)の信頼性もそれなりに向上はしてきたが、ターボユニット、MGU-H(熱エネルギー回生ユニット)、潤滑系などに問題を抱え、その解決、そしてパフォーマンスの向上、燃焼効率の向上など、課題は山積みだ。

 しかし、今シーズンを来期への開発として考えればまだ3年目。来期以降の向上はもちろん充分に可能性は高い。

 事実、トラブルの大半は、原因の究明が済んでいる。これらのトラブルが解消しただけでもパフォーマンスの向上に繋がるはずだ。無事走り切れば現在でもトップ10は狙えるのだから。

 現在の問題は何もホンダだけの問題ではなくマクラーレン側にもそれなりの問題はあるのだが、ここへ来て遂に“マクラーレンとホンダの関係危し!”の兆候が現れた。

 現在F1界では、マクラーレンがホンダを捨て、ルノーエンジン獲得を画策し、ホンダはF1撤退も視野に入れている……などなど、ネガティブな噂が充満。

 また、一端供給を決めていたザウバーがフェラーリに寝返ったことも、ホンダへの噂をさらに大きくしてしまった(編注:ホンダとザウバーは2018年のパワーユニット供給契約を締結したが後に契約は白紙に)。

ザウバーのマシンに収まるのは、日本人ドライバーの松下信治。ホンダがザウバーにエンジンを供給することで、久々の日本人ドライバー誕生へ期待も高まっていたが……

他チームへの供給も可能性薄!? ホンダとマクラーレンが別れない理由

 ザウバーの解約を契機に、トロロッソへの供給やウィリアムズへの供給が話題となったが、どちらも各チームから真っ向否定されている。

 しかし、この否定が本当かどうかは別の話だ。というのも、マクラーレンは、トロロッソが搭載するルノーPUの権利を得て、トロロッソにはホンダがPUを供給。

 そして、マクラーレンに対するホンダの資金をトロロッソへと導入すれば、資金不足のトロロッソは潤い、レッドブル本体もトロロッソへの資金を削減できる。

 トロロッソはレッドブルの“Bチーム”、若手育成チームだから、パフォーマンスそのものは強く求められない。

 実際、イタリアGPではルノー、マクラーレン、そしてFOM(F1の運営を行う統括団体)との間で会合が持たれている。また、現状ならトロロッソのマシン作りはなかなかのものだ。

 それでも実現にはかなりの無理がある。マクラーレンとしても“ホンダディール”を離す事はできないのが現実だ。

 他のパワーユニット供給を受けるなら、それ相応の供給料を払わなければならない。それに一億ドルと言われる、パワーユニット以外のホンダ資金も閉ざされてしまう。

 現在のマクラーレンはホンダとの『別離』と言うオプションは存在しないはず。もちろんマクラーレン側は、ホンダなしでも資金的に問題ないと言い切っているのだが……それはホンダが辞めると言えば、違約金が入る可能性が高いからだろう。

マクラーレン・ホンダを従えて走るトロロッソは、強豪レッドブルのサテライトチーム。現在はルノーエンジンを搭載し、10チーム中6位という成績だ

次ページは : “辛口”なアロンソもホンダF1の今後を左右する?