アルファードの1%未満でも価値あり!? 新型グランエース 発売1年目の通信簿

 トヨタ最上級ミニバン「グランエース」の登場から1年。意外な売れゆきと1年間でみえた評価は?

 ミニバンの販売比率は、乗用車市場全体では約15%、軽自動車を除いた小型/普通乗用車に限ると約25%に達する。

 トヨタにはミニバンが豊富に用意され、その最上級車種がグランエースだ。全長5300mm、全幅1970mm、全高1990mmに達するLサイズのボディを備え、グレードは「プレミアム」(3列シートの6人乗り)の2/3列目には、アルファード&ヴェルファイアの2列目と同様、豪華なエグゼクティブパワーシートを装着。

 ほかのミニバンでは座り心地が悪化する3列目も、グランエースなら2列目と同じく快適だ。

 グランエースは2019年11月に発表され(発売は翌12月)、東京モーターショー2019にも出展された。ショーでは、存在感の強いボディスタイル、豪華で広い室内などが注目を集めた。

 開発者は「プレミアムは2/3列目の両方にエグゼクティブパワーシートを装着するので、4名が快適に乗車できます。法人のお客様がVIPを乗せるのに最適です。Gは8人乗りなので、ホテルなどがお客様の送迎に使う時に便利です」と述べた。

 グランエースはその期待に応えるクルマなのか、改めて考えたい。

文/渡辺陽一郎、写真/平野 学、TOYOTA

【画像ギャラリー】本文未掲載内装写真も! 発売から1年がたったグランエースを見る


■目標はアルファードの0.5%でもグランエースは「着実な売れ方」?

トヨタ グランエース。海外仕様のハイエースをベースにしているため、アル/ヴェルよりもさらに大型となっている

 発表時点におけるグランエースの販売目標は、1年間に600台(月/50台)であった。アルファードの登録台数は、2020年9/10月には1か月当たり1万台を超えたから、グランエースの目標は0.5%に留まる。

 実際の登録台数も、2020年の月平均で60台少々だ。ホテルなどが顧客の中心であれば、コロナ禍の影響を受けそうだが、各月の登録台数は均等して推移している。少数でもメーカーのねらった登録台数はクリアしている。

 ちなみにクルマの売れ行きは、一般的には発売から時間が経過すると下降を開始する。そこも考慮すると、数年後に生産を終えるまでの平均で目標台数を達成するには、発売直後に目標値の1.5倍程度を売る必要がある。

 その点でグランエースの売れ方は大人しいが、ビジネス需要が中心だから、時間を経過しても登録台数が下がりにくい。想定通りの着実な売れ方だ。

 そこでトヨタの販売店にもグランエースの販売状況を尋ねると、以下の返答だった。

 「グランエースは売りにくい商品です。ボディが極端に大きいので、販売店によっては整備工場のリフトに載りません。グランエースに対応できるリフトを備えるのは、おそらくトヨタの販売店の中でも60%前後でしょう。お客様はハイヤー業者様とか、あるいは旅館の経営者様など、業務用が中心です」

■多人数で乗りたい個人ユーザーにはハイエースの方が人気

Premiumグレードシート配列。3列目シートまでゆったりと座れる。反面、車格が大きくなるため駐車スペースを選ぶことになる

 パーソナルユーザーの評価はどうか。グランエースなら、家族や友人を乗せて長距離ドライブを快適に楽しめる。外観の存在感もアルファード以上だ。

 「一般のお客様は、グランエースを買いません。インパネの質感などは、アルファードやヴェルファイアが高いです。メッキパーツも多く使われています。そしてグランエースは、とにかく大き過ぎます。全長は5mを軽く超えて、全幅も約2mなので、普通の駐車場に入りません」

 「一般的に、全長と全幅の大きなレクサスLSなどは、天井が低いです。逆に背の高いアルファードなどは、全長が5m以内です。すべてが大きなグランエースは扱いにくく、多人数で乗りたいお客様は、ハイエースワゴンを購入されます」

 ハイエースの場合、乗車定員が10名のワゴンなら、グランドキャビンを除くと全長は4840mm、全幅は1880mmだ。全高は2105mmと高いが、全長はアルファード&ヴェルファイアよりも少し短く、全幅も若干広い程度に収まる。

 ハイエースワゴンのエンジンは直列4気筒2.7Lのガソリンで、価格は「DX」が288万6000円、「GL」は311万6000円だ。

Premiumグレードは2列目、3列目ともにエグゼクティブパワーシートを採用。快適さと豪華さは価格の高さとなって跳ね返ってくる

 620万~650万円のグランエースに比べると大幅に安い。従って特別な豪華さを求めない限り、あるいはワンボックスボディの運転感覚に不満が生じない場合は、ハイエースワゴンが一般的な選択になる。

 特に法人ユーザーがビジネスの目的で車両を買う時は、価格が重視される。運転のしやすさ、駐車場所でも有利なサイズを含めて、「多人数で乗りたいお客様は、ハイエースワゴンを購入されます」という販売店のコメントは納得できる。

 そのためにハイエースワゴンは売れ行きも堅調で、2020年の月平均は約720台だ(商用車に属するバンを除く)。グランエースに比べると、10倍以上の台数が登録されている。

 グランエースをドレスアップするカスタムパーツも登場しているが、いまひとつ人気を高められない。大柄なボディに加えて価格も高く、グランエースを購入してカスタムまで楽しむとすれば、相当な予算が必要だ。
 
 一般的には中古車を買ってドレスアップを楽しむユーザーも多いが、グランエースは設計が新しいから、安価な中古車は存在しない。新車の販売台数も少ないから、数年後に求めやすい中古車が豊富に流通することも考えられない。そうなると必然的にカスタムパーツも登場しにくい。

■大量に売れなくてもグランエースの存在価値は大きい

高価かつ駐車スペースをとるが、車内の全員が快適に長距離を移動できる。ミニバン版センチュリーといった存在感だ

 以上のような事情から、グランエースが大量に売られることはないが、ミニバンの欠点を補う貴重な車種であることも事実だ。

 先に述べた通り、Lサイズミニバンとして人気の高いアルファード&ヴェルファイアも、3列目のシートは格納性が重視されて座り心地は意外に安っぽい。

 背もたれと座面は柔軟性が乏しく、床と座面の間隔も不足しているから、足を前方へ投げ出す座り方になってしまう。2列目のエグゼクティブパワーシートとは雲泥の差だ。

 ほかの車種も含めて、ミニバンは多人数乗車の可能なクルマと認識されながら、実際に快適に座れるのは1/2列目の4名までだ。3列目は「荷室に装着された折り畳み式の補助席」という扱いになる。

普通のミニバンの3列目は「補助席」的な扱いになりがちだが、グランエースなら快適だ

 そこがグランエースプレミアムなら、2/3列目の4名はエグゼクティブパワーシートに座れて、前席も相応に快適だ。6名全員が不満を感じることなくリラックスして移動できる。

 つまり、ミニバンを「多人数が快適に移動できる普通免許で運転可能な乗用車」と定義したなら、そこに当てはまる本当の国産ミニバンは、グランエースのみという見方も成り立つ。

 グランエースはほとんど売れていないが、ミニバン王国の日本には不可欠の車種だろう。少々大げさにいえば、センチュリーのような存在だ。

【画像ギャラリー】本文未掲載内装写真も! 発売から1年がたったグランエースを見る