【新型ゴルフ、ポルシェ、フェラーリ大公開!!!】東京モーターショーに出なかった超大物輸入車たち


 今回の東京モーターショー2019(以下、TMS)の会場に輸入車の展示ブースがほとんど見られないことに驚いた方も多いはず。

 2019年は春先から9月のフランクフルトショーに至るまで、魅力的な輸入車が続々と登場しているのに、残念ながら輸入車に関しては、TMSに出展したのは、メルセデスベンツ、ルノー/アルピーヌ、BMWアルピナのわずか4ブランドのみ。「見たかった!」と悔しい思いをしている人も多いに違いない。

 ということで、「もし東京モーターショーに多数の輸入車メーカーが出展していたら、こんなクルマが公開されていた!」という想定で、紹介していきたい。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】東京モーターショーに出展しなかった注目の輸入車詳細


顔付きが変わったが超キープコンセプト/新型VWゴルフ(8代目)

●欧州発表(公開日):2019年10月24日、欧州発売予定:2019年12月、日本導入予想時期:2020年5月

ボディサイズは全長4284×全幅1789×全高1456mm、ホイールベースは2635mm。現行ゴルフ7と比べると全長は26mm長く、全幅は10mm狭く、全高は36mm低くなった。これまで拡大路線を続けてきたゴルフのボディサイズの成長は小休止か 。顔付き以外は超キープコンセプトだ
太いCピラーは継承。テールランプのデザインは変わったものの、超キープコンセプトのデザイン

 ちょうど東京モーターショーが始まったばかりの2019年10月25日(欧州は24日)、8代目となった新型ゴルフが発表された。

 8代目ゴルフは、現行モデルで用いているプラットフォーム「MQB」(モジュラー・トランスバース・マトリックス)の最新バージョンがベース。

 ボディサイズは全長4284×全幅1789×全高1456mmで、現行と比較すると26mm長く、10mm狭く、36mm低くなり、およそすっきりとまとめられた感がある。ホイールベースは2636mmと7代目(2637mm)からほぼ維持されている。CD値が0.275と低く抑えたのは燃費向上の狙いが多いはずだ。

 「210km/hまで機能するドライブアシストシステムを採用」とコメントされてはいても、自律自動運転化技術などについての具体例は示されず。電動化の手法などについては、発売までには明らかにされるはずだ。

 さらに概要を追っていくと、TSI(ガソリン)、TDI(ディーゼル)、TGI(天然ガス)、eTSI(48Vのマイルドハイブリッド)、eHybrid(プラグイン・ハイブリッド)のパワーユニットが設定され、欧州でのエンジンの仕様は現状で8種類のパワースペックを用意。ガソリンの3気筒/4気筒、4気筒ディーゼルで構成される。

10.25インチデジタルメーターと8.25インチインフォテイメントシステムをシームレスにつないだ大型ディスプレイを標準装備。安全システムに高速道路でステアリング、加速、ブレーキを制御する「Travel Assist」、車両間で情報を共有する「car-to-x」ナビゲーションを採用
シフトバイワイヤー式のセレクターレバー

 トランスミッションはビッグマイナーチェンジで採用された湿式7段DSG(デュアルクラッチ・トランスミッション)の採用が拡大されることが予想される。

 ゴルフ8は補機類などに利用する電力の効率化を図る48Vシステムとリチウムイオンバッテリーを利用した電動化を進めることを明確にした。新プラットフォームの使用を大前提にして開発された8代目の真価が、この先問われていくことになる。

 欧州での発売は2019年12月を予定している。気になる日本導入時期は、早ければ2020年5月になると予想。

■新型ゴルフ8のパワートレインとスペック
●直列3気筒1Lガソリンターボ/90ps 、110ps
●直列4気筒1.5Lガソリンターボ/116ps、150ps
●直列4気筒2Lディーゼルターボ/113ps 150ps
●eTSI(48Vマイルドハイブリッド)/110ps、130ps、150ps
●eHybrid(プラグインハイブリッド)/直列4気筒1.4Lガソリンターボ+電気モーター:204ps、13kWhリチウムイオンバッテリー、EV航続距離:60km
●GTE(プラグインハイブリッド)/直列4気筒1.4Lガソリンターボ+電気モーター:245ps、13kWhリチウムイオンバッテリー、EV航続距離:60km

VW最小の新型コンパクトSUV/VW T-クロス

●日本導入発表:2019年10月、日本導入予定:2020年内

全長4110×全幅1760×全高1580mmとVW最小のコンパクトSUV
デザイン的にうまくまとまっており大ヒットしそうだ

 2019年10月7日にティザーサイトがオープンし、2019年内に日本国内での発表が決まっている(欧州での発表は2018年10月)、コンパクトSUVが「T-クロス」。 T-クロス日本上陸を記念して、デザインに特化したTSI 1st Plus、シンプルタイプのTSI 1stの2グレードを発売予定。

 MQB採用のポロやアウディQ2と同じく、欧州のBセグメントに位置する、いわゆる“売れ筋”モデル。日本でも徐々に注目されつつあるから、先手を打つ意味もあるのだろう。

 4110mmの全長は現行ポロ(4060mm)とすでに先代となった7代目ゴルフ(4265mm)の間(日本仕様値)となり、全幅は1760mmと、全幅1800mm内に留まり、全高は15580mmとポロ(1446mm)よりも高く設定されている。ホイールベースは2563mm(いずれも欧州仕様の数値)。 エンジンは115psの1L、3気筒ターボに7速DSGが組み合わさる。

  ボディカラーは全8種類で、ミラーとアルミホイールがアクセントカラーになっている「Design Package」を採用することで、導入予定の2グレード合計で、21種類の内外装の組み合わせの中から選択できる。

 価格はまだ発表されていないがスタート価格は300万円を切ると予想。

ポップなインテリアもT-クロスの魅力  

次ページは : VW初のEVブランド第1弾/VW ID.3

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ