スープラはレースでも永久保存指定の名車!!

約15年の空白の時を経て、トヨタ スープラが再び新型車として復活する時が刻々と近づいている。2002年に生産終了したA80型スープラは今なお人気が高く、中古車市場では当時の新車価格に迫る個体があるほど。そして、実はプロの評価も極めて高い車でもある。そのプロのひとりであり、A80スープラで国内トップレースを制した経験を持つのが脇阪寿一氏だ。市販スポーツカーとして人気を集めるスープラは、自分をトップレーサーに引き上げた車でもある、と脇阪氏は綴る。

文:脇阪寿一
ベストカー2018年3月10日号


最初は扱いにくかった!? 名車スープラ誕生の秘話

脇阪寿一/飯田章のコンビで2002年の全日本GT選手権を制したエッソ ウルトラフロー スープラ。 鮮やかなブルーのスープラは、その好成績も相まって一躍人気に
脇阪寿一/飯田章のコンビで2002年の全日本GT選手権を制したエッソ ウルトラフロー スープラ。 鮮やかなブルーのスープラは、その好成績も相まって一躍人気に

僕がホンダ時代にスーパーGTで乗ったタカタ童夢NSXは、レーシングドライバー・脇阪寿一に“スピード”という自信を付けてくれた車でした。

そして今回は、この車を語りたいと思います。エッソ ウルトラフロー スープラ。ーー僕がホンダからトヨタ陣営に電撃移籍、当時いろいろ騒がれました(笑)。

TRD(トヨタのレースカー開発を担う関連会社)の木村さんに「この車を優勝させて俺を泣かせてくれ」と与えてもらった車。

2001〜2005年までチーム ルマンと共に5シーズンを戦い、毎年仕様は異なりますが、やはり、皆さんのイメージする“エッソ ウルトラフロー スープラ”といえば2002年の車でしょうか!? 相棒はもちろん飯田章選手です。

聞くところによりますと、未だにアンケートを取るとスーパーGT史上において人気ナンバーワンはこの車だといいます。

ホンダからトヨタに移籍し、セントラルパーク美祢サーキット(山口県)で、初めてTRDの開発車であるスープラに乗った時の印象は「やばい、エライところに来てしまった!」が正直な感想。ブレーキング時のリアのグリップ変化とターボエンジンのピーキーな特性に苦労したのを思い出します。

テストは進み、チームと合流。チーム ルマンとは、フォーミュラ・ニッポン(=当時、現在のスーパーフォーミュラ)で僕が所属していた鈴木亜久里さんのチーム、ARTAの車のメンテナンスをしていたこともあり知れた仲。スープラのポテンシャルを引き上げ、自分好みの車に仕上げるのに、それほど時間はかかりませんでした。

「やがて手足に」トップレーサーを生んだ名車スープラ

脇阪寿一氏とスープラ。引退セレモニーにて
スーパーGT引退セレモニーで久々に愛機スープラと対面した脇阪寿一氏。スープラはトップレーサーに育てられ、同時にトップレーサーを生み出した車でもある

性格上、「移籍した初戦を優勝で!」と意気込んだ岡山の開幕戦。

気持ちが空回りし、あろうことか古巣タカタ童夢NSXと接触しリタイヤ。次のレースまで移籍したことが正解か間違いか!? この移籍に尽力してもらった方々に対して申し訳ない気持ちと、自分が情けなくって……。悩みまくって過ごした時間を今でも鮮明に覚えています。

続く第2戦富士、開幕戦のミスからメンタルも弱り、緊張につぐ緊張のレース、そしてチームにも恵まれ優勝。トヨタ、TRD、ファンの方々、移籍に尽力いただいた方々に感謝を示す優勝ができ、この後のレースを落ち着いて挑めるきっかけにもなりました。

次第にTRDの開発チームとの距離が近づき、チーム ルマンでレースはするものの、それとは別に、スーパーGTで使用するスープラの開発を任され始めます。そこからエッソ ウルトラフロー スープラは僕の手足となっていきます。

2002年にはスーパーGTのタイトルを、2003年には未だにファンの皆さんの間で語り継いでもらっているスポーツランド菅生(宮城)、最終周最終コーナーでの大逆転劇! 飯田選手、チーム ルマンと共にそれは濃い濃い時間を過ごし、スープラは僕を「ミスターGT」へと引き上げてくれた車です。

その2002年仕様エッソ ウルトラフロー スープラは、トヨタの永久保存指定車となり、今もなおTRDの方々によって動態保存されています。

僕のスーパーGT引退セレモニーでもこの車を運転させていただき、当時がフラッシュバックしましたね。

レーシングドライバーとして、自分と共に戦ったスープラが、今もファンの方々に愛され、そして自動車メーカーの永久保存指定車に指定されていることが、どれほど名誉な事か。

ともに戦ったすべての皆さんと、素晴らしいライバルの車たち、ライバルであった皆さんに感謝です。

■トヨタ A80型スープラ

A80型はトヨタのFRスポーツ車、スープラの歴代4代目となるモデルで1993年にデビュー。搭載エンジンは直列6気筒、3Lで、自然吸気仕様と280psを発揮するターボ仕様をラインナップ。2002年に生産終了となるが、レースシーンでは活躍を続けた。スーパーGTでは1997年、2001年、2002年の計3回チャンピオンを獲得し、通算26勝をあげた。

◆脇阪寿一

1972年生まれ、奈良県出身。国内トップレースの全日本GT選手権(現在のスーパーGT)では、スープラを駆り2002年にシリーズチャンピオンを獲得。その後、2006年、2009年にもチャンピオンに輝く。全日本GT選手権/スーパーGT通算3度のシリーズチャンピオン。2015年をもってスーパーGTから引退。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ