販売不振、生産終了… 数奇な運命を辿った「サブネーム」のクルマたち23選


 クルマのイメージアップを図り、販売促進のためにつけられる「サブネーム」。

 しかし、国産車の歴史を振り返ってみると、サブネームを付けられたモデルたちには、残念な末路を辿ってしまうものが少なくない。むしろ成功した例のほうが圧倒的に少ないとすら言える。

 ここでは22台の失敗例、そして1台の成功例を挙げながら、サブネームが作り上げた(?)負の歴史について見ていこう。

【画像ギャラリー】フェリオ、アクシオ、フォルティス…「サブネームのクルマたち」をギャラリーでチェック!

※本稿は2021年12月のものです
文/永田恵一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■2種類の異なるサブネーム

 ランサーは実質的に最終型となったギャランフォルティスまで含め、時代に対応したボディサイズの拡大はあるにせよ、歴代カローラクラスのミドルクラスカーだった。

 1973年に初代モデルが登場し、ランタボの愛称が付いたスポーツモデルが人気となった1979年登場の2代目モデルでランサーEXというサブネームを持つようになった。

 話が難しくなるのはここからで、ランサーEXの販売中にFF車の初代ミラージュのセダン版、2代目ミラージュサルーン(セダンボディ)の兄弟車となるランサーフィオーレが加わるのだが、ランサーフィオーレの販売は振るわなかった。

三菱 ランサーフィオーレ

 1988年登場の5ドアセダンになったモデルから三世代はランサーの車名に戻ったのだが、2000年登場の6代目モデルではランサーセディアとなった。

三菱 ランサーセディア…ランサーは2代目でサブネームのEXが与えられ、そのFF版がフィオーレ。そして2000年登場のランサーセディアは途中ランサーに戻すが日本から消えた

 だが、6代目モデルの途中でランサーの車名に戻り、2016年にはランサーエボリューションの車名も消えてしまった。

 乗用車をベースにしたミニバンとしては世界的に見ても先駆車となったプレーリーは1982年登場の初代モデル、1988年登場の2代目モデルの途中までは単にプレーリーの車名だった。

 しかし、2代目の超ビッグマイナーチェンジの際にプレーリージョイになり、1998年登場の3代目モデルでプレーリーリバティに車名が変わったのだが、3代目モデルのマイナーチェンジでプレーリーが取れたリバティになり、最終的にはラフェスタを後継車に絶版となった。

日産 プレーリージョイ
日産 プレーリーリバティ…1998年2代目のマイチェンでプレーリージョイ→1998年の3代目でプレーリーリバティ→2001年のマイチェンでリバティ→2004年ラフェスタと変遷

■ビッグネームの消えたサブネーム

 シビックは1979年登場の2代目モデル以降セダンもあり、1991年登場の5代目からセダンボディにはフェリオのサブネームが付いた。

 しかし2005年登場の8代目モデルで日本向けはセダンボディのみとなったため、シビックの車名に戻った。

ホンダ シビックフェリオ…シビックフェリオは5代目、6代目、7代目の3世代、カローラアクシオは10代目、11代目の2世代、ファミリアNEOは8代目のみで消えた

 マツダ3の前身となるファミリアはサブネームが付くことの多いモデルだった。

 その中でも1994年登場の8代目モデルでは3ドアクーペ的なNEOがあったのだが、販売低迷により約2年で消滅し、車名も含め通常の3ドアハッチバックとなった。

マツダ ファミリアNEO

 日本向けカローラセダンにアクシオのサブネームが付いたのは2006年登場の10代目モデルだった。

 カローラアクシオは主にビジネスユース向けの5ナンバーボディのカローラとして現在も販売されているが、カローラファミリーが本命の3ナンバーボディに移行しているのを考えると、アクシオの存続もそう長くはなさそうだ。

トヨタ カローラアクシオ

次ページは : ■消滅契機となったサブネーム

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ