イタルデザインがまさかの示唆!! 心躍った名車デロリアンに復活の可能性あり!?


 今年2021年はかつてアメリカにあった自動車メーカーであるデロリアンモーターカンパニー(DMC)が唯一リリースし、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場したタイムマシーンのベースカーとして使われた『デロリアン(正式な車名はDMC-12)』が登場してから40年の節目である。

 という背景もあり少々旧聞となるが、2021年1月21日にVW『ゴルフ』やフィアット『パンダ』、日本車ではいすゞ『ピアッツァ』や日産『マーチ』、トヨタ『アリスト』のそれぞれ初代モデルなどのデザインを手掛けたイタリアの名デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏が設立したデザイン会社の「イタルデザイン」が、同社がデザインした『DMC-12』の40周年を祝うとともに、「VISION BEYOND TIME」というDMC-12の復活を示唆するプロジェクトの立ち上げを公式ツイッターに投稿した。

 当記事ではかつてのDMC-12を振り返るとともに、VISION BEYOND TIMEプロジェクトで復活の可能性が出てきた現代版DMC-12の姿を予想してみた。

文/永田恵一
写真/Italdesign

【画像ギャラリー】時を駆けるクルマ!? DMC-12を画像で確認!


■DMC-12とはどんなクルマだったのか?

 DMC-12の前にDMCは、GMでポンティアックやシボレーを率い、副社長も務めたジョン・デロリアン氏がGMを退職し、自分の理想とするクルマを造るために1975年に設立した自動車メーカーである。

 1981年に登場したDMC-12は未来的なガルウィングドアを持つ、全長4267×全幅1988×全高1140mmというボディサイズとなる2人乗りのスペシャリティカーで、開発はデザインをイタルデザイン、メカニカルな部分はロータスカーズ、生産はDMC社がアイルランドに立ち上げた工場で行うというものだった。

特徴的なステンレスの外装にガルウィング、RRに搭載するエンジンは2849ccのV6、130馬力だ 人気の高さもあり、現在でも修復部品がほぼ完全に揃う

 DMC-12の成り立ちはロータスカーズによるエンジンをリアに積むバックボーンフレーム+FRP製ボディ、ボディパネルをステンレスとし、パワートレーンはプジョー、ルノー、ボルボの3社により共同開発されPRVと呼ばれた2.8リッターV6エンジンに5速MTと3速ATを組み合わせるというものだった。

 DMC-12のステンレスを使ったボディは塗装されず、加工の際にサンドペーパーで付いたキズをそのままにするヘアライン仕上げとした点も特徴で、インテリアはエクステリアに比べると比較的オーソドックスな仕上がりだった。またリアエンジンだけにフロントのボンネット部分に加えシート後方にも相当な荷物が積めるラゲッジスペースが確保されていた。

 DMC-12には純金パネル仕様が追加され、ターボ車や4人乗りの4枚ガルウィングドア仕様といったバリエーションも計画された。しかしDMC社はアイルランド工場立ち上げの条件だったイギリス政府からの補助金交付の停止や、ジョン・デロリアン氏のコカイン所持による逮捕(最終的には無罪だった)、さらにDMC-12自体の販売も伸び悩むなど歯車がうまく噛み合わず、資金繰りのショートにより倒産。工場も閉鎖され、DMC-12の生産も1982年12月24日分が最後となった。

 ちなみに映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開は1985年だったため、DMC-12が再び注目されたのはDMC社の倒産とDMC-12の生産終了からかなりあとというのも皮肉なものである。

 なおDMC-12はファンが多いクルマということもあり、DMC社が倒産した現在も多くのパーツの供給が続いており、日本にもDMCジャパンという専門ショップがある。またDMC-12はEV化などによる復活が何度か計画されたが、今のところ実現してない。

2013年頃に外観そのままでEV化して発売の噂が流れたが、現在実現はされていない

■DMC-12が復活するとしたらどんなクルマになる!?

 イタルデザインが公式ツイッターで発表した画像は、かつてのDMC-12とガルウィングドアということはわかる現代版と思われるDMC-12が上下に並んだものだけである。

 そのため完全に筆者の想像となるが、もしDMC-12がイタルデザインの手により復活するのであれば、スカイラインGT-R時代を含めた日産『GT-R』とイタルデザインそれぞれの50周年記念車として開発された『GT-R 50 byイタルデザイン』のように既存のモデルをベースにDMC-12を思い出させる内外装を持つという成り立ちになるだろう。

『GT-R 50 byイタルデザイン』のようにベース車両を持つ?

 ベース車は、DMC-12が当時から未来を見据えたクルマだった点も考慮するとEVが似合うこともあり、0-100km/h加速2.1秒、0-400m加速8.8秒、最高速400km/h以上、航続距離1000kmというタイムマシーンのような性能を公表しているテスラ『ロードスター』の2代目モデルがピッタリかもしれない。

テスラ『ロードスター』はベースモデルが約2270万円と言われているので、これをもとにするとしたら金額もスーパーになりそうだ

 いずれにしてもDMC-12が現代に復活するのであれば、志半ばで2005年に80歳でこの世を去ったジョン・デロリアン氏が天国から喜んでくれるようなクルマとなることを期待したい。

時を超えて、ついに2021年に復活が発表されるのか 続報に期待だ

【画像ギャラリー】時を駆けるクルマ!? DMC-12を画像で確認!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ