トヨタの隠し玉 新型シエナが日本を飛び越して中国で発売しヒットの予感

 北米専用のトヨタ製ミニバン「シエナ」の新型モデルが2020年11月に発売された。

 北米市場では、ミニバンの認知度が低かったものの、クライスラー製のミニバンがヒットしたことで認知拡大。ホンダが北米向けのオデッセイを投入するなど、日本メーカーもこの市場に参入してきた。

 しかし世界的なSUV人気もあり、北米市場ではミニバン人気に陰りが出てきた。それに伴ってシエナは北米専用ではなく、販路を求めて他国への展開が始まったという。たしかに新型シエナは魅力的で、これを北米だけで売るのはもったいない。ぜひ日本でも…と思ったら、調べてみるとどうも太平洋を渡って日本列島をスキップして中国市場へ展開? マジかー。

 以下。アルファード/ヴェルファイアを超えるクラスのトヨタ製ミニバン、最新情報をお届けします!

文/小林敦志、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】新型シエナお蔵出し写真続々紹介!! ミニバン天国 北米で活躍する各社エースミニバンを画像でチェック!!


■ミニバン市場は中国で上昇中!?

昨年11月に発売が開始されたトヨタ シエナ4代目モデル

 2020年5月18日に、トヨタ シエナの新型(4代目)がアメリカでデビュー。その後2020年11月に正式発売となっている。

 シエナの歴代モデルはアメリカ国内の工場で生産され、おもに北米市場で販売を続けており、日本市場ではトヨタ系正規ディーラーで販売されたことはない。

 アメリカンブランドのクライスラーが世界的に“ミニバン”というものを認知させたという歴史があるのだが、残念ながらいまの北米市場におけるミニバンマーケットは「限定的なもの」といえる。

 シエナのほかは、クライスラー パシフィカ、ホンダ オデッセイ、韓国の起亜セドナぐらいしかラインナップされていない。日本ではファミリーユースも多く人気が高いミニバンだが、北米市場におけるそのようなニーズは、3列シートを持つ大型クロスオーバーSUVが担っている。

使い勝手の良い3列シートを持つミニバンは日本国内では人気が高いが(いわゆる「お茶の間」需要)、北米市場では大型クロスオーバーSUVにニーズを奪われている

 いままでは北米専売といってもいい状況だったシエナだが、正規販売されていない中国やロシア、東南アジアなどの街中で見かけることがあった。あくまで個人輸入なのか、専門業者なのかは不明だが、おそらく北米仕様を並行輸入したものが売られているようである。

 中国ではフルサイズミニバンは“高級商務車”と呼ばれ、企業経営者や役員が運転手付きの移動車として使うニーズが多い。

 アメリカ系や中国民族系、そして日系ではアルファード&ヴェルファイアなど、数多くのフルサイズミニバンが正規販売されているのだが、それでもわざわざ高いお金を払いシエナを乗っているケースがある、ということだ。

 あくまでアメリカのスペックであるが、新型シエナはハイブリッドユニットのみの仕様(2.5Lガソリンエンジン+モーター)であり、多くの国で「純内燃機関車を2030年から2040年くらいには販売中止にする」と発表しており、アメリカ以外のマーケットへ“さらに入れやすい”状況になっているのは間違いないだろう。

【画像ギャラリー】新型シエナお蔵出し写真続々紹介!! ミニバン天国 北米で活躍する各社エースミニバンを画像でチェック!!

■中国での生産&販売の情報も

北米でのシエナのライバルとなるクライスラーパシフィカ

 筆者は今回の4代目シエナが登場した時に、果たしていままでのようにほぼ北米専売のスタンスを維持するのか、それとも世界市場に門戸を開くのか注目していた。

 情報を探っていくうちに、中国市場において、すでに「新型シエナの現地生産及び正規販売計画がある」と、中国現地メディアが報じている…との動きをキャッチした。

 押しの強いデザインを好む中国人消費者にとって、アルファード&ヴェルファイアは相当“刺さった”ようで、中国民族系メーカー各社は、アルファード&ヴェルファイアをさらに誇張したような“オラオラ”スタイルのミニバンをラインナップしてきている。

中国での「オラオラ流行」に火をつけたアルファードだが、中国の全ての人々が押しの強いデザインを好むわけではない

 ただ中国はなにしろ人口が13憶人の国なので、すべての消費者がオラオラスタイルが大好きというわけでもないだろう。

 新型シエナは押さえの利いたエクステリアデザインを採用しているので、中国現地生産及び正規販売開始により、“おとなしいスタイル好き”ユーザーを惹きつけ、中国市場で新たな人気トヨタ車が誕生しそうである。なお先行報道によると、生産は一汽豊田で行われ、漢字名は“塞納”となるようである。

 日本市場でも、先代となる3代目シエナは都市部などでチラホラ見かけることが多い。並行業者が北米から輸入して販売しているようだ。前述した中国のように、アルファード&ヴェルファイアのようなイメージを嫌う人にはうってつけのようである。

■日本国内での販売の可能性は

ハンドル位置の違いもあり、日本販売の可能性は薄いと言わざるをえないが、右ハンドルを設定しやすいデザインではある

 日本では個人輸入レベルでチラホラ見かける程度が関の山なので、新型になっても正規販売されることはないだろう。

 ただ、これまで「アルファード&ヴェルファイアではちょっと……」という人向けの受け皿として、エスティマがラインナップされていたが、いまエスティマは販売終了してしまった。

 さらに、現状ではアルファードに対してヴェルファイアの販売台数が急落しており、近々アルファードのみになるのではないかともいわれている。

 そうした周辺環境を考えると、シエナの日本国内正規販売もまったくの夢物語とも言い切れない。とはいえ日本国内ではシエナのポジションに被りそうな “グランエース”がラインナップされているので、そうしたことを考えるとシエナの日本正規販売はあまり現実味がないように考えられる。

 現状では、北米市場はもちろん、現地生産及び正規販売が今後行われるとされる中国も、左ハンドルで右側通行の国であり、いまだに右ハンドルで左側通行の国でのデビュー予定は確認できていない。

 ただ、3代目と4代目のインパネデザインを比べると、4代目のほうが右ハンドル仕様を設定しやすいように見えるのは意味深である。今後は、近いところではタイやインドネシア、またはオーストラリアなど、左側通行の国々でデビューする可能性を示すカギとなってくるだろう。

 シエナどころか、海外でのミニバン事情などに興味のないひとも多いかもしれない。

 しかし、日本メーカーのモデルなのに、日本で販売されておらず、日本人のほとんどが知らないのに海外で注目されている事実は、日本市場がいかにガラパゴス化しているかということを、わかりやすく例えているトピックスのひとつともいえるだろう。

【画像ギャラリー】新型シエナお蔵出し写真続々紹介!! ミニバン天国 北米で活躍する各社エースミニバンを画像でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ