ジムニーに最大のライバル出現!? 納期1年のジムニー買えないならタフトクロスフィールドVer.!

 2020年1月15日、ダイハツは残念ながらオンライン開催となってしまった今回の「東京オートサロン2021」に出展を予定していた、軽クロスオーバー「タフト」をベースにオフロード志向を強めた「タフトクロスフィールドVer.」を正式に公開した。

 これを見てカッコいい! 最大のライバルたるジムニーはいまだ納期は1年待ち。ジムニーは3ドアだけど、こちらは5ドアだし、そんなに待つんだったら、このタフトクロスフィールドVer.がもし出たら買っちゃおうかなと思った人もいるかもしれない。

 さっそく、タフトクロスフィールドVer.はどんなクルマか? ジムニーと比較してどうなのか。モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉、写真/ベストカー編集部、ダイハツ

【画像ギャラリー】ダイハツ タフトクロスフィールドVer.を見る! 本文未掲載のディティール部写真も! スズキ ジムニーと比べてみよう!


バーチャル東京オートサロンで発表したタフトクロスフィールドVer.

ぜひとも市販化して欲しい、遊び心たっぷりのタフトクロスフィールドVer.

 東京オートサロン(以下、TAS)はいわば年初の自動車業界の「お祭り」として、カスタマイズカーを扱う大小ショップが数多く集う場として、日本メーカーもカスタマイズブランドが手がけた車両を積極的に展示、モータースポーツの取り組みの発表の場としても活用するなど、活況を呈してきた。

 クルマ好きのためのフェスティバルとしての役割を果たしてきたTASで、来場者の注目を浴びてきたのは、日本メーカーが前年に発表したモデルをショップがオリジナルのパーツを与えて、速攻で披露してきたこと。

 そして、先頃では日本メーカー自らも手の込んだ仕立てを施して展示するカスタマイズカーが見られることだ。

 ダイハツも毎回個性的な出展車両をTASでお披露目してきたが、今年も魅力的なカスタマイズ仕様を用意してきたなかで、ぜひとも市販化してほしいと思うのが昨年にコンセプト車両として展示され、同年6月に発売された軽自動車「タフト」のカスタマイズ仕様である「クロスフィールドVer.」だ。

 “軽クロスオーバー”としてのタフトに、新たな魅力をどのように加えたのかを見ていこう。

タフトだからできた「アウトドア風」

角ばった質実剛健としたフォルムはベースとなったタフト譲りだ

 タフトの商品としての直接的なライバルはスズキのハスラーということになるが、その背後には、クロスカントリービークルとしての歴史とステータスを誇る王者ジムニーが控えていることを忘れてはいけない。

 タフトの角張ったスタイリングにおしゃれさというスパイスを加えた独特な雰囲気も充分魅力的だが、文字通りの“タフさ”を味付けとして加えたいと考えるのは無理もない話。

 クロスカントリービークルとしても、地方での日常の足としての役割を担う王者ジムニーの牙城を崩したいというのは、常に大きな目標であり続けてきた。

 スズキも一昨年のTASではジムニーサバイブ、ジムニーシエラピックアップスタイル、昨年のジムニーシエラをベースとしたアウトドア志向の「マリンスタイル」などを発表。ライフスタイルとしてファッション性も重視するアウトドア志向のユーザーを刺激して、取り込みたいという意図も理解できる。

 対して、ダイハツもカスタマイズのベース車両としてタフトを得たことで、スズキのライバルに対抗しうるような提案として「クロスフィールドVer.」を生み出すことができるようになったわけだ。

絶妙なクロカン仕立てのさじ加減

いまだ一年以上先の納期となっているスズキ ジムニー。このスキにタフトに注目を集めたいのが正直なところだろう

 ダイハツとしてはジムニーの納期がいまだ1年待ち以上といわれているこの時期に、タフトのイメージアップを図りたいと考えるのは当然のこと。

 タフトの販売のてこ入れによって、鬼のいぬ間の(?)ビジネス拡大を狙う意図もあるはずだから、そこで今回の「クロスフィールドVer.」の登場となったのだろう。

 ジムニー対抗策のキーワードとなるのは「5ドア」だ。

5ドアの利便性はジムニーに対するアドバンテージになる

 利便性を考えれば5ドアであることは常にジムニーに対するアドバンテージになるわけだ。

 あとはアウトドア風の演出をハードすぎず、ソフトすぎず、バランスを上手く採るかが、知恵の絞りどころということになる。むろん、ハスラーに対して先を行きたいという狙いもある。

フックやウインチなど、アウトドアを強調した装備が目を引く

 この点で「クロスフィールドVer.」の見た目と機能の演出には抜かりなく、タフトをよりハードなイメージに仕上げるために、フロントバンパー周辺に装着されたアウトドアでの使用を意識したワンオフ製品の盛り具合は入念で、グリルガードを手始めに、牽引フック、ウィンチなどを重装備する。

 デザイン上では最大のアクセントといえば、ジムニーのカスタマイズではおなじみの前後バンパーの下部をカットアウトして、オフローダーのイメージを強化したことだ。

ルーフの幅いっぱいに装備されたLEDライト

 フロントガラス上端のLEDライトなども、オフローダーとしてのこだわった装備といえ、タフさを得るための演出は手が込んでいる。

 むろん、ベースであるタフトのデザイン上の魅力を残すために、ホイールアーチ周辺はノーマルの角張ったデザインを維持している。

 オンロード用タイヤからオフロードタイヤのヨコハマ・ジオランダーを換えているのも、悪路走行をイメージさせる効果をもたらしている。ワンオフのリアマフラーやRS☆R製サスペンションキットを与えるなど、カスタマイズの肝はしっかりと押さえている。

 うまく考えたなと思えるのは、リアランプガードをテールゲートのリアコンビネーションランプ部に追加装着したのは、加工を簡単に実施できるデザイン上の工夫といえる。

ライトによって明るく浮かび上がる生き物たち

 TASの会場で試せないのが残念だったが、ドアサイドには純正のガーニッシュとして、ストロボの発光によって魚など動物たちが浮かび上がるシールを貼り付けたのは“こじゃれた”演出だ。

 内装でもセンターパネル周囲を囲むようにガーニッシュを与えたのはハスラーのそれを意識したのかもしれないが、カムフラージュ柄シート表皮を与えるなど、細かい演出を加えている。

この先の動向に期待大!

「評価によっては市販化を検討したい」という冷静でありながらも先々の期待が持てるコメントをいただけた

 話をダイハツの事情に戻すと、これまでのTASでは、ダイハツは会場でのアンケートなどでの情報収集について、毎回積極的に実施してきたと記憶している。

 ところが、このあいにくのTASのリアルワールドでの開催中止によって、会場で顧客からの反応を受け取れる価値ある機会を得られなくなってしまった。

 ダイハツ広報部からは「あくまでコンセプトカー、参考出品車両ですので評価によっては市販化を検討したい」という冷静なコメントしか得られなかったのも致し方ないとはいえ、「おかげさまでご好評をいただいております」と即答が返ってきた。

 これまでどおり、スズキとダイハツの軽SUVのバトルは続くだろうが、選ぶ側からすれば楽しみが続くことでもあるから、まずは事の成り行きに注目していくことにしよう。

 みなさんの反響次第では、オフロード感覚バリバリのタフトクロスフィールドVer.が発売されるかもしれない。ぜひ盛り上げていってほしい!

【画像ギャラリー】ダイハツ タフトクロスフィールドVer.を見る! 本文未掲載のディティール部写真も! スズキ ジムニーと比べてみよう!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ