なぜステップワゴンは衰退したのか? 復活はあるか


■ステップワゴンの○

子供やお年寄りにも優しい乗降性の良さは、多人数乗車の機会が多いミニバンでは重要なポイントだ

 ・フロアの低さによる乗降性と走りの良さ (セレナはプラットホームの古さによりこの2点がステップワゴンとヴォクシー三兄弟に対しかなり劣っている)

 ・先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールの完成度の高さ

■ステップワゴンの×

日産のセレナは、上部だけ開閉可能なデュアルバックドアを採用。通常の約半分のスペースがあれば荷物の出し入れが可能だ

 ・セレナの2列目ベンチシート仕様がキャプテンシート的にも使える点、バックドアが上部だけ開閉できる機能に代表される、ショールームでインパクトある機能がわくわくゲートくらいしかない

 ・自動ブレーキの性能がセレナには見劣りする

 ・ステップワゴンの3列目シートは床下収納のため、3列目シートを収納するとラゲッジスペース床下の収納スペースが使えなくなる(この点は3列目シートを跳ね上げるヴォクシー三兄弟とセレナは3列目シートを跳ね上げた際の後方視界の悪化などもあり、一長一短のところもある)

 とステップワゴンのライバル車に対する弱点は非常に少なく、アドバンテージのほうが大きい。「ではなぜ売れていないのか」と考えると、初期モデルのフロントマスクと販売体制が大きいように感じ、以下のように考えられる。

 初期モデルのフロントマスクはスパーダでも一車格下のフリードと見間違えることがあるくらいおとなしいもので、押し出しの強いフロントマスクが好まれるミドルハイトミニバン市場においては支持が薄かった。

 スパーダのフロントマスクはマイナーチェンジで押し出しの強いものに変更されたものの、「時すでに遅し」という印象も否めなかった。

 マイナーチェンジまでヴォクシー三兄弟にはあったハイブリッドがなかった点も大きなマイナスではないにせよ、不利ではあっただろう。

 また、ステップワゴンの後に登場した現行フリードがボディサイズの割に広いなどよくできており、その影響もあったかもしれない。

 販売体制でもステップワゴンが登場したときにはホンダ車の販売が軽自動車、フィット、ヴェゼルに偏りはじめており、売れている組には現行フリードも加わったことでステップワゴンへの注目は薄れ、プロモーションも少なくなるという悪循環に陥り、これではステップワゴンの販売が低迷気味なのも無理もない。

 そのあたりも考えるとステップワゴンは厳しい環境下の中でよく頑張っているとも言えるのかもしれない。

次ページは : ■次期ステップワゴンはどうなる?