電動化時代まであと9年 今安くて楽しいHVを買うならどのクルマ?


 日本でも、クルマの電動化がいよいよ避けられなくなった。政府は2035年までに、東京都は2030年までに、新車販売を電動車に限る方針を示している。

 ただ日本の場合、「電動車」にハイブリッドカーが含まれるのが特徴だ。CO2排出量ゼロまでは求めず、日本発の技術であるハイブリッドを温存する。

 今後、バッテリー革命によって、EVの性能向上や低価格化が劇的に進行すれば、実力でEVのひとり天下となり、自然淘汰的にハイブリッドが消滅する可能性もあるが、日本の場合、地勢的な制約が大きく、2030年代半ばまでに、発電のカーボンフリー化をどこまで進められるか、壮絶な難題だ。

 現状では、生産から廃棄まで、いわゆるウェル・トゥ・ホイールでのCO2排出量を計算すると、EVとハイブリッドは僅差。ハイブリッド温存策は、日本にとっては当面は正しい政策だろう。

 というわけで、純ガソリン車と純ディーゼル車は近い将来新車では買えなくなっても、ハイブリッドカーは大丈夫だ。

 だからといって、今からハイブリッドカーに乗っておく必要もないんですが、今新車で買えるハイブリッドカーで、安くて楽しいクルマはどれなのか? それを選定して楽しんでみようではありませんか!

文/清水草一
写真/ベストカー編集部、ベストカーweb編集部、トヨタ、日産、ホンダ、三菱

【画像ギャラリー】近い将来確実に訪れる「その時」に備えて……安くて楽しいHVコレクションを見る!!


■燃費はもちろんNO.1 それでいて加速もコーナリングも素晴らしくて値段も安いハイブリッドカーの帝王

燃費がいい上に加速もいい。走らせても楽しいHVだ


●ヤリスハイブリッド:199.8万円~

 ハイブリッドの本分は燃費にあり! その燃費がNO.1(WLTCモード36.0km/L)というだけで帝王の地位は確定だが、ヤリスハイブリッドは車両重量がわずか1050kg(ハイブリッドX)しかない。

 おかげで加速はとっても痛快! アクセルを軽く踏み込むだけでヒュイーンとスピードが乗る。足回りはスポーティでコーナリング性能も十分。首都高を水すましの如く駆け抜ける。

 そんな風に気持ちよく走っても、40km/Lに迫る数字を軽く叩き出すんだから、文武両道の天才とはこのことだ! クルマ好きなら、燃費計の数字を見てるだけで、これまでにないコーフンを味わえる。

 弱点は、エグいデザインと安っぽい内装、そして窮屈な後席と荷室ですね。けっこう欠点も多いけど、長所がそれを補って余りある! この走りの天才ぶりは、SUVのヤリスクロスじゃ味わえない。断然軽いヤリスじゃないとダメなんです! 脱帽!

■ワンペダルドライブが楽しいハイブリッドカー

進化したe-POWERの魅力がノートの魅力だ


●日産ノートe-POWER:203万円~

 WLTC燃費は29.5km/Lと、ヤリスハイブリッドに大きく劣るが、そこまで燃費がよくなくてもイイという方も多いでしょう。このレベルでの燃費の差は、出費に換算するとかなり僅かな金額になりますし。居住性はヤリスより上、デザインも人畜無害だ。

 ノートのウリは、なんといってもアクセルペダルだけで停止まで持って行けるワンペダルドライブにある。新型はその制御がよりスムーズになり、回生ブレーキによる減速で、同乗者がイラッとすることも減っているはず。発電機の役目を果たす1.2L、3気筒エンジンの安っぽい音も抑えられております。

 この進化したe-POWERの魅力だけで、ノートは買う価値がある! お値段もヤリスハイブリッドとほぼ同じだし。お買い得だ!

次ページは : ■バランスがNO.1のハイブリッドカー