SUV席巻で存亡の危機!? 日本では人気低迷のCセグメント・ハッチバックが伸びないワケ


 日本でハッチバックというと、Bセグメントのコンパクトカーをイメージする人が多いだろう。それより大きいCセグメントはモデル数の少なく、販売台数もイマイチ伸びていない。また、登場してもすぐに消えていく傾向がある。

 セダンやワゴンが人気低迷する日本だが、もはや軽自動車とSUVしか売れないのでは? と思う偏り具合だ。なぜ日本ではCセグの5ドアハッチバックが低迷するのか? その要因を考察していきたい。

文/岡本幸一郎
写真/SUBARU、NISSAN、編集部、PEUGEOT、AUDI

【画像ギャラリー】実力=人気と繋がらない!? 秀作揃いのCセグ5ドアハッチバック全集!


■日本は特殊!?  Cセグ・ハッチバックが伸びないワケ

 世界の乗用車メーカーの大半がハッチバック車をラインアップしている。

 日本のメーカーが国内向けに販売しているのは、トヨタ『ヤリス』、ホンダ『フィット』、日産『ノート』『マーチ』、マツダ『マツダ2』、スズキ『スイフト』、トヨタ『パッソ』/ダイハツ『ブーン』、三菱『ミラージュ』などBセグ以下が主体で、スバルは自前のBセグの車種を持っておらず、Cセグの『インプレッサ』が最小モデルとなる。

 一方でCセグについては、ほかにはトヨタの『カローラスポーツ』とマツダ『マツダ3』ぐらいしかなく、日産にも純EVの『リーフ』があるが、『ティーダ』や『パルサー』として欧州などの海外には導入しているCセグ車を日本では販売していない。

現在は欧州で販売されている日産『パルサー』。かつて日本で販売されていた時もイメージは欧風だった。ミラノX1というグレード名もあり、ヨーロッパ色を前面に出していた

 世界を見わたすと、新興国などにBセグ以下のコンパクトカーが主体の国や地域もいくつもあるものの、全体としてはCセグのほうが圧倒的に多いことをご存知の人も少なくないことだろう。そんな自動車のメインストリームであるはずのCセグのハッチバックが、日本ではあまり受け入れられていない感がある。

 要因として考えられるのは、日本には魅力的な軽自動車とBセグ車が数多くあることと、Cセグ車のサイズが軒並み大きくなりすぎたことが大きい。

 日本市場で人気が高いのは、後席の居住性やスライドドアを好むユーザーに高く支持されているミニバンやハイトワゴン系などの箱型のクルマだ。その中でも、3列シートを必要としなくても、サイズは小さくてもスペースユーティリティに優れることを重視してクルマを選ぶユーザーが多い。

 軽自動車やBセグ車に、そこに向けて送り込まれたスーパーハイトワゴンがいくつもある。さらにはハイトワゴン系ではないハッチバック車で、たとえばホンダ『フィット』や日産『ノート』のようなファミリーカーとしても使える広さを備えたBセグ車もあり、それらで十分にことたりるので、あえてCセグ車に目を向けるまでもないというのは、Cセグ車が盛り上がらない大きな要因のひとつに違いない。

日本のCセグハッチの代表格、『カローラスポーツ』。しかし街中でよく見るのは同じ顔でもツーリングやセダンのほう。日本ではスポーティさよりユーティリティの高さが訴求ポイントとなってしまう

 あるいは、もはや5ナンバー枠どころか1.8mの全幅が当たり前になるなど、サイズの大きくなりすぎたCセグ車は敬遠される向きもある。実はその傾向は日本だけでなくヨーロッパでも見受けられる。代替する際にCセグからBセグに乗り替えるユーザーが増えているというのだ。

 それを受けて、それらダウンサイザーに不満を抱かせないようにするため、Bセグ車も見栄えのよさや装備を充実にこれまでにも増して力を入れていることが見て取れる。それは最近のフランス勢にも顕著に見受けられる。たとえば日本に導入されてまもないプジョー『208』やルノー『ルーテシア』あたりがまさしくそうだ。

 ただし、日本車はいまひとつでも輸入車のCセグ車は日本でもそこそこ順調に売れている。モデル末期のVW『ゴルフ』やモデルチェンジしてまもないメルセデス・ベンツ『Aクラス』をはじめ、アウディ『A3』、プジョー『308』、ルノー『メガーヌ』あたりも一定の支持を集めている。

メルセデス・ベンツ『Aクラス』。かつての人気車『Cクラス』がかすむほど、いまの日本のマーケットではAクラスが大人気! 適度な押し出し感と取り回しがしやすいサイズがウケるのであろう

■海外でも人気の入れ替わり傾向!? Cセグ・ハッチバックは淘汰される!?

 ここで気づくのは、まさしくセダンで起こっていることと同じ構図がハッチバックにも当てはまるのではないかということだ。ワゴンはSUVにとってかわられたとして、日本で売れているセダンというと、トヨタ『クラウン』も廃止が報じられたほどで、トヨタ『カローラ』、ホンダ『シビック』、マツダ『マツダ3』、スバル『インプレッサ』あたりのコンパクトセダンも一定のニーズはあるものの堅調に売れているとはいいがたい。売れているのはほぼメルセデスやBMWをはじめ欧州プレミアム勢のみだ。

 ただし、日本製のセダン自体に魅力がないわけではけっしてない。レクサスやアキュラやインフィニティらプレミアムブランドの各車や前出のコンパクトセダンに加えて、主なところではトヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』、日産『アルティマ』や『セントラ』などの量販モデルでも海外では存在感を発揮している例は少なくない。

 同じく日本製のハッチバックは海外では好意的に受け取られているものが数多くある。それらCセグが日本ではそれほど支持されないのは、どんどん拡大してきた全幅に対する拒否反応があるいっぽうで、Bセグまでのユーザー層は価格を最重視するのに対し、Cセグになると一気に付加価値を求める傾向が強まるからだと思われる。まさしくセダンがそうであるように。

再び日産の海外専売モデル『ティーダ』。中国市場で販売されているモデルだけに装備充実、Bセグ車に対して明確な優越感があり人気。ただし、もし日本で売るならパルサーのほうが人気?

 あるいはハッチバック車の低迷は、SUVの台頭も無関係ではないはずだ。少し前までは、どちらかというと日本の場合は、SUVブームの波が日本にも訪れたというよりも、海外のSUV人気を受け、そこに向けて開発されたクルマに力作が多く、それが魅力的だったがゆえに買い求めた人が多いように感じていた。ところが今では、SUVを指名買いするユーザーが増えていて、ハッチバック車がその影響をモロに受けていることも多分にある。

 それはたとえば同門で、スバル『インプレッサスポーツ』よりも『XV』のほうが販売比率が高いことにも象徴される。多少価格は割高でも、プラスアルファを感じさせるほうに目が向けられるわけだ。

スバル『XV』。実はインプレッサスポーツのSUVルックス版なのだが、見た目のタフさがアウトドアブームの昨今、単なるハッチバックよりも市場にマッチしているのであろう

 SUV人気が世界的なものであり、このまま定着しそうな気配が濃いことを思うと、ハッチバック車がさらに衰退していくことは大いにありうる。ワゴンがなくなりSUVのみとなった北米のメーカーのように、ハッチバックも徐々に淘汰されていく可能性もある。現に、コンパクトクラスは普通のハッチバックに見切りをつけ『V40』を廃止して『XC40』のみとしたボルボのような例もある。

 日本でも、いずれにしてもSUVが選ばれるようになってきたことには違いなく、海外のように、ますますその傾向は高まっていく可能性はある。CセグよりもBセグや軽自動車のほうがサイズ的に好まれ、SUVテイストに魅力を感じる人が増えているのなら、メーカーもそこに力を入れるのは当然のこと。ややその動きが遅かった軽自動車界も、なんらかSUVテイストを加えたクルマが増えていくことだろう。

 すでにBセグも軽自動車も、それぞれ競合勢としのぎをけずり切磋琢磨してきたことで、付加価値も商品性もおしなべて高まった。かくして日本はCセグでなくても十分に満足できる出来のよいBセグ車や軽自動車が豊富に選べるようになったのなら、それはそれでよいのではという気もしてくる。

マツダ3ファストバック。発売前からその独創的なスタイルで話題に。しかしSUVの『CX-30』が発売されると、そのコンサバなスタイルからたちまち人気を持っていかれてしまった   

【画像ギャラリー】実力=人気と繋がらない!? 秀作揃いのCセグ5ドアハッチバック全集!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ