上を見たらキリがない「これで充分ですCAR」 このクルマで幸せなカーライフを送れる!


 あのクルマが欲しい。でも予算を抑え、格下のこちらで充分満足できる。その理由、その強い思いを自動車評論家2人に語ってもらう。決して「やせ我慢」を推奨する企画では……ない。

【画像ギャラリー】上を見たらキリがない「これで充分ですCAR」はこれだ!!

※「欲しい」と「でもこれで充分」という2つのクルマの代表的グレードの価格差を、写真下で紹介しています。
※ベストカー2021年2月26日号より転載


【日本車編】文/竹岡 圭
 あのクルマが欲しい。「でも、車格下のこちらもイケる」。その理由を竹岡氏がズバズバ語る。

■ルーミー/トールが欲しい。でも、N-BOXで充分だね。その理由は…

 コンパクトカーのなかで、ルーミー/トールに求められるものは、まず広さですよね。それも縦方向の広さ。その点、ルーミーの全高1735mmに対し、N─BOXはFFで1790mm、4WDで1850mm。圧倒的に高いわけです。大は小を兼ねるという言葉がありますが、もう1550mm超えた時点で立体駐車場には入らないわけですから、こうなると高けりゃ高いほうがいい! ってなモンです。

 さらにルーミー/トールを選ぶ方は、座席アレンジでフラットな荷室を作り、自転車を積みたい! なんてニーズもあるはず。言うまでもなくN-BOXは“そのフラットなスペース“を作り出せる特技があるのです。

 また、カタログスペック的な最低地上高は、ルーミー/トールの130mmに対し、N-BOXは145mm。この15mmは物を持ち上げることよりも、凸凹をクリアすることができる性能が15mm高いと考えたほうがよほど価値が高いですよね。15mm分は腕を鍛えるということで。……以上、室内の作りだけでもN-BOXで充分CAR。

ルーミー「カスタムG」:191万4000円(写真上)、N-BOX「G・EXホンダセンシング」:164万2300円(同下)→価格差は27万1700円。

●これで充分査定値「80」
広さ&フラット。軽でも室内は格上に勝るのです!

■レクサスNXが欲しい。でも、XVで充分だね。その理由は…

 レクサスNXにはハイブリッドとターボの2種類のパワートレーンがあります。そしてこのクルマを選ぶ方は「重さとパワーを考えると、ターボがいいんだよね」という方も多いらしいんです。そう、NXにはスポーティな走り味を求める方が多いということになりますね。

 同じ方向を向くSUVならXVという選択肢もあります! XVのエンジンは言うまでもなく水平対向エンジンなんですよ。水平対向のメリットは、エンジン高を低く、搭載位置を低くできることにあります。つまり重心が下がる。クルマを走らせるうえでは、重心が低いほうが圧倒的に有利なのは言わずもがななので、ここにまず成り立ちからしての、XVのアドバンテージがあるわけです。

 さらに、走りを楽しみに遠出するとお金もかかりますよね。XVは全車レギュラーガソリン仕様なんです。NXのターボはプレミアムガソリン仕様。カタログ燃費の数値的には微妙な差がありますが、これはレギュラーvsプレミアムの価格差で充分取り戻せるレベルだと思いますよ。

NX「300Fスポーツ」:521万8000円(写真上)、XV「2.0e-Sアイサイト」:287万1000円(同下)→価格差は234万7000円。

●これで充分査定値「70」
スポーティさもあるSUV。ならばアドバンテージのあるXVを。

次ページは : ■ステップワゴンが欲しい。でも、フリードで充分だね。その理由は…