ついにVW8代目ゴルフ日本導入! マイルドハイブリッド採用でどう変わったのか!?

ついに日本導入! マイルドハイブリッド採用で世界のベンチマーク「ゴルフ」はどう変わったのか!?

 VWは8代目となる「新型ゴルフ」を、2021年内に日本導入することを2月9日に発表、予約注文を開始した。

 8代目の注目ポイントは、排気量 1.0L のマイルドハイブリッドシステムを採用した「eTSI Active」だ。

 Cセグのなかで世界的なベンチマークとして扱われる「ゴルフ」がどのように変わったのか、日本仕様はどのくらいの価格で登場しそうかなど解説していきたい。

文/渡辺敏史
写真/VW

【画像ギャラリー】ついに日本導入決定 !! 8代目VW「ゴルフ」本国仕様写真集


■待望の8代目「ゴルフ」日本導入が発表され、予約キャンペーンも開始

 8代目となるVW『ゴルフ』が発表されたのは2019年秋のこと。2020年は欧州での銘柄別販売台数で1位に輝いている。その数、31万台余。

 ちなみに同時期に発表されたVW初の専用設計BEV(バッテリー電気自動車)となる『iD.3』は欧州で約7万台の受注、2020年の販売台数は約6万台だという。

こちらが8代目「ゴルフ」1.5eTSI(本国仕様)のフォルム。ひと目でゴルフとわかるデザインは継承されている。グレードに”e”が付くように全車48Vマイルドハイブリット車となる

 これをどう見るかは人それぞれだ。が、個人的には欧州市場でのBEVの販売伸長が喧伝される、その熱波の渦中でゴルフはけっこう善戦していたんだなぁと思った。

「2025年には販売の1/3がBEVになるとか言われているけど、そんなの無理に決まってるじゃないか」

 それは2019年の冬、新型ゴルフの試乗会におもむいた際のこと。欧州の拙速なBEVシフトの中、VWの中でゴルフのプライオリティは低くなっているのかとちょっと意地悪に問いかけると、お前もクルマの仕事をしているのだったらそのくらいのことはわかるだろう? と諭すようにこう答えたのは開発を担当したエンジニアだ。政治側の盛り上がりとは裏腹に、やっぱり現場は冷静なんだなぁと感じたことをよく覚えている。

 と、その新型ゴルフ、本国での発売から1年以上が経つ中で、ようやく日本導入の目処が立ちつつある。

リアスタイルもやはり「ゴルフ」だが、空力的に洗練され、カッコよさが増した……気がする。早く日本に導入して欲しい期待感もマシマシだ !!

 この3月末までVWのディーラーでは予約注文キャンペーンを実施中。注文時にオプション5万円相当をサポートするのに加えて、4月末までに愛車が車検を迎えるユーザーには、継続車検費用を10万円ぶんサポートして、納車時までその愛車に乗り続けられるという特典を用意している。

 決算の勝機を逃すまじというわけだが、ここから推するに日本導入の正式発表はこの春、納車開始は年央あたりからという流れになるだろうか。

■欧州での発表から1年以上……日本導入に時間がかかった要因は?

 それにしても新型ゴルフ、なぜこれほど導入に時間が掛かったのか。考えられる最大の理由は世界的なコロナ禍によるものだ。特に欧州では厳しいロックダウンが相次ぎ、調達や生産のスケジュールが大幅に狂ったことは想像に難くない。

 そしてもうひとつの理由と目されるのが、仕向け適合作業の難航だろう。新型ゴルフの最も大きな進化のポイントはデジタライズにあり、ナビやエンターテインメント、空調や各種設定などは「イノビジョン」と呼ばれるセンターのタッチパネルモニターに統合。階層の深いコマンドも含めて、AIボイスコントロールが担う領域が広げられている。

8代目「ゴルフ」のインパネ。デジタライズが進んでおり、シンプルな印象。シフトレバーの小ささに対し、フットレストの大きさがやたらと目につくのは、足の置き場が重要になることの暗示か?

 要はメルセデスでいうところの「MBUX」、BMWでいうところの「インテリジェントパーソナルアシスタンス」がVWにも採用されたということだが、固有名詞を含む地図連動などもあり、この日本語環境構築が相当に手間であることは想像に難くない。

 一方で、今後のVWの新型車はこの新型ゴルフと同じ電子アーキテクチャーを使うことは間違いなく、システムをきちんと走らせられるか否かはほかのモデルの展開にも関わってくる。

 実際、僕も新型ゴルフが路上テストを行う姿は昨春頃から頻繁に見掛けており、近頃はエンブレムなどのカモフラージュもなく丸裸で走る姿を目撃した。発売に向けての具体的な動きが始まったということは、こういった関係者の労が日の目を見る、その目処が立ったということだろう。

次ページは : ■気になるグレード展開や進化など8代目「ゴルフ」の注目点とは!?