新型ノートに注目の4WDを追加!! ライバルも驚く!? 今度のe-POWER 4WDは一味違う!


 2020年12月23日より発売となった日産『新型ノート(E13型)』。この発売日当日に発表されたのが、新型ノートの「e-POWER 4WD」だ。2021年2月に発売開始となる。

 これまでのE12ノートにもリアタイヤを小型モーターで駆動する、いわゆる「生活4WD」はあったのだが、今回の新型ノートではリアに搭載するモーターの出力を飛躍的に向上させており、従来型とはひと味もふた味も違うレベルに仕上がっているようだ。

 新型ノートに搭載される、この「e-POWER 4WD」はどの程度期待ができるアイテムなのか? e-POWER 4WDの性能に迫ってみようと思う。

文/吉川賢一
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】ライバルをしのぐ本気度! 新型ノート e-POWER 4WDの走りと秘密をチェック!!


■電動車ならではの4WD制御は期待大!!

 「e-POWER 4WD」は、4輪すべてを強力なモーターで駆動する本格電動4WDだ。新型ノートではリアに最高出力50kW/最大トルク100Nmのモーターを積んでおり、これはE12ノート4WDのリアモーター出力(3.5kW)と比較すると、なんと14倍もの容量アップとなる。フロントモーターの出力と合わせれば135kW級(最大出力は184PS、最大トルクは380Nm)だ。

 このシステムが搭載される新型ノートe-POWER 4WDは、1340kg(FFは1220kgなのでプラス120kg)と軽量。そこにV6並みの最大トルクを発生するモーターを備えることになるのだから、相当に痛快な走りが期待できる。

従来のモーターアシスト4WDとは一線を画す、本格電動4WDを搭載したノートe-POWER 4WD。
新世代システムが作り出す楽しい走りへの期待が高まる
後輪用モーターのサイズアップによって、車両後部のフロアレイアウトが相当難しかったという。だがその分、e-POWER 4WDのパフォーマンスは大いに期待できる

■e-POWER 4WDは、あのSUV兄弟が「本命」!?

 なぜここまで大きなモーターとなったのか。そこにはこんな理由があると思われる。2020年欧州日産は『新型キャッシュカイ』にe-POWERを搭載することを発表している。ご存じのとおり、欧州キャッシュカイはエクストレイルの兄弟車だ。そのキャシュカイにe-POWERが搭載されるということは、2021年登場が期待されている『次期型エクストレイル』にもe-POWERが搭載されることは確定路線だ。

欧州日産のティザーサイトに現れた、3代目となる新型キャシュカイ。第2世代e-POWERを搭載する旨が発表されている

 ということは、SUVとしては重要な装備である4WDシステムも新型ノートと同じ「e-POWER 4WD」となることは間違いない。これは推測だが、新型ノートに搭載された第2世代e-POWER、そして「e-POWER 4WD」は、こうした上位グレードのSUVに合わせて作ったものを、新型ノートへに先に採用した、ということなのだろう。これだけのスペックがあれば、エクストレイルの4WD級の車重(約1.6トン)であっても、相当な速さが期待できる。

 実際に、新型ノートの試乗会に参加させていただいた際、日産のエンジニアは、「E13ノートの4WD車は、いままでの生活4WDとはかけ離れた高い動性能を実現できました。ただしリアモーターの出力は、E13ノートには完全にオーバースペックであり、出力は適宜絞っています」と話していた。

次ページは : ■フィットe:HEV/ヤリスハイブリッドとは「格が違う」