安い高いの差は? 安くても大丈夫? 節約できる!? 車検で損しないための基礎知識

■手数料の有無で金額は大きく違う

車検証見本。正式名称は自動車検査証と言い、自動車の運転中はこれを常時携帯している必要がある。車検を受けるごとに新たな車検証が発行され、更新される
車検証見本。正式名称は自動車検査証と言い、自動車の運転中はこれを常時携帯している必要がある。車検を受けるごとに新たな車検証が発行され、更新される

 一般的な乗用車で車検に必要な最低限の費用は次のものです。

・検査手数料:1700円(3ナンバーは1800円、軽自動車は1400円)
・自賠責保険料:3万170円(24カ月)
・自動車重量税:重量や増減税によって異なる

 このうち自動車重量税以外は固定で変わりありません。たとえば、2019年登録のトヨタC-HRの場合は、最初の車検での自動車重量税はガソリン車が2万4600円なのに対し、ハイブリッドは減税されて0円です。

 もし、何の不具合もない状態で、消耗品も減っていない、不具合部分もなく、自分で公的車検場に持ち込むと、1800円+3万170円の3万1970円で車検を通せます。

ハイブリットカーの様な燃費のいいクルマは減税を受けられるあめ、車検費用も安く抑えられる
ハイブリットカーの様な燃費のいいクルマは減税を受けられるあめ、車検費用も安く抑えられる

 しかし、自分で公的車検場に行くのはどうも難しそうだ……というユーザーも多く、そのような場合に業者を利用することになります。業者の場合は、利益を出さないとならないため、手数料などが掛かります。

 民間車検場の場合は、自社工場で検査を行います。このため公的車検場のように1700円や1800円で検査は行いません、最低でも1万5000~2万円程度の費用が必要で、これが基本料金となります。

 自動車ディーラーなども多くは民間車検場となっています。ディーラーの場合は基本料金が7万円以上などで設定されていることも多くあります。

■パーツの価格も千差万別

民間車検場ならや認証工場なら、ユーザー自身で陸運局まで車両を持ち込まずに車検を行える。ただし、直接陸運局に持ち込むより車検委託手数料分の費用負担が発生する
民間車検場ならや認証工場なら、ユーザー自身で陸運局まで車両を持ち込まずに車検を行える。ただし、直接陸運局に持ち込むより車検委託手数料分の費用負担が発生する

 民間車検場ではない自動車整備工場は認証工場と呼ばれます。認証工場に車検を依頼すると、自社工場で整備を行って公的車検場に持ち込んで検査を受けます。認証工場でも公的車検場に持ちこんだ際に必要な費用は同じです。

 これでは利益が発生しないので、手数料が加算されてやはり最低でも1万5000~2万円程度が基本料金となります。

 しかし、これだけではなかなかすまないのが実状で、さまざまな部品の交換をすすめられます。自動車の部品交換に必要な費用は、部品代+工賃で構成されています。ここがポイントです。

 ディーラーでの車検の場合に使われる部品は、純正部品もしくは準純正部品となります。このため価格は高いのですが、部品そのものの信頼性は高いものとなります。この部品を純正ではなく、価格の安いものにすれば、ある程度費用は下げられます。

 たとえば、純正で1万2000円程度するフロントブレーキパッドが、社外品では10分の1の1200円くらいで販売されていることもあります。

 この安いパッドを業者が仕入れてきて、交換して部品代を5000円で請求された場合、業者の儲けは3800円です。

事例となっているブレーキは奥が深い。更には人命に関わる事故に直結する部品なので、安易に安い部品を使うと自他ともに危険を及ぼす。よほど部品選択に自信がある人以外は、純正品以上のブレーキパッドを使用すべきだ
事例となっているブレーキは奥が深い。更には人命に関わる事故に直結する部品なので、安易に安い部品を使うと自他ともに危険を及ぼす。よほど部品選択に自信がある人以外は、純正品以上のブレーキパッドを使用すべきだ

 いっぽう、純正で1万2000円のブレーキパッドの仕入れ額が7割の8400円の場合、業者の儲けは3600円ですから業者としても儲けが大きくなります。

 お客さんとしては、部品代で7000円の節約ができるというわけです。1万2000円と1200円のブレーキパッドにどれくらいの性能差があるかは明確ではありません。場合によってはほとんど変わらないこともあるでしょうし、大きく変わることもあるでしょう。

 純正品やブランド品は品質が保証されていることが魅力で、その保証に対して対価を支払うのです。

次ページは : ■大きな会社ほど車検費用が高い!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!