SUVブームの蚊帳の外!? RAV4とCR-Vの違いはどこにある?


 かつて宿命のライバルであり、一度日本市場から消えたのちに復活したという同じような経緯を持つトヨタRAV4とホンダCR-V。しかし現在、RAV4は人気があるいっぽう、CR-Vの売れゆきは今ひとつという状況。2020年販売台数はRAV4が5万4848台、CR-Vが6140台と大差がついた。

 車格はほぼ同じである2台。すると、この売れゆきの差はクルマの出来なのか? SUVブームで盛り上がるなか、いま一歩ブレークできていないCR-Vは、売れているRAV4と何が違うのか? 

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】『CR-V』vs『RAV4』! どっちが好みか写真でチェック!!


■現行モデルで国内復活デビューを飾ったRAV4とCR-V

 最近はSUVの人気が高い。新型車の発売も活発で、直近ではヴェゼルとアウトランダーの次期型が披露された。新車として売られるクルマに占めるSUVの比率は、2000年代は約7%だったが、今は約20%でミニバンに迫る勢いだ。

 しかし、すべてのSUVが好調に売れているわけではない。ライバル車同士で明暗を分けることも多く、その典型がRAV4とCR-Vだ。

カムリと同じGA-Kプラットフォームを持つ『RAV4』。悪路走破性の高い2Lガソリン4WDモデルと、動力性能が高い2.5Lハイブリッドモデルをラインアップする
『CR-V』は低速から力強く加速する1.5L VTECターボエンジンモデルと、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」搭載のモデルがあり、どちらにも電子制御による「リアルタイムAWDシステム」がラインアップされている

 現行RAV4は2019年4月、CR-Vは2018年8月に登場した。両車とも1990年代に初代モデルを国内で発売して、人気を集めて進化を続けたが、次第に北米などの海外指向を強めたクルマへと変わっていき、国内の売れゆきを落とした。その結果、両車とも国内販売を一度終了している。

 それが復活したのは、日本でもSUVの人気が盛り上がったからだ。ホンダは2013年に国内市場に合ったコンパクトSUVのヴェゼル、トヨタも2016年に手頃なサイズのC-HRを投入して、それぞれ人気車になったが、SUV需要はさらに増加していく。

 そこで商品ラインナップを強化するために、RAV4とCR-Vを復活させた。

■売れゆきはRAV4が好調なのに対してCR-Vは……

 ところが両車の売れゆきには大差が生じた。RAV4はコロナ禍の影響を受けながらも、2020年には5万4848台(1カ月平均で4571台)を登録した。アクアやノアと同等の売れゆきで、小型/普通車の販売ランキングでは中堅から上位に位置する。

 一方、CR-Vは6140台(1カ月平均で512台)に留まる。比率に換算するとRAV4の11%だ。両車とも全長は4600mm少々、全幅も1860mm前後のライバル車同士なのに、売れゆきはまったく異なる。

 販売格差の背景には、複数の理由がある。まずは商品特性の違いだ。最近は前輪駆動ベースのシティ派SUVが浸透した影響もあり、そちらは市場が飽食気味だ。そのため、SUVに原点回帰のニーズが生まれ、野性味の伴うSUVが好まれる傾向も出ている。

 例えばランドクルーザープラドは、日本では走破力の本領を発揮する機会を得にくい悪路向けのSUVだが、2020年には約2万4300台(1か月平均で2000台少々/ランドクルーザー200を除く)を登録した。同じく本格オフローダーのジムニー/ジムニーシエラの高い人気も長く続いている。

 さらに小型/普通乗用車でトップ水準の売れゆきとなるコンパクトSUVのライズは、前輪駆動ベースのシティ派だが、フロントマスクは悪路向けの印象が強いデザインだ。このように以前に比べると、野性的なSUVが好調に売れている。

次ページは : ■RAV4は悪路に強い4WDとタフな印象のデザインを採用

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ