ときめいたら買い時!! タミヤの完成モデルXBシリーズはRCスタートに最適


 自分の愛車もしくは買いたいと思っているクルマは、ミニカーなどで手元に置いておきたいものです。それがRCカーならばさらに楽しめるはず! RCカーは自分で作るのも楽しいのですが、すぐに遊び始めたい方には、タミヤのXBシリーズがおススメです。

 XBとは「エキスパートビルド」の略。専門の組み立てスタッフが製作しているので、ボディもシャーシも最初から完成度の高いマシンに仕上がっています。

 最新作だと、GRスープラやGRヤリス、MAZDA3、スバルWRX STIなど実車にあるスポーツモデルが多数登場しており、選ぶのが大変なほど。今回は、はじめの一歩に最適なタミヤのXBシリーズをご紹介します。

文/吉川賢一、写真/株式会社タミヤ

【画像ギャラリー】話題のスポーツカーからオフロードマシンまで!! タミヤのXBシリーズを写真でチェック!!


■XB(エキスパートビルド)の冠がついた、完成度の高いモデル!!

セットの中身は 送信機、バッテリー、充電器が含まれており、箱から出してバッテリーを充電すれば、すぐに走りが楽しめる

 長年、RCカーの面白さに魅了されてきたRCカーファン(筆者も)ならば、「手軽にRCカーをやってみたいんだけど?」と相談されたら、おそらく多くの方が、このXBシリーズをお勧めすると思います。

 それは、XBセットが「初心者向けだから」という意味ではなく、初心者が訳も分からずに作り上げたマシンよりも、調整がなされていてきちんと走る、「完成度の高いモデル」だからです。それ故、組み立てに自信がない方や、すぐにでも遊びたい方にとっては、XBシリーズがひとまず最適なのです。

多くのXBシリーズに使用されているTT-02シャーシは、縦置きモーターシャフトドライブ方式の4WDモデル 多彩なボディが装着可能なのに加え、フラットダートからオンロードまで用途に応じたセッティングが楽しめる

 一般的なツーリングカータイプの場合、全長350mm、全幅190mmほどのサイズ感。実車さながらのボディはクオリティ高く、走らせずに飾っておくのもよし。

 本体セットには、送信機、バッテリー、充電器がセットになっていますので、箱から出してバッテリーを充電すれば、すぐに走りが楽しめます。

 セットについてくるバッテリーは、走らせ方によりますが、だいたい15分前後は連続走行が可能。プロポはホイラータイプのファインスペック2.4G。グリップの太さを調節できるので、お子さんの小さな手にも調節ができるのはよいところでしょう。

ファインスペック 2.4G プロポセット 送信機はホイール・トリガータイプ。グリップカバーの脱着でグリップの太さ調整ができるので、小さなお子さんの手にも合わせられる

 現在、XBシリーズは、GRスープラのやGRヤリスのようなロードカー、ヤリスWRCやルマンマシンのTS050ハイブリッドのような現代レーシングカー、グラスホッパーやホーネットといった懐かしのオフロードマシン、そして、6輪車やビッグタイヤのオフロードモデルなど、数十種類以上あります。

 走行させる場所によって、モデルを選ぶとよいでしょう。

■舐めてはいけない!! XBシリーズの侮れないポテンシャル

トヨタのスポーツカーGRスープラもXB化されている RCカーとは思えないほどに、ディテールまで良くできたボディだ (TT-02シャーシ税抜25,800円)

 大半のXBモデルは、「TT-02シャーシ」と呼ばれるシャーシが採用されています。このTT-02シャーシ、実は、走行ポテンシャルが非常に高く、このTT-02に、オプションパーツをいくつか足したTT-02 TYPE-SRといったレース指向のキットもあるほど。

 TT-02専用のオイルダンパーやスプリング、補強のためのカーボンパーツ、強化樹脂のシャーシなど、多数存在するオプションパーツでクルマをカスタマイズしていくのも楽しみ方のひとつ。チューンナップによる発展性も非常にあります。

2020年のWRCを戦ったトヨタガズーレーシングWRT/ヤリスWRCもXB化されている(TT-02シャーシ税抜25,800円) オフロード用のタイヤを履いてアウトドアで走らせたい!!

 XBセットから発展して、最初に着手するおススメパーツもあります。

 フルベアリングセット(燃費の向上とメンテナンスサイクルが伸びる)、アルミモーターマウント(冷却効果が高くモーター性能を長く維持できる)、ユニバーサルシャフトセット(耐久性UP、脱落を防ぐ)、アルミホイールハブ(タイヤ交換がスムーズになる)、などがタミヤから紹介されています。

 さらに、クルマの動きを劇的に変えたければ、モーターやタイヤ、予算があればハイスピードなステアリングサーボへ交換をすると、効果が体感できるはず(見違えるように変わります)。

ルマンで総合優勝したトヨタガズーレーシングTS050 HYBRIDもXBがある。シャーシはF103GTという後輪駆動モデルだ(税抜34,800円)

 ボディは、ホイールベースが同じであれば、他のものに交換することも可能。

 スペアボディは4000円~5000円(クリアボディ、ステッカー付)ほどで販売されているので、キットを買うよりもずっと安く済みます。クリアボディへの密着度が高いポリカーボネイト用スプレー(600円~)で、好きなカラーや模様に塗ることで、ボディも気分もリフレッシュできます。

 なお、背の低いGRスープラから、GRヤリスのような背の高いボディへと変更する場合には、ボディポストのスペアパーツも必要です(OP.1604 ボディマウントエクステンションセット 税抜560円)。

ニュルブルクリンク耐久レースでカテゴリ優勝したSUBARU WRX STI NBRチャレンジ、ロゴやカラーは、ステッカーで完全再現されている (TT-02シャーシ 税抜25,800円)

 ちなみに、RCカー用ボディ制作を職業にされているペインターさんもおられます。非常に奥深い世界でもありますが、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

次ページは : ■よりディープな世界へ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ