トランプ大統領は前後で異なるナンバーでOK!! その法的根拠とはいったい?

トランプ大統領は前後で異なるナンバーでOK!! その法的根拠とはいったい?

 アメリカのトランプ大統領が来日した際に乗っていた大統領専用車が「ビースト」。アメリカ大統領が行く先々には専用機「エアフォースワン」と共に、世界中どこにでも現われる専用車両だ。そんな「ビースト」の存在感や、特殊機能などについても話題に挙がるが、今回ベストカーでは少し異なる視点でこのクルマを見てみた。外務省にも質問しちゃいました。その質問とは!?

文:ベストカーWeb編集部/写真:Shutterstock.com


■大統領警護のための超法規的措置!?

 11月5日の産経ニュースにおいて、アメリカのトランプ大統領が来日時に使用した大統領専用車「ビースト」のナンバーが前後で異なった、という記事が配信された(http://www.sankei.com/world/news/171105/wor1711050030-n1.html)。

 カモフラージュとバックアップのために常に2台で走るビーストだが、今回はナンバープレートの番号で車両を特定をされないように前後で異なるナンバーをつけたようだ。「1」と「2」というナンバーがあれば、両車ともフロントに「1」、リアに「2」を付けたといった感じだ。

 たしかにこれで大統領の安全は守られるのはわかる。でも、ここまでやるならナンバープレートなくてもいいのではないか!? なんて編集担当は思ってしまう。日本という国は法治国家なわけで、アメリカ大統領だからオールOKというのも考えにくい。当日の様子をふり返るとトランプ大統領が乗ったビーストに付けられたのは、青い外交官ナンバーと呼ばれるもの。

 ご存じの方も多いかもしれないが、これは一般のクルマのように国土交通省の管轄ではなく外務省が管理するもので、このナンバーが付いた車両はいかなる日本の法律によって侵されることはない。外交官特権と呼ばれるもののひとつでもある。

 この法律は「外交関係に関するウィーン条約」と呼ばれ、たとえばアメリカにある日本大使館も同様の措置を受けることになっている。つまり外交官および大使にはある種の特権があるのだ。それにしても前後でナンバーが異なるという事態は自動車媒体としては疑問が残る。この件について編集部では外務省に文書で質問をおこなった。その回答を見ていこう。

大統領専用車「ビースト」は世界中どこにでも移動する。後ろに見えるのは大統領専用機「エアフォースワン」
大統領専用車「ビースト」は世界中どこにでも移動する。後ろに見えるのは大統領専用機「エアフォースワン」

■前後異ナンバープレート装着はウィーン条約に則っている

 編集部が外交官ナンバーを所轄する外務省の儀典官室(ぎてんかんしつ)に送った質問は以下の5つ。

1. これまで外国要人の移動用車両に関して、前後で異なるナンバープレートの装着を許可したことはありますか?

2.前後で異なるナンバープレートを装着するアイデアは、事前にアメリカ政府からの提案や申請などがあったのでしょうか?

3. 今回の前後で異なるナンバープレートのまま任意保険は加入できたのでしょうか?

4. 今回のような前後で異なるナンバープレートンの運用は、日常的に外交官ナンバーを使用する諸外国の大使館車両が行なっても問題がないという認識でしょうか?

5.今回のナンバープレートの運用に法的根拠はありますか?

 10日ほど待ってやっときた外務省からの回答は以下のとおり。文書ではなく電話での回答だった。質問の1〜2については「回答を差し控える」。質問3については任意保険に加入していたとのこと。質問4〜5については「ウィーン条約に則っている」とのこと。そもそも事故の際に車両を特定できないのに任意保険に入れるのかナゾなのだが、まあそこはキチンと入ったということだろう。

 質問4〜5に関しては前述の「外交関係に関するウィーン条約」を指すが、具体的な条項などまでは回答を得られなかった。編集部で「外交関係に関するウィーン条約」を調べてみると第25条に「任務遂行のための便宜供与」というものがある。それを非常に大きな意味で解釈すれば「前後で異なるナンバープレートを付けて移動してもよい」ということになるのかもしれない。いまいちパッとしない結果だが、まあそういうこと、と言われればそれまで。

 今回の取材で大きな収穫はトランプ大統領のみならず、他の外交官ナンバーを使った車両も大統領クラスなら前後異ナンバープレートで走っても問題なし、と外務省が判断したともとれること。そうでなければ「質問4」で必ず否定をするはずだと思うのだ。さらに今回の前例ができたことで、アメリカ大統領はよくて、他国の大統領ではダメという判断は今後かなり難しくなりそうだ。

 ちなみに一般車両はクルマ1台に対してひとつの同一番号のプレートが2枚配布される。登録車は封印があるのでリアのナンバープレートを外すことはできないが、車検証と異なるナンバープレートを前後で付けるのは道路運送車両法違反になるのでご注意を。

安全性最優先なのは異論がないが法的根拠が少しあやふやに感じた
安全性最優先なのは異論がないが法的根拠が少しあやふやに感じた

 

最新号

ベストカー最新号

新型スープラ 最終デザイン判明!! ベストカー3月10日号

 ベストカー最新号(3/10号)が、2月10日に発売。今回の巻頭スクープでは、その動向を逐一追ってきたトヨタのフラッグシップスポーツ、新型スープラの最新情報を捕捉!! 情報筋から最終デザイン入手...

カタログ