クラウン廃止報道の余波拡大 トヨタ販売最前線へ徹底取材で集めた次期型全情報

 2020年11月11日、「クラウンのセダンが現行型で生産を終了し、2022年にSUVとして投入する」というニュースを中日新聞が報じた。

 トヨタがオフィシャルでアナウンスしたものではないので、真偽のほどはわからないが、それにしても衝撃的なニュースだった。

 クラウンはトヨタが1955年の初代誕生から約65年15代の伝統を持つ、日本を代表する高級セダンである。

 クルマの基幹車種としてセダンを基本に、ワゴンやクーペ、SUV、近年では4ドアクーペに派生させているが、この報道の通りであるならば、基本のセダンをなくしてクラウンはSUVのみになる、というのは、時代の流れなのだろうか。

 そこで、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が本当に次期クラウンはセダンがなくなり、SUVになるのか徹底調査。「次期クラウンSUV説」の真相に迫る!


文/遠藤徹
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ

【画像ギャラリー】次期クラウンはこうなる! 15代にわたるクラウンの変遷を写真でチェック!


クラウンセダンがなくなるというのは本当なのか?

クラウンがセダンではなくなり、SUVとなるというのは本当なのだろうか?
都内トヨタディーラーのショールーム。2020年11月2日にクラウンの一部改良が発表されたが、シュールームに展示されるのは12月以降になるという。販売現場ではクラウンがなくなるのか、という問い合わせの電話が多くかかってきているという

 2020年11月11日、「クラウンのセダンが生産終了し、SUVに移行」というニュースが一部報道で伝えられた。これは事実なのか? 

 トヨタの販売店幹部、各販売店営業マンに聞きまわったが、販売現場では問い合わせが殺到し混乱。「がせネタ」として懸命に火消しに努めている、という状況らしい。

 しかし首都圏のトヨタディーラーの営業マンからは「根も葉もないことではない。これまでクラウンの生産中止説は度々流れていた」という話を聞いた。

 こんな話が出てくるのはなぜか? セダン需要はここ10余年の間、急激に減少傾向にあり、高級セダン=FRという図式が崩れつつあり、FF化が進み、セダン市場そのものが先細りの状況だ。

 現行クラウンは、発売1ヵ月で月販目標台数4500台の約7倍にあたる約3万台を受注し、幸先のいいスタートを切った。2018年には5万台を販売したが、2019年は3万6000台、2020年は10月までで1万8000台にとどまっている。

 昭和の時代には「いつかはクラウン」だったが、平成、令和になるにつれて、レクサスブランドの台頭で、クラウンは影が薄くなっているのである。

 弟分のマークXも2019年いっぱいで生産中止に追いやられた。クラウンにとっては室内が広く取れるFF車の新型カムリの登場で、ますます居場所がなくなっているのが現状だ。

 2020年5月から、クラウンは従来トヨタ店の専売だったのを4系列店併売に切り替えた。

 「クラウン1台売ればヴィッツ(ヤリス)10台分の収益になる」といわれ、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店では、クラウンを取り扱えるのが楽しみなはずだった。

 ところがその後のクラウンの販売推移を見ると、大幅に増えることはなく引き続き月販2000台前後にとどまる推移となっている。

 2020年5月以降カローラ店、ネッツ店のショールームの窓ガラスには「アルファード、ハリアーが扱えるようになりました」という大きな文字を貼り付けてアピールしているが「クラウン」の文字はどこの販売店も掲げていないのに気付く。

 「いつかはクラウン」という宣伝文句が盛んにもてはやされていたのは遠い昔のことになってしまったようである。

2020年11月2日に一部改良を発表

2年4ヵ月ぶりに改良が施されたクラウン
2つのナビが1つに一体化するなどコクピットが一部変更された

 この報道が流れる10日ほど前の2020年11月2日、トヨタはクラウンの一部改良モデルを発表している。現行モデルの登場が2018年6月26日だから2年4ヵ月ぶりの改良である。

 上下2画面式(8インチと7インチ)であった情報スクリーン「ダブルディスプレイ」は、新たに12.3インチTFTタッチワイドの1画面ディスプレイを採用するTコネクトSDナビとなった。

 また早期救命救急をサポートする「ドライバー異常時対応システム」をトヨタとして初採用。

 さらにレーダークルーズコントロールの機能向上、カーブ速度抑制機能、プリクラッシュセーフティに右直事故対応機能追加、本革シート仕様の採用車種の拡大などで、商品ラインナップを強化している。

 首都圏にあるトヨタ店でメイングレードであるRSアドバンス、2.5Lハイブリッドの2WD(車両本体価格597万9000円)にプレシャスホワイトパール、ETC2.0、フロアマット、サイドバイザー、パノラミックビューモニター、ボディコート、ドライブレコーダーなど約40万円分のオプション&付属品を付けてもらうと、法定&法定外の費用を含めて672万円強と出た。

 値引きは初回提示で20万円程度と改良直後のため渋めだ。納期は3ヵ月待ちの2021年2月となっている。

 かなり待たされるわけだが、人気が高いわけではない。トヨタは最近、量販戦略モデルについては受注してから生産する「マンスリーオーダーシステム」を取っているために期間がかかるのである。グレード、ボディカラー、オプション&付属品による納期の格差は今のところない。

 ちなみに2020年11月19日にはレクサスLSがビッグマイナーチェンジし、12月9日にはMIRAIがフルモデルチェンジする。どちらもクラウンとプラットフォームを共用している。

 レクサスLSは現行モデルの登場が2017年10月19日であり、3年経過でのビッグマイナーチェンジとなる。次期型へのバトンタッチは2023年あたりが予想される。

 MIRAIは従来モデルがFFで4人乗りだったのをクラウンと同じFRとし、5人乗りに切り替える。グレード数は従来の1タイプから5タイプに増やし、水素充填後の航続距離も約30%延長、650kmに向上させており、積極的な増販策を進める方針である。

次期型クラウンの開発プロジェクトは動いており2023年秋のフルモデルチェンジを予想

 トヨタの販売店幹部筋から重要情報を聞くことができた。「次期型クラウンの開発プロジェクトは動いており、2023年秋あたりにフルモデルチェンジするという情報を聞いている」とのこと。ただし、報道にあったセダンを終了させてSUVになるという話は聞いてないという。

 さらに「現在の需要動向を見ると確実にマーケットは縮小傾向にあり、今後の動向如何ではその先はモデル廃止に追い込まれる可能性は否定できない」と指摘する。

 クラウンの最近における中心ユーザーは大企業の役員、オーナー企業の代表者、高額所得のサラリーマンなどで年齢は50代以上、大半が男性である。

 現行モデルでは若返りを図るためにファストバック的でスタイリッシュなエクステリアデザインを採用して仕立てた。

 一時は多少若返りに成功し、販売台数を増やしたが、最近になってまた頭打ち傾向に転じている。

 ファストバックに仕立てたことで、トランクルームが狭くなり、ゴルフバックが4個乗るスペースが狭くなり、このことがレクサスLS、ベンツSクラス、BMW5シリーズにユーザーが流れるのを余計に促進させたといった見方もある。

 特に法人需要では、クラウンからアルファードにとって変わり、もはや「いつかはアルファード」なのである。

 一方、SUVの動向を見ていくと、2021年春にはランドクルーザー、2022年にランドクルーザープラドがフルモデルチェンジする。

 こうしてみていくと、すでにSUVをフルラインナップするトヨタが、あえてクラウンのSUVを出す可能性はあるだろうか。

 クラウンを本気でSUVとするならば、海外市場で展開しているトヨタの高級SUV、ハイランダーと同じプラットフォームを使ってクラウンクロスなどとすることも予想されるが、まだわからない。今後、情報が入り次第お届けしていこう。

北米市場で販売されているハイランダー。RAV4より1つ上のクラスとなる。ちなみにロールスロイスやベントレーはそれぞれ、カリナン、ベンテイガというSUVをラインナップしているが基本となるセダンは健在だ

ベストカーでは次期クラウンはマツダと共同開発した直6FRの兄弟車になると予想

年間160万台というマツダ単独のグローバル販売規模では、Dセグメントの大型サルーン用FRプラットフォームを開発しても開発費を回収できる見込みはない。しかしあえてそこに踏み出す背景にはトヨタとの協業があったのだ(次期クラウンのCGイラストはベストカーが製作したもの)
ベストカーが製作した次期マツダ6の予想CGイラスト。直6エンジンはモジュラー化開発により、おそらくは1気筒あたり499.25㏄、総排気量2996㏄になるだろう。フロントに縦置きされ後輪を駆動するプラットフォームも同時に新開発

文/ベストカーweb編集部

 ベストカーでは以前から、次期クラウンはマツダとの協業で開発し、マツダが開発したFRプラットフォーム、直6を搭載するという情報をお伝えしてきた。

 トヨタは、マツダと資本提携を結んでおり、これがマツダが中長期計画の中で明言しているFRプラットフォームの開発、さらに直列6気筒ガソリン&ディーゼルエンジンの開発にもリンクする。

 奇しくもクラウンセダン終了というニュースが流れた2日前、マツダは2020年11月9日に「中期経営計画見直し」を発表した。

 そのなかで、縦置き直列6気筒、縦置き直列4気筒エンジンとプラグインハイブリッドの写真を公開し、開発中のラージ商品群やマルチ電動化技術への投資を続け、2022年以降順次市場投入していく考えを示している。

 ベストカーが掴んでいる情報では、FRプラットフォーム、直6エンジンともにマツダ単独での展開ではなく、トヨタとの共同開発があればこその開発資源投資なのだという。

 マツダの年間グローバル販売規模は160万台程度だ。DセグメントFRサルーンを開発しても、マツダブランド単独で開発コストに見合った収益を上げることは難しい。

 そこで提携しているトヨタとの連携だ。クラウンなどに活かしていくことで新型プラットフォーム、パワートレーンを開発することの説明はつく。

 つまり、パワートレーンやプラットフォームはマツダが主導でトヨタ側も参加して開発が進められるが、トータルとしての車両開発はトヨタ、マツダそれぞれが独自の商品企画に基づいて進めていく、ということである。

 シャシーやインナーボディの部品共用化は図られ、開発コストの圧縮をしながら、内外装についてはそれぞれまったく異なる車両として開発されることとなる。

 マツダがラージ商品群とするFRの直6セダンの発売は2022年以降としているが、報道された「クラウンはSUVとして2022年に登場」という話と時期的にも近い。

 ベストカーwebとしては、次期クラウンのセダンは消滅せず、SUVにもならない。マツダと共同開発したFRの直6ラージセダン、つまり次期マツダ6の兄弟車として生き延びる、という線ではないかと予想する。

 いずれにしてもまだ不確定要素が多いので、情報がわかり次第、報告していこう。

【画像ギャラリー】次期クラウンはこうなる! 15代にわたるクラウンの変遷を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ