【カローラスポーツ vs. VWゴルフ】クルマの良し悪しをどう測る?


「ハンドリング性能がよくなりました」「乗り心地がよくなりました」とメディアで読んだり、ディーラーのセールスマンに説明されても、いざそのクルマを試乗した時に「よくなった(気がします)ねー」と、ホントはイマイチよく理解しないままで終えてしまっている人は多いのではないだろうか。

 言葉で説明されても、感じ方は人それぞれだ。ハンドリングのよさや乗り心地のよさはどう運転すれば感じられるのか。

 それがわかればクルマへの理解も進むし、ベストカーを含め、自動車メディアのコンテンツもより楽しく読めるようになると思う。

 とはいえ、じゃあ誰に教えてもらうか……? そうだ、実際に開発の現場でクルマの評価をしている人に聞くのが一番確実じゃない? そういやちょうどうってつけの友人がいたな…ということで、今回解説をお願いしてみた。

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


■必見! 現役の評価ドライバーに聞いたクルマのテストのやり方

 今回解説をしてくれる友人だが、ペンネームはまだないので、本企画限定で「令和マン」と呼ばせていただく。

 令和マンは自動車の開発評価のプロフェッショナル。ハンドリングと快適性の感性評価が専門。日本のほか、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各メーカーの車両開発を評価ドライバーとしてサポートしており、今回の企画にはうってつけの人材である。

顔出しNGのためこんなマスクを被る羽目になってしまったが、自動車の感性性能開発評価のプロフェッショナルである。サスペンション領域のハンドリングと快適性の感性評価が専門。今回が自動車メディア初登場&初評価。令和おじさんとの関連性はない

 では本題の「クルマの評価はどうやればいいのか」について、令和マンにさっそく解説してもらった。

*   *   *

■評価をはじめる前に

令和マン(以下、令和):まずは空気圧とタイヤのアライメントをメーカーの指定している値に調整します。

ベストカー:やっぱり大切ですか。

令和:これをやらないと、そもそも評価できません! アライメントは設備が必要で難しいのですが、最低限空気圧は確認しましょう。タイヤの空気圧は適正値より高くても低くても性能が落ち、乗り味も変わってしまいます。必ず適正値にしておきましょう。

クルマの乗り味はタイヤの空気圧によってガラリと変わる。常に適正な空気圧を維持したい

次ページは : ■動力性能のチェック