ダイハツ入魂のリッターカー!! 佳作ストーリアが今なお愛される所以【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はダイハツ ストーリア(1998-2004)をご紹介します。

【画像ギャラリー】もはやかなりの希少種!!? ダイハツ ストーリアをギャラリーでチェック!!

文/伊達軍曹、写真/DAIHATSU


■サイズアップしたシャレードに代わるリッターカーとして登場したストーリア

 1997年に創業90周年を迎えたダイハツが1998年に発売した、個性的な内外装と新開発の低燃費エンジンを採用したリッターカー。

 だが、やや個性的すぎる造形と「ダイハツ」のブランドイメージが、リッターカーを好んで購入する一般層には刺さらなかったのか、1代限りで生産終了となった小型乗用車の佳作。

 それが、ダイハツ ストーリアです。

 前述のとおり1997年に創業90周年を迎えたダイハツは、同年4月から「We do COMPACT」を新たな企業スローガンとして掲げました。

「We do COMPACT」という英語の公式な和訳は存在していないようですが、筆者が意訳するとしたら「小型車ならダイハツ!」といった感じになるでしょうか。

 ちなみに当時のプレスリリースによれば、ダイハツは「小さいクルマが主役の、真に豊かなクルマ社会のリーディングカンパニーを目指す」みたいなことを言っています。

 そんな気概を持ったダイハツが1998年2月に発売したのが、全長3660mm×全幅1600mm×全高1450mmという、同世代の日産マーチなどより一回り小さなボディに新開発の1L3気筒エンジンを搭載した「ストーリア」でした。

 全体のデザインは「未来的」とも「レトロっぽい」ともとれそうな、絶妙あるいは微妙なテイスト。特にアーモンド状につり上がったヘッドランプと大きく開いたフロント開口部は、かなり特徴的でした。

ダイハツ ストーリア。ストーリアの名前はイタリア語の「物語」からきている。このクルマからスモールカーの新しい物語が始まるという期待がこめられていた

 前述の新開発1L直3DOHCエンジンは最高出力こそ60psと、軽ターボよりもローパワーでしたが、実用回転域でのパワーとトルクを重視したセッティングであり、実際の走りは820〜900kgと車両重量が極端に軽いこともあって、まずまずパワフルといえるもの。

 また回転半径がクラス最小の4.3mである点も、ダイハツ ストーリアの美点だったといえます。

 2WD/5MT車のカタログ燃費は21km/Lと、当時のガソリン車のなかではトップレベル。

 そして当時の新衝突安全ボディ「TAF」を採用し、ABSやデュアルエアバッグなどを標準装備としつつ(※ABSはCXのみオプション)、初期型の車両価格は89万8000円から142万8000円と、ほぼ軽自動車並みに抑えられていました。

 1998年4月には競技用ベース車両であるX4(クロスフォー)を追加。こちらは713ccの直4ターボエンジンを搭載した、通常のストーリアとはずいぶん異なる伝説のモデルです。

ストーリアから2ヶ月遅れで登場した競技用ベース車 X4(クロスフォー)。713ccという排気量ながら120ps/13.0kgmという驚異的な出力を発揮。全日本ラリー選手権Aクラスで圧倒的な強さを誇った

 そして2000年5月のマイナーチェンジで1.3Lの直4エンジンを追加し、1L直3エンジンも可変バルブ機構付きのタイプに変更。

 さらに2001年12月のマイナーチェンジで外観デザインを大きく変更し、前述した「未来的でもあり、同時にレトロっぽくもあり……」という通称“宇宙人顔”は廃され、俗に“トヨタ顔”と呼ばれるフロントマスクに変わりました。

 しかしダイハツ ストーリアの販売状況が好転することはなく(トヨタにOEM供給された「デュエット」はまあまあ売れたのですが)、ストーリアの生産は2004年5月に終了。

 そして同年6月、トヨタと共同開発した初代ブーンの発売に伴い、ストーリアは販売終了となりました。

■トヨタの子会社化により役割を終えたストーリア

 意欲作ではあったダイハツ ストーリアが、あっけなく1代限りで生産終了となった理由。それは端的にいえば、前段の最後で軽く触れたとおり「次期型であるブーンが誕生したから」です。

 ダイハツ ストーリアは「デュエット」としてトヨタにも供給されましたが、ストーリアの開発と設計はあくまでもダイハツが行ったもので、トヨタ デュエットは単なるOEM供給版に過ぎませんでした。

 しかし1998年9月にダイハツはトヨタの連結子会社となり、次期型のリッターカー(初代ダイハツ ブーン/トヨタ パッソ)はトヨタが企画を主導し、ダイハツが設計開発と生産を主に担当する「共同開発」とすることが決まったため、ダイハツが独自開発したストーリアには「もはや出る幕がなかった」ということです。

 このようにしてダイハツが気合を入れて作ったリッターカーの命運はとりあえず尽き、ダイハツ主導によるリッターカーの発売は2016年4月の3代目ダイハツ ブーン/トヨタ パッソまで待たねばならないことになりました。

 しかしそれはそれとして、絶版となったダイハツ ストーリアはけっこう悪くない小型車ではありました。

 3気筒エンジン特有の振動は「エンジン本体を液体封入マウントで支持する二重防振車構造を採用することで解決した」とされていましたが、実際はけっこうな振動と騒音を伴う、お世辞にも「甘美なエンジン」とは言い難いものでした。

 しかしそれでも中低速トルク重視のセッティングと800kg台の軽い車重が相まって、1L版ストーリアの加速感はまずまずでしたし、後に追加された1.3Lエンジン搭載車は「けっこう速い!」とすら形容できるものでした。

 また後期型の通称“トヨタ顔”はさておき、前期型の“宇宙人顔”は――好き嫌いはあるかと思いますが、なかなか秀逸なデザインであったように思えます。

2001年5月・2度目のマイナーチェンジでエクステリアを大幅に刷新された(後期型)。写真は海外版の「シリオン」

 それゆえ、伝説のホットハッチである「X4」ではなくても、いまだ熱心なファン(というか、今なお乗り続けている愛好家)の数はそれなりに多く、特に1.3L版はまずまず愛し続けられている模様です。

 しかし“宇宙人顔”は一般的にはウケが悪く、また2000年代初頭は「猫も杓子もミニバン」みたいな時代でもあったため、オーソドックスなボディ形状でしかなかったストーリアがメインストリームに乗るのはちょっと難しい状況でした。

 以上のような流れでダイハツ ストーリアは「必然的に」消滅したわけですが、それでも、この軽量っぷりとよく回る1.3Lエンジンの組み合わせはなかなか魅力的です。

 そして「ここまで軽いリッターカーは(衝突安全基準などの関係で)もう二度と手に入らない」という意味でも、ある程度の価値はあるような気がいたします。

 しかし2020年10月現在、ダイハツ ストーリアの中古車流通量はすでに激少。

 ……マニアックな「X4」以外は、残念ながらそう遠くないうちに中古車試乗からも消滅するかもしれません。

■ダイハツ ストーリア 主要諸元
・全長×全幅×全高:3660mm×1600mm×1450mm
・ホイールベース:2370mm
・車重:870kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1297cc
・最高出力:110ps/7000rpm
・最大トルク:12.8kgm/4400rpm
・燃費:17.6km/L(10モード)
・価格:133万8000円(2000年式 ツーリング 4AT)

【画像ギャラリー】もはやかなりの希少種!!? ダイハツ ストーリアをギャラリーでチェック!!