【レクサス、WRX STI…】国産2Lターボ車 エンジンで選ぶナンバーワンはどれだ!?


 かつて“2Lターボ”は、日本のお家芸というほど多彩で文字どおり百花繚乱といった華々しさがあった。このカテゴリーで輸入車が増えた今でも、国産では13車種、5機種の2Lターボエンジンがある。

 その現行国産ラインアップのなかで、最も優れているエンジンはどれ!?

文:斎藤聡/写真:編集部、HONDA、STI
ベストカー2018年1月10日号


13車種を擁す国産2Lターボ車の勢力図

 国産2Lターボ13車種の内訳はトヨタとレクサスが、クラウン、レクサスRC、NXなど7車種(8AR‐FTS型)。

 スバルがWRX STIにEJ20型、ほか3車種に直噴のFA20型。ホンダがシビックタイプRにK20C型を搭載。日産はスカイラインに247A型(ダイムラー製)となっている。

 このなかで自動車ジャーナリスト、斎藤聡氏がナンバーワンに挙げるのがスバルのWRX STI。2位はシビックタイプRで、次点にトヨタ製2Lターボエンジンを搭載するレクサスRCを挙げている。この評価の理由は?

エンジンだけの評価ならシビックタイプR

シビックタイプR/最高出力:320ps/6500rpm、最大トルク:40.5kgm/2500-4500rpm
シビックタイプR/最高出力:320ps/6500rpm、最大トルク:40.8kgm/2500-4500rpm

 エンジンだけで順位を付けるとするなら、やはりシビックタイプRのK20Cだろう。

 世界レベルで見ると2Lターボでこのエンジンよりパワーを出しているものはあるけれど、これほど鋭いレスポンスを持ったエンジンはない。

 ホンダの面目躍如といったところだが、それはエンジンの回転部、往復運動部を徹底的に軽量化し、例えば軽量アルミ製ピストンを採用してカウンターウエイトを軽減するなど、こだわりぬいた設計がなされているからだ。

 そんなことを頭の片隅に入れて力いっぱい加速させてみると、ド迫力なのに緻密なエンジンの回転フィールが伝わってくるような気がする。

 パワーとトルクの出し方も、低速と高速2種類のカムシャフトを持ったVTECの特長を引き出しており、2500回転あたりから分厚いトルクがみっちり詰まった加速感が味わえる。

 現代的なエッジの効いたエクステリアデザインと電子デバイスを駆使した操縦性と、鋭いレスポンスのエンジンキャラクターがよく合っている。

次ページは : WRX STIをシビックタイプRより上位にした理由