3列目シートには子どもを乗せるな!! マツダのCX-8の3列目は安心だ【クルマの達人になる】

3列目シートには子どもを乗せるな!! マツダのCX-8の3列目は安心だ【クルマの達人になる】

 お孫さんができたとか、両親と同居している、なんていうドライバーにとって3列目シートを装備するミニバンやSUVは非常に頼もしいドライブの友だろう。しかしなにかとスペースに制約のある3列目だからといって、体格の小さな子どもを乗せているなんて使い方をしていないだろうか? 実はそこには大きな危険性もありました。マツダCX-8が発表した3列目シートの安全性について迫ります。

文:国沢光宏/写真:平野学
ベストカー2018年1月26日号


■3列目にチャイルドシートは即やめるべき!!

 マツダはCX-8の試乗会で3列目シートの追突安全性に言及した。記憶にある限り、日本の自動車メーカーが3列目シートの安全性を語ったのは初めて。以前から3列目シートの危険性を訴えている私からすれば「よくぞ言った!」。現在販売されているモデル、基本的に追突されたら生存空間がなくなります。同じことが軽自動車の後席にも当てはまる。こういった席にチャイルドシートを付け、大切な子供を乗せることの危うさをぜひとも認識していただきたい。

 さて、現在日本で販売しているクルマの追突安全基準はたった一つ。「50km/hで追突された時に燃料漏れしないこと」だけ。乗っている人がどうなっても関係なし! そもそも3列目シートにダミーを乗せた試験などしていない。アメリカだと「80km/hからのオフセット追突して燃料漏れしない」という圧倒的に高いハードルが設定されている。オフセット追突で燃料漏れしないよう対策するとボディ変形も最小にしなければならず、結果的に3列目シートの生存空間も確保できるワケ。

 今回マツダがアピールしているのは、単なる80km/h後面衝突対応だけでなく、生存空間も確保したという点にある。アメリカで販売してるクルマは基本的に燃料漏れしないが、生存空間残っているかどうか不明だ。マツダの場合、アメリカ基準のさらに一歩先を達成した。このようなことを今まで言ってたのはボルボXC90だけ。ボルボらしいのが「身長170cmまでならすべてのシートに同じ安全性を確保した」。身長170cmを超えたら違うそうな。マツダに聞いてみたら「ウチも同じだと理解して頂ければいいと思います」。いずれにしろCX-8なら3列目シートに将来ある若手を座らせるリスクを考えなくていい。

CX-8の3列目はそこそこの広さがある。試乗した松田秀士さんもニッコリ
CX-8の3列目はかなりの広さがある。別企画で試乗した松田秀士さんもニッコリ

■リアウィンドウとのすき間で感じる危険性

 ここまで読んで「だったらCX-8やXC90以外の3列目シートは危ないのか?」と思う人もいることだろう。もちろん「危ない!」である。繰り返しになるが、3列目シートの後突安全性などほとんど考えられていない。実車を見ただけで容易に想像できるかと。

 リアウインドゥと3列目シートのヘッドレストの距離が5cmなんて設計、どう考えたって安全性の確保は無理。ジェイドの3列目シートなど、座った瞬間に「追突されたらオシマイですね」と思った。5ナンバーサイズの3列目シートは、基本的に追突されたら生存空間という点で非常に厳しい。だから同年代の爺さんに「3世代で乗るときは必ず3列目に座りましょう」と啓発している。死ぬのは年齢順であるべき。イヤならCX-8かXC90に乗るしかない。

 同じく軽自動車の後席も追突された時に危険。先日、東名で追突事故に遭った軽自動車の損傷具合を見て「やっぱダメ」と思い知る。運転席と助手席の人は軽傷だったが、後席の生存空間は残ってなかった。ドガンと追突され、自分は何ともないと安心した直後、リアシートの我が子を見たらビックリして大泣きしていた、みたいなクルマに乗りたいもの。次にクルマを買うなら、後ろの席の安全性についても熟慮してほしいです。

ホンダジェイドの3列目。ご覧のとおり乗車時は頭がリアウィンドウの下にかかる。乗り味はいいのだが……
ホンダジェイドの3列目。ご覧のとおり乗車時は頭がリアウィンドウの下にかかる。乗り味はいいのだが……

 

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ