クラウンはなぜ窮地に立たされているのか!?? 国産セダン王者の軌跡と功績


 昨年(2020年)秋の「次期型クラウンはSUVか」という衝撃的な報道から、約3か月が経過した。トヨタ販売店には従来のクラウンファンから多くの問い合わせがあったようだが、当のクラウンはそうした噂などどこ吹く風で、同年11月に一部改良を実施したこともあり(内外装の変更と安全装備の向上)、淡々と販売中。

 往年の売れ行きと比べるとかなり寂しくはあるが、それでも2021年1月は2146台を販売。登録車販売台数ランキングでは第27位につけている(ちなみに26位はスバルのフォレスターで、28位はダイハツロッキー)。

 クラウンは、依然根強い人気がある。少なくとも国産セダンのなかでは人気トップに君臨し続けている。それでも「かつての王者」の面影は薄くなり、日本市場のセダン離れもあって、この先、大きく売り上げを伸ばすのは難しいだろう。

 なぜクラウンは(「次期型はSUV」などと報じられてしまうほどに)人気を墜としてしまったのか。原因はクラウン自身にあるのか。それとも世相か。現行型クラウンの実力はどれほどのものなのか。そしてこの先、クラウンはどうなってゆくのか。

 カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏に、日本自動車産業全体の構造と人気変化を俯瞰しつつ、分析していただいた。

文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】やっぱり偉大でカッコいい!! 日本セダン界の先頭を走り続けてきた歴代クラウンの勇姿


■次期クラウンはSUV…!?

 クルマ関連のニュースで最近驚かされたのが「次期クラウンはSUVになる」という報道だ(2020年11月11日付け中日新聞)。クラウンは1955年に初代モデルを発売して以来、セダン(天井を低く抑えた4ドアピラードハードトップを含む)を主力に進化してきた。報道によると、トヨタはこのクラウンの次期型をSUVに変更するよう開発を進めているという。

キング・オブ・国産セダン「クラウン」 人気凋落の原因と行方
トヨタはこのクラウンの次期型をSUVにするよう開発を進めている..?

 本件についてトヨタに真偽を尋ねると、

「弊社の発信した情報ではない。商品開発では、常にさまざまな可能性を検討している」

 という。当然の反応だが、報道されたからには社内にも相応の動きがあるのだろう。

 You Tubeで配信される『トヨタイムズ』(トヨタのPR動画)の「世界大会」映像を見ると、豊田章男社長自身が「聖域はなく、クラウンをこれまでの概念に囚われない新しい視点で考える」という趣旨の発言をされている。

■クルマの価値観による売れ行きの変化

 クラウンをSUVに変更した場合、大幅に路線を変える理由は販売の低下だ。

 過去を振り返ると、クラウンは1990年に、シリーズ全体で約20万5000台(1か月平均で1万7000台)を登録した。この実績は2020年のN-BOXやヤリスを上まわる。

 しかしこの後にミニバンが売れ行きを伸ばし、日本市場において「セダン離れ」が進んだ。クラウンの2000年の登録台数は約10万1000台(1か月平均で8400台)だから10年間で半減した計算になる。

 2010年には国内で売られた新車の35%を軽自動車が占めて、コンパクトカーも増えたから、セダンの売れ行きは一層下がった。クラウンの登録台数も、2010年には約4万1000台(1か月平均で3400台)となった。

 2012年に登場した14代目クラウンでは、直列4気筒2.5Lハイブリッドが搭載され、売れ行きが若干上向いた。2015年は約4万4000台(1か月平均で3700台)になったが、再び下がり、2019年はコロナ禍の影響を受ける前だが約3万6000台(1か月平均で3000台)だ。

 以上の販売推移から分かる通り、この30年間で、クラウンはセダンと共に売れ行きを下げ続けた。

キング・オブ・国産セダン「クラウン」 人気凋落の原因と行方
クラウン販売台数の推移グラフ

 販売台数低下の一番の理由は、ユーザーのクルマに対する価値観の変化だ。クルマが憧れの高額商品だった時代には、居住空間の後部にトランクスペースを備えるセダンが人気を高めた。造形的な美しさを表現できるからだ。

 ところが1990年代に入ると、エスティマやセレナなどのミニバンが急増した。所得が増えた割にクルマの価格は高まらず、憧れの高額商品から日常的なツールとして普及したからだ。女性の運転免許保有者数も増えた。男女別の推移を見ると、男性については、1990年の保有者数は1970年の1.8倍になる。ところが女性は4.8倍に急増した。

 つまり1970年頃の世帯では、妻が運転免許を持っていないことも多かった。クルマは夫の持ち物で、週末に使う趣味の対象だから、カッコ良さにもこだわってセダンが好まれた。

 しかし20年後の1990年には、女性の運転免許保有者は5倍近くに増えていたから、クルマは夫婦で使う。夫が乗るのは主に週末だが、妻は買い物や子供の送迎など、毎日街中を中心に運転する。

 そうなると室内の広さがセダンと同等でも、全長を短く抑えられる運転のしやすい割安なコンパクトカー、あるいは子供を同乗させて荷物も積みやすいスライドドアを備えたミニバンが便利に使える。たとえクルマ好きの夫はセダンが欲しくても、使用頻度の高い妻の意見が優先され、コンパクトカーやミニバンが売れ行きを伸ばした。

 最近これら(コンパクトカーやミニバン)に設定されるエアロパーツ装着車が人気を高めている背景には、「ミニバンを買うなら、せめてグレードだけは僕に選ばせてくれ」という夫の悲哀があったかも知れない。

次ページは : ■2018年クラウンのコンセプトは..若返り

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ