貴方は経験ある?左ハンドル車の運転が難しく感じる理由


ちょっとしたメリットも

 そんな左ハンドル車にも、ほんのちょっとだけメリットがあります。それは、左側の感覚がつかみやすいため、路肩にクルマを寄せることがしやすく、右ハンドル車よりも縦列駐車が簡単にできること、です。右ハンドル車で、路肩にクルマを止めようと寄せ過ぎて、ホイールを「ガリッ」と削ってしまうことが、多少は防げるかもしれません。

右ハンドルだと、左側にある路肩までの感覚がつかみにくいが、左ハンドルだとカンタン(PHOTO:acworks@写真AC)
左ハンドル車の場合、左足のフットレストはフロントタイヤの裏側に作られるのでスペース効率が良い アクセルペダルはセンターコンソール側となるので、FRや4WDのようなプロペラシャフトが通るクルマだと、アクセルペダル付近のレイアウトが厳しくなることもある(PHOTO:gargantiopa@Adobe Stock)

決して難しくはない

 普段、日常の足として使うには不便な左ハンドル車ですが、なかには、左ハンドルのマニュアル車といったマニアックなクルマを好んで乗る方もおられ、いまでも左ハンドル車ならではの優越感の虜になっているかたは少なくないようです。

左ハンドル車の運転が、特別難しいわけではない 落ち着いて運転すれば何の問題もない(PHOTO:acworks@写真AC)

 輸入車関連のお仕事をされている方や、海外で運転をされたことがある方は、左ハンドル車に触れる機会はわりとあることでしょうが、日本で普通に生活をしていて、左ハンドルのクルマを運転する機会は多くないでしょう。いろいろなクルマに乗らせてもらう機会が多い筆者のような者でも、左ハンドル車に出会うのは、ごく稀です。

 しかし、左ハンドル車の運転が、特別難しいわけではありません。落ち着いて運転すれば、何の問題もないです。このコロナ禍が落ち着いて、自由に海外旅行へ行けるようになったとき、海外で(右側通行という違和感はありますが)左ハンドル車を運転してみるのも良いかもしれません。

【画像ギャラリー】ここだけは気を付けて!! 左ハンドル車を運転する際に気を付けるべきポイントをギャラリーでクイックチェック!!