量販店で買えるタイヤと違うの!? 純正タイヤがじつはひと味違うという事実


 純正装着のタイヤには、車種専用設計されているタイヤが存在する。だが、車種専用設計といわれても、一体何が専用なのか? と思う読者も多いことだろう。

 そこで今回は、純正タイヤで専用設計するのはなぜか? どんなクルマで専用設計のタイヤが採用されているのか? そして、どのような点で市販品とは異なっているのか? についてわかりやすく解説していきたい。

文/斎藤聡
写真/HONDA、SUBARU、CONTINENTAL、編集部

【画像ギャラリー】あんなクルマもこんなクルマまで!? 専用設計タイヤを履いたクルマを見てみよう!


■欧州では浸透 国産車でも広がる認証制度とは何か?

 国産車のタイヤには認証マークを付けている例が少ないので、あまり知られていませんが、じつは標準装着タイヤの多くは専用に開発されています。

 ブリヂストンのカタログを見ると、『POTENZA S001、RE050は上記標準装着及びオプションタイヤと、市販タイヤで外観・性能等が異なる場合がありますので、詳しくはタイヤ販売店等、もしくは当社お客様相談室へお問い合わせください。』と書かれています。

 欧州ではタイヤの認証制度が広く浸透していて、BMWなら「☆」、ポルシェは「N」、メルセデスベンツは「MO」、アウディは「AO(RSモデルはRO)」といった具合に、メーカーごとに特定のブランドの特定のサイズに認証マークをつけて、装着を推奨しています。

コンチネンタルの「OEマーク」。アウディの承認マークである『AO』の文字が刻印されている

 メーカーによっては、認証タイヤが装着されていないと、保証が受けられないケースもありますから注意が必要です。

 最近では国産車も認証マークを付ける例が出てきました。例えばマツダ『マツダ3』には「MAマーク」が付けられています。マツダ3に関しては発表会でもタイヤの構造に言及して、タイヤダンピングを下げてしなやかにしている、といっていますから、サスペンションとのマッチングを図るためにも認証タイヤであることを前面に押し出しているのかもしれません。

 欧州メーカーでは先に触れたように認証マークが付けられていますが、国産車の場合はむしろ新車装着専用タイヤ=OE(オリジナル・エクイップメント)タイヤとして専用タイヤを用意している例のほうが多いと思います。

 新車装着用の安物タイヤ? と思われるかもしれませんが、じつはOEタイヤは専用開発されているのです。

 コンパクトカーでは操縦性よりも転がり抵抗や、ロードノイズなどを重視する傾向が強いのですが、そのクルマにフィッティングしているという意味では、メーカーの狙った性能を出すために専用開発されているわけです。

■OEタイヤだからと侮るべからず! その特別さを解剖

 だいぶ昔の話になりますが、ブリヂストン『ポテンザRE86』という名作OEタイヤがありました。たくさんのスポーツカーやスポーティカーに採用されていました。このタイヤ、ボクが知る限りコンパウンドが11種類ありました。もっとあったのではないかと思います。当然タイヤの構造もチューニングされていたはずです。

 クルマはそれぞれにサスペンション形式が違い、駆動方式が異なり、重量が違います。またメーカーが狙ったクルマのキャラクターもあるわけです。そうしたクルマの個性にマッチングするようにタイヤ性能をタイヤメーカーにオーダーしているのです。

GRB型スバル『インプレッサWRX STI』。高性能スポーツ車の純正タイヤとして開発されたポテンザRE070を履いていた

 欧州のメーカーだとタイヤのモデルチェンジサイクルと、自動車メーカーの新型車開発に合わせて、タイヤの開発も行います。

 少し前になりますが、ホンダ『シビックタイプR』とコンチネンタル『スポーツ・コンタクト6』が共同開発していました。このタイヤを履いてシビックタイプRは、当時のニュルブルクリンクFF市販車最速の座を手に入れたのでした。

FK2型『シビック タイプR』は2015年3月ニュルブルクリンクで、当時のFF量産車最速タイム「7分50秒63」を叩きだした

 ちなみに、こうして作られた新型タイヤがリプレース(市販)タイヤとして売られる場合は、さまざまなクルマに合うようにチューニングされるのです。また新型タイヤをベースに、新たに別の新型車とのマッチングを図るということもあるそうです。

 以前VW『ゴルフ』に、コンチネンタル『スポーツ・コンタクト5』、ミシュラン『パイロットスポーツ4』、グッドイヤー『イーグルF1』、といったタイヤを履き比べたことがあるのですが、その時驚いたのは、標準装着のピレリ『P7』が上記タイヤと比べても見劣りしない絶妙のマッチングを見せたことです。

 タイヤのカテゴリーでは比較タイヤよりも純正のほうが一格下なので、ライバルタイヤはそれぞれによさや魅力を感じることができたのですが、クルマとのマッチングの点でP7がよく、チューニングの巧みさに感心したのでした。

 フォルクスワーゲンはタイヤに認証マークを付けていませんが専用の部品番号があり、ディーラーでオーダーすると手に入れることができます。

 もちろんすべてのクルマの純正タイヤが市販タイヤよりいいというわけではありません。特に最近はカタログ表示する燃費性能も重視されるため、車種によらず転がり抵抗要件も純正装着タイヤの内容に盛り込まれているようです。特にコンパクトカーやファミリーカークラスでは燃費のよさも大切な性能なので、転がり抵抗を重視したタイヤが装着されていることも少なくありません。

 安価なクルマは、タイヤにコストがかけられないため、車種によっては転がり抵抗を重視したタイヤが装着されているケースがあり、こうしたタイヤは相対的にウエットグリップが弱いということも考えられます。

 逆に、走りや乗り心地にこだわりを持ったミドルからプレミアムクラスのクルマだと、その性能を引きだすためにタイヤもチューニングされているといえます。

【画像ギャラリー】あんなクルマもこんなクルマまで!? 専用設計タイヤを履いたクルマを見てみよう!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ