ホンダF1はいつ強くなるんだ!? 10チーム中9位の今抱える課題とマクラーレンと決別できなかった理由

  『ホンダF1が苦戦している』。——そう今シーズン序盤に報じてからもう半年だ。

【関連記事】なぜ、ホンダF1は遅いのか?

全20戦中、13戦を終了した時点で、最上位は6位。入賞回数は計3回で、ランキングは10チーム中9位と低迷している。そんななか一度契約を交わしたチームとの関係が白紙になり、「マクラーレンがホンダとの関係を解消する」という噂まで出てきた。ホンダF1は今季苦戦を抜け出せるのか!? そして、来年はいったいどうなってしまうのか?

文:津川哲夫/写真:Honda、RedBull contenrpool、LAT


ホンダF1が今抱えるコース内外の課題

シーズンも折り返し、後半戦に入ったF1グランプリ。トップ争いは熾烈で、中団争いも戦国時代の形相。コンストラクターズのランキングも渾沌を呈している。そんななかで相変わらず1ポイントの獲得に苦戦しているのがマクラーレン・ホンダ。

未だに多くの問題を抱え、解決の糸口が掴めない。問題になっていたホンダパワーユニット(PU)の信頼性もそれなりに向上はしてきたが、ターボユニット、MGU-H(熱エネルギー回生ユニット)、潤滑系などに問題を抱え、その解決、そしてパフォーマンスの向上、燃焼効率の向上など、課題は山積みだ。

しかし、今シーズンを来期への開発として考えればまだ3年目。来期以降の向上はもちろん充分に可能性は高い。

事実、トラブルの大半は、原因の究明が済んでいる。これらのトラブルが解消しただけでもパフォーマンスの向上に繋がるはずだ。無事走り切れば現在でもトップ10は狙えるのだから。

現在の問題は何もホンダだけの問題ではなくマクラーレン側にもそれなりの問題はあるのだが、ここへ来て遂に“マクラーレンとホンダの関係危し!”の兆候が現れた。

現在F1界では、マクラーレンがホンダを捨て、ルノーエンジン獲得を画策し、ホンダはF1撤退も視野に入れている……などなど、ネガティブな噂が充満。また、一端供給を決めていたザウバーがフェラーリに寝返ったことも、ホンダへの噂をさらに大きくしてしまった(編注:ホンダとザウバーは2018年のパワーユニット供給契約を締結したが後に契約は白紙に)。

ザウバーのマシンに収まるのは、日本人ドライバーの松下信治。ホンダがザウバーにエンジンを供給することで、久々の日本人ドライバー誕生へ期待も高まっていたが……

他チームへの供給も可能性薄!? ホンダとマクラーレンが別れない理由

ザウバーの解約を契機に、トロロッソへの供給やウィリアムズへの供給が話題となったが、どちらも各チームから真っ向否定されている。

しかし、この否定が本当かどうかは別の話だ。というのも、マクラーレンは、トロロッソが搭載するルノーPUの権利を得て、トロロッソにはホンダがPUを供給。そして、マクラーレンに対するホンダの資金をトロロッソへと導入すれば、資金不足のトロロッソは潤い、レッドブル本体もトロロッソへの資金を削減できる。

トロロッソはレッドブルの“Bチーム”、若手育成チームだから、パフォーマンスそのものは強く求められない。実際、イタリアGPではルノー、マクラーレン、そしてFOM(F1の運営を行う統括団体)との間で会合が持たれている。また、現状ならトロロッソのマシン作りはなかなかのものだ。

それでも実現にはかなりの無理がある。マクラーレンとしても“ホンダディール”を離す事はできないのが現実だ。

他のパワーユニット供給を受けるなら、それ相応の供給料を払わなければならない。それに一億ドルと言われる、パワーユニット以外のホンダ資金も閉ざされてしまう。現在のマクラーレンはホンダとの『別離』と言うオプションは存在しないはず。もちろんマクラーレン側は、ホンダなしでも資金的に問題ないと言い切っているのだが……それはホンダが辞めると言えば、違約金が入る可能性が高いからだろう。

マクラーレン・ホンダを従えて走るトロロッソは、強豪レッドブルのサテライトチーム。現在はルノーエンジンを搭載し、10チーム中6位という成績だ

“辛口”なアロンソもホンダF1の今後を左右する?

問題はドライバーのフェルナンド・アロンソだ。マクラーレンはどうしてもアロンソを手中に収めて置きたいようだ。

ホンダPUを捨て、メルセデスやルノーPU搭載を願っているのはアロンソ本人だとさえ言われている。ところが、もはやアロンソもマクラーレン以外の道はなくなっている。

本当を言えば、現在のマクラーレン・ホンダの実力に対して、アロンソは過分なドライバーだ。

アロンソは素晴らしいドライバーだが、勝てないチームの開発ドライバーにはまったく向かない。マクラーレンがアロンソを確保したいのは、チームの成績ではなくチームのマーケティング戦略のためだろうと思う。ホンダがドライバーを選ぶ権利はないらしいが、アロンソを捨てる算段も必要かも知れない。

ホンダに対して「パワーが足りない」等、辛口発言を繰り返してきたアロンソは、2018年の契約をまだ締結していない。だが、すでに強豪チームのシートは埋まっている

2018年への不安を払拭できるのはホンダ自身

しかし、本当の問題はアロンソでもマクラーレンでもないはず。一番大きな問題はホンダ自身の考えだ。ホンダが今後の方針を真正面から押し出せば、問題は一気に解決するはずだ。2017年のヨーロッパラウンド最終戦を迎えてもなお2018年への計画を正式に発表できないでいるのだから。

“来年も100%参戦を続ける”の公式発表であらゆる噂を一蹴しないかぎり、現在の渾沌から抜け出すことはできない。マクラーレンが一番恐れているのは、ホンダの撤退があれば、来期のPUがなくなってしまうこと。その恐怖がルノーとの話し合いに繋がっているはずだ。

また、FIAもホンダの撤退は望んでいない。メーカーの撤退はF1にとって実にネガティブな現象で、他のメーカーの参入を妨げることにも成りかねないからだ。

この記事を書いている時点でホンダはまだ声明を発表していない。というより、本来なら声明などいらず、「F1継続!」の一言でいいのだが……。

 「F1に長期に渡って参戦を続ける」と言い放った出だしの言葉……ホンダのその言葉を、我々は信じたいのだが……。

■F1 2017 コンストラクターズランキング

1位 メルセデスAMG/435pts
2位 フェラーリ/373pts
3位 レッドブル/212pts

9位 マクラーレン・ホンダ/11pts
10位 ザウバー/5pts

※第13戦イタリアGP終了時点

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ