事故率4倍!! その無灯火は違法です 薄暮時の事故防止のために知っておくべきこと

 内閣府が発表している「令和元年交通安全白書」のなかで、夕暮れ時(薄暮時)の交通死亡事故の件数が増加するのは、11~12月の日没時間が急激に早くなる時期だそうだ。特に薄暮時は、自動車×歩行者の事故率が、昼間(薄暮時を除く)と比べて、4倍にも跳ね上がるという。

 そんな薄暮時だが、意外にクルマに乗っていると暗さに気づきにくく、ヘッドライト(前照灯)の点灯が遅くなりがちだ。また、急激に暗くなることで、目の調節機能的にも歩行者などを認識しにくい状態にもなる。

 オートライトが義務化されたとはいえ、いまだにヘッドライトを点灯していない人もいる。また道路交通法違反にもかかわらず、ヘッドライトではなくデイライトやフォクランプを点けているからいいだろう……という考えの人も見かけることがある。

 この時期だからこそ知ってほしい、薄暮時の危険性を挙げつつ、事故防止のポイントを解説していきたい。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(vbaleha@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】自分は大丈夫は通じない! 警察庁がまとめた薄暮時間帯における交通事故の実態とは!?


■冬至を頂点に危険を増す薄暮時の道路交通

 日本のドライバーは高齢化が進んでおり、それとともに視力の衰えも進んでいて、運転中にそれを実感されているドライバーは増えていることだろう。老化とIT環境による目の酷使は、現代人には避けられないものだ。

 筆者も運転免許の条件に眼鏡使用はないが、夕暮れ時になると遠くの矢印信号がダブって見えるなど、疲れ目と視力低下による視界の認識能力の低下を実感することがある。

 特に冬季は日照時間が少なく、暗い中での運転をする機会も自然と増えることになる。この時期に気を付けたいのは夜間よりも日没時周辺の、いわゆる薄暮時の運転だ。急速に周囲の明るさが変化し、また街灯や店舗の明かりなどによって照らされている部分も出てきて、視界の中で明暗の差が大きな状況が起こってしまうため、一日のなかで最も運転が難しい時間帯なのである。

薄暮時は、季節や地域によって差はあるが、「夕暮れ時」や「たそがれ時」「日暮れ時」などと呼ばれる時間帯のことを指す。日没が最も早くなるのは、東京だと11月末~12月上旬で、16時30分には日没となる(あおい@Adobe Stock)

 薄暗くなっているこの状態では、ドライバーは2種類に分けることができる。早めにヘッドライトを点灯して視界を確保すると同時に、周囲に自分の存在をアピールするドライバーと、ヘッドライトを点けずに運転しているドライバーだ。

「自分は見えるから、まだライトは点けなくても大丈夫」と判断している、もしくは何も考えずに運転しているだけのドライバーは、自分が周囲から見ていかに危険な存在であるか認識していない。そうしたドライバーがいることを実感させられるのも、こうした時間帯の道路交通なのである。

■17時から19時は魔の時間帯と言われる刻

 夕暮れ時は、夕日が視界に入って眩しい状態から、日没直後は毎分ごとに周囲の明るさが変わるほど、目まぐるしく変化していく。昼間は視界の認識に問題がないドライバーでも、夕方は見えにくい、見えないから運転が怖いと言う人は少なくない。

 交通安全の分野において17時から19時までは「魔の時間」とも言われ、この時間帯にはさまざまな危険な要素があり、17時よりも前の昼間に比べ、交通事故の発生件数が4倍も増加している。薄暗い状況では、自転車や歩行者、無灯火のクルマやバイクなどを瞬時に認識することが難しい。                  

JAF調べによると、冬至(2020年は12月21日)が近づく11月では、晴天時は日没15分前、曇天時は30分前には、オートライトの点灯基準となる照度である1000ルクス未満になるという(ykimura65@Adobe Stock)

 ちなみに道交法ではヘッドライトを点灯する時間帯も定められている。それは日没から日の出までの点灯を義務付ける、というもので日没後に無灯火で走行することですでに道交法違反であり、もし交通事故が起これば、その事故と無灯火の因果関係が認められれば事故に対する責任は重くなってしまう。

 日陰部分はさらに暗くなり、見えにくいから厄介だ。ドライバーはどうしても明るい部分、光を放っているモノに視線が行きがちで、暗い部分は見落とす危険性が高くなる。

 交差点などを曲がって方角が変わったり、狭い道に入った途端、視界が急に暗くなって見えにくくなってしまうこともある。ハイビームすら状況に応じて使ったほうがいいほど、視界の中で見えにくい部分も出てくる。それはドライバーなら誰でも運転しにくいと感じる状況であるはずだ。

街中で建物や構造物が多い所では日影ができやすい。相手を見つけるためでなく、自車の存在を知らせるためにもヘッドライトを点灯し、場合によってはハイビームに切り替えてアピールしたい(辰弥 川合@Adobe Stock)

 もしも視界のほとんどの情報を捉えられない、つまり目が追い付いていない状態であれば、まずは速度を落とすことだ。当たり前のことを書いているが、それができていないドライバーを見かけることは珍しくない。

 最近のクルマは燃費性能を高めるために転がり抵抗を大幅に軽減しており、ユーザーの満足度を高めるために発進加速もいい。このためもあって、スーパーやショッピングモールなどの駐車場でも、結構な速度で通過してしまうドライバーも見かけるのだが、そもそもの問題は速度感覚が身に付いていないことなのだ。

 そんな感覚のまま、薄暗い視界の中を走行すれば、何か危険な状況に突入しても気付くのは遅れ、避け切れず事故を起こしてしまうのは当然とも言える。

 運転に慣れるほど、障害物や危険を回避する咄嗟の行動ではステアリングを切って回避する傾向にあるというデータもある。もちろんブレーキも同時に操作しているドライバーは多いだろうが、ABSが標準装備されている現在、ブレーキを思い切り踏み込んでも操舵は効くので、できるだけブレーキによる減速を優先するようにしたい。

 そうすることで避け切れずに衝突してしまったとしても衝撃を小さくすることにつながり、被害を軽減できるからだ。

■自分の視界だけでなく、被視認性を考えることも大事

 自分だけが気を付けて運転していれば交通事故は防げる、というものではない。そして相手に事故の主原因があったとしても、クルマを運転している以上、事故の責任は追及される。つまり事故を避ける努力をしなければならないのだ。

 それは相手の危険行為による衝突事故から身を翻して避けるだけでなく、周囲に自車の存在を認識してもらいやすいようにする工夫、相手ドライバーのミスを誘発させないよう配慮できるこそ、熟練した一人前のドライバーと言うものだ。自分の運転だけを考えて、灯火類の使用を判断するのはドライバーとしてはまだまだ半人前なのである。

 したがって無灯火とは逆に、明るいほうが安心とやたらと灯火類を駆使するのも考えものだ。標準装備のヘッドライトでは暗いから、とHIDでもかなり光量の大きいタイプに交換しているクルマも見かける。

 またヘッドライトだけではなく、フォグランプも点灯したり、あるいはヘッドライトは点けずにフォグランプだけを点灯させている。これらはすべて相手ドライバーを幻惑する行為となり、道路交通法などから見ても違反行為なのだ。

暗くなる前から「前照灯の点灯」を心がけたい。前照灯の点灯とはヘッドライトをロービームもしくはハイビームで点けた状態を指す。フォグランプは補助灯なので、それだけ点けても無灯火と変わらない(Wellnhofer Designs@Adobe Stock)

 前述のように運転に余裕がなく、前だけを見ていて無灯火に気付かないドライバーもいる。街中では街灯も多く、周囲のクルマのライトでも照らされていることで、無灯火に気付きにくくなっていることもある。

 本来であれば、こうした無灯火やフォグランプを点灯しているクルマは、自転車のおまわりさんやパトカー、白バイなどが注意するべきなのだが、自分の成績に貢献しないからか、忙しいからなのか対応している姿を見たことがない。

 そうしたドライバーが事故を誘発していることを理解し、自らは安全運転に徹するだけでなく、周囲にも安全を高める配慮をしながら運転をする。こうすることで交通事故を分析する機関から、クルマの運転支援システムや安全装備だけのおかげで交通事故が減っている、なんて判断されないようにしようではないか。

【画像ギャラリー】自分は大丈夫は通じない! 警察庁がまとめた薄暮時間帯における交通事故の実態とは!?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ