ヤリスで検証! 純ガソリン車とHVの価格差は年間の燃料コストで取り戻せるのか?


 東京都が2030年、政府が2035年に純ガソリン車の新車販売禁止の方針を打ち出しているのはご存じの通り。

 純ガソリン車とは、ハイブリッドを含まないエンジンだけで走るクルマのことで、日本自動車販売協会連合会が出している乗用車の2020年12月の燃料別新車販売台数データを見ると、ガソリン車の比率はガソリン車が53.4%、HVが37.0%、PHVが2.7%、ディーゼル車が7.2%、EVが0.9%、FCVが0.1%。

 まだ、純ガソリン車の新車販売は50%を超えており、HVでも37.0%、EVでは0.9%という状況だ。これを見て、あと10年で純ガソリン車の新車販売が禁止できるのか、甚だ疑問だと、感じている人も多いのではなかろうか。

 そこで気になるのは、純ガソリン車とハイブリッドは、年間維持でどれくらい違うのかということ。今回はヤリスを例に、純ガソリン車とハイブリッド車ではどう違うのか比較していきたいと思う。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】確実に訪れるであろう「純ガソリン車の新車販売禁止」に備え、純ガソリン車とHV車の年間維持費を比較する


驚愕の燃費性能を誇るヤリスハイブリッド

ヤリスのガソリン車とハイブリッドを比較し、ガソリン代や税金などの差は、どれくらいで元が取れるのか計算してみた

 ヤリスハイブリッドの環境性能の高さが、クルマ好きを中心に認知が広まりつつある。

 とにかく燃費性能が抜群に良いのだ。中心グレードのGならWCTLモードで35.8km/Lはダントツの数字。カタログ燃費と実燃費の乖離が少ないのも特徴で、よほど短時間の走行や渋滞ではない限り、市街地、郊外、高速道路でそれぞれのカタログ燃費の8割以上の実燃費をマークする。

 燃費が良いということは、それだけCO2の排出量が少ないことになる。ヤリスハイブリッドの場合、CO2排出量に換算すると65g/kmという低排出ぶりだ。

 EVでなければ温室効果ガスのCO2排出を減らせないと思っている人も多いようだが、再生可能エネルギーや原発でなければ日本では電力を生産する際にもCO2は排出されるし、BEV(バッテリーエレクトリックヴィークル、純EVのこと)は大量のバッテリーを搭載するため、製造時に多くのCO2を排出している。

 そんなBEVと比べれば、LCA(ライフ・サイクル・アセスメント=素材生産時から使用中、廃車後にリサイクルするまでのCO2の総排出量)で考えればまったく遜色ないといえるほど、ヤリスハイブリッドの環境性は高いのである。

 トヨタの資料によればヤリスハイブリッドのLCAは、ヤリスのガソリン車よりもおよそ3割少なく、アクアよりも低く抑えられている。

 そんな環境性能の高いヤリスハイブリッドであるが、現時点での選択肢としてガソリンエンジン仕様のヤリスと比べて購入時の費用はおよそ30万円高い。ガソリン車のヤリスも燃費はいいクルマであるから、この価格差を取り戻せるだけの経済性も備えているかは、気になるところだ。

 そこで、ヤリスのハイブリッドとガソリンエンジンの1.5L、そして1Lを購入すると仮定して、購入時の差額はどれだけ走れば取り戻せるか調べてみた。装備がまずまず充実しているGグレードの2WDとして、3つのパワーユニットのヤリスを脳内で購入して維持してみようではないか。

購入時にはエコカー減税で価格差が縮まる

赤いヤリスがハイブリッドで、シルバーが1.5Lガソリンエンジン搭載車だ
情報管理料金130円と資産管理料金の290円は、リサイクルの運営に必要なもので廃車後にリサイクルした場合に書類が送られてくる
 

 車両価格はハイブリッドGが213万円、1.5Gが175.6万円、1.0Gが161.3万円とガソリン車がそれぞれ37.4万円、52.7万円安い。ざっくり35万円から50万円以上安いのは、この価格帯では大きな差だ。

 しかし購入時に支払うのは、車両代金だけではない。クルマを登録するためには税金や自賠責保険などを納めて、登録手続をする必要がある。

 いわゆる諸費用というもので、ここでハイブリッドとガソリン車では、エコカー減税と環境性能割が免除される分の差が出ることになる。ヤリスハイブリッドはEVと同じレベルのエコカー減税が受けられるのだ。

 実際には車庫証明証の申請を代行してもらう(自分でも取得できる)際の手数料は地域やディーラーによって差があるし、購入時には車両代金からの値引きなどで、支払う総額は変わってくることになるが、ここでは値引きゼロで諸費用に関しても全国で均一とした。

 するとハイブリッドとの価格差は、32万円(1.5G)と45万円(1.0G)に縮小する。そして購入後の燃費によって維持費は変わっていくことになるのだ。

 ここでは2つの使い方をモデルケースとして設定した。通勤(とその送迎など)や買い物などで比較的短時間に短距離を移動するような使い方をしているドライバーは、1年間の走行距離を5000kmとして、その内訳は高速道路はほとんど使わず、市街地が7割、残りの3割を郊外の走行と想定した。

 また通勤でも比較的長距離や、仕事で高速道路などで移動する、クルマが趣味で週末はドライブを楽しむなど、運転時間が長いドライバーは年間の走行距離を1万kmとして、こちらは市街地が5割、高速道路が3割、郊外での走行距離を2割と想定した。

次ページは : メンテナンスのための費用は同一。違いは税金のみ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ