電動化時代まであと9年 今安くて楽しいHVを買うならどのクルマ?


■名より実を取ったハイブリッドカー

車体の軽さも燃費に好影響だ。意外とトルクのある走りを見せる


●ソリオハイブリッド:185万円~

 マイルドハイブリッドにもいろいろあるけど、私は意外とスズキのコレがとってもおトクに思える。スバルのeボクサーの評判もいいが、期待値が高いせいもあり、加速も燃費も拍子抜けで、その割に値段は高い。

 その点ソリオは、1.2Lとは思えないトルクフルな走りをする。最大の要因は車体の軽さ(わずか1000kg)なんだけど、マイルドハイブリッド(モーター出力3.1馬力)も、期待値が低いだけに、「これ、けっこう効いてるかも!」と感じる。

 ストロングハイブリッドを廃止してマイルドハイブリッド一本に絞っただけのことはある! WLTC燃費は19.6km/L。大したもんだ。ストロングハイブリッドはいらないネ!

■7速DCTで楽しめるハイブリッドカー

重心の低さは走りに楽しさをもたらす。HVだって走りを楽しみたい


●ホンダシャトルハイブリッド:216万円~

 グレイスが消え、フィットがe:HEVになった今、7速DCTが楽しめるハイブリッドは、フリードとシャトルだけになった。ミニバンのフリードより、重心の低いシャトルのほうが走りが楽しいのは言うまでもない。

 足回りはしなやかでとってもグッド。デザインはこねくりまわしすぎでゴチャゴチャしてるが、段付きミッションのヨロコビを味わえるストロングハイブリッドは希少! しかもマニア好みのステーションワゴン! 隠れた逸材だ! WLTCモード燃費は25.2km/Lです。

次ページは : ■デザインがユニークなハイブリッドカー

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ