レヴォーグ、T-Roc…スポーツカー顔負けの走行性能を持つ非スポーツカーたち

レヴォーグ、T-Roc…スポーツカー顔負けの走行性能を持つ非スポーツカーたち

 見た目どおりの高性能なスポーツカー、その逆に見た目は凄いけど実際に走らせてみるとショボかったクルマなどがあるいっぽう、昔からクルマ界では、見た目は普通なのに高性能が与えられたクルマに対して、『羊の皮をかぶった狼』とクルマ好きを熱くしてきた。

 スポーツカー受難の現在では、見た目は普通なのに高性能というクルマは多く存在する。ミニバンなのにハンドリングがいい、SUVなのに走りが気持ちいいといったものもある。

 本企画では、走りに関してスポーツカー顔負けの性能や資質を持った現行国産車を3台、輸入車を1台松田秀士氏が選び、その魅力について考察していく。

文/松田秀士、写真:HONDA、MAZDA、SUBARU、VW、池之平昌信

【画像ギャラリー】走りにこだわるスポーツ派にオススメの最新国産車3台+輸入車1台の詳細チェック!!


ホンダインサイト

価格:335万5000~372万9000円

4ドアクーペ的なフォルムが美しいインサイト。2020年5月にマイチェンを受けてリフレッシュ。シャープな顔つきもスポーツを感じさせる
4ドアクーペ的なフォルムが美しいインサイト。2020年5月にマイチェンを受けてリフレッシュ。シャープな顔つきもスポーツを感じさせる

 インサイトはホンダのハイブリッドセダンで、スポーティなエクステリアデザインが与えられているものの、燃費志向の実用セダンというイメージがあるかもしれないが、走らせるとかなりの実力派なのだ。

 まずはパワートレインから。

 インサイトは実用域をモーターで走るe:HEVが搭載されているが、モーターのスムーズに回る気持ちよさがある。

 100%電気自動車の日産リーフのような加速感はないものの、起動トルクが大きく、ストップ&ゴーが続く街中でも気持ちのいい発進加速によってキビキビと走ることができる。

インサイトは100km/hを超える領域でも加速が持続するのが気持ちいい。よく動くアシによってロードホールディング性にも優れている
インサイトは100km/hを超える領域でも加速が持続するのが気持ちいい。よく動くアシによってロードホールディング性にも優れている

 日本も一部の高速道路は最高速度が120km/hになっていて、今後120km/h時代到来となる可能性が高いなか、インサイトは100km/hを超えても加速が伸びるのが気持ちいい。

 日産のe-POWERが高速域で燃費が悪化するのに対し、e:HEVは100km/h以上ではエンジンが駆動用にも使われるので高効率。この高速域での効率、気持ちよさが余裕につながり、安全性の向上にも貢献している。

 インサイトはe:HEVによる加速感がスポーティで気持ちがいいが、ハンドリングのよさもスポーツカー的と言っていい。

 最近のホンダは足回りについて、サスペンションを動かすセッティングを施す方向になってきていて、インサイトのハンドリングもスポーツカーを凌駕するレベル。

高速走行時のレーンチェンジをした時などもアシの素性のよさがわかる。現代のスポーツカー的なハンドリングは隠れた実力派
高速走行時のレーンチェンジをした時などもアシの素性のよさがわかる。現代のスポーツカー的なハンドリングは隠れた実力派

 ワインディングを走る場合でも、深くロールせずコーナーをうまくトレースし、セダンながら車高も高くないので非常にスタビリティが高い。

 インサイトはドライビングポジションもスポーツカー的でその気にさせてくれるのもいい。

 販売台数はそれほど多くないこともあり、街中でも目にする機会は少ないかもしれない。ただ、インサイトはエコ環境時代にスポーツできるセダンとして隠れた存在と言えるだろう。

次ページは : マツダCX-5

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!