一番お買い得なヤリスクロスはどれだ?大人気SUVのベストバイガイド


 注目のSUVジャンルのなかでも、個性的なスタイリングでひときわ高い人気を誇るヤリスクロス。車名別ランキングトップを行くヤリスの大きな原動力となっている。

 ヤリスクロスは1.5Lのガソリンと1.5Lのハイブリッドをラインナップ。設定されるグレードの中でユーザーに魅力的な装備内容や使い方からベストバイを探る!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】SUV人気の波に乗りヤリスの売れ行きを押し上げるコンパクトSUV ヤリスクロスを見る


■グレード構成とメーカーオプションの概要

人気のSUV、人気のコンパクトカー、ならばコンパクトSUVであるヤリスクロスが人気なのも当然だ

 今はトヨタヤリスやホンダフィットのようなコンパクトカーと並んで、コンパクトSUVの人気も高い。その代表がトヨタヤリスクロスだ。

 ヤリスクロスの登録台数は、コンパクトカーのヤリスと合計して公表されるが、ヤリスクロスのみを割り出すと、2020年11月から2021年2月に掛けて1か月当たり9000台から1万台を登録した。そこでヤリスクロスの買い方を考えてみたい。

 ヤリスクロスのエンジンは、直列3気筒1.5Lで、ノーマルタイプとハイブリッドがある。駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDを設定した。ハイブリッドの4WDは、後輪をモーターで駆動するE-Fourになる。

 グレード構成は、ノーマルエンジンは4種類、ハイブリッドは3種類を設定した。

 価格の安いX・Bパッケージは、ノーマルエンジンのみに設定され、法人やレンタカー向けのグレードだ。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能をセットにしたトヨタセーフティセンスは装着されず、価格はこれらを標準装着したXに比べて9万8000円しか安くならない。従ってX・Bパッケージは推奨できない。

安全装備の有無などから、推奨できるグレードはX以上となる

 推奨できるグレードはX以上だ。ノーマルエンジンのXとハイブリッドXは、前述の通りトヨタセーフティセンスを標準装着する。サイド&カーテンエアバッグ、ディスプレイオーディオなども同様だ。装備の充実度はXでも相応に高い。

 中級のGとハイブリッドGには、16インチアルミホイール、バックガイドモニター、後席の4:2:4分割可倒機能などが加わる。シート生地は上級ファブリックに変更され、ディスプレイオーディオは、Xの7インチからGでは8インチに拡大する。スピーカーの数も、2個から6個に増える。

 上級のZとハイブリッドZでは、ヘッドランプやリヤコンビネーションランプがフルLEDになり、運転席の電動調節機能、18インチアルミホイールなども標準装着される。シート生地は合成皮革+ツィード調ファブリックに上級化される。

 メーカーオプションでは、X・Bパッケージを除く全車に、車両の周囲を上空から見たような映像でモニター画面に表示するパノラミックビューモニターを用意した。Zを除いて、乗降性を向上させる運転席ターンチルト機能も装着できる。

 GとZには、後方を走る並走車両などを知らせるブラインドスポットモニター+後退時の安全を確保するリヤクロストラフィックオートブレーキ、ハンズフリーパワーバックドア、ルーフレール、ステアリングヒーターなどをオプションで用意した。

 そしてZに標準装着されるフルLEDヘッドランプは、GとXにオプションでも用意され、18インチアルミホイールもGであればオプション装着できる。

■2種類用意されたエンジンの選び方

ノーマルエンジンとハイブリッドの選び方は初期費用の比較はもちろん、燃費と年間走行距離、使用年数なども考慮しよう

 ヤリスクロスにはノーマルエンジンとハイブリッドが設定される。GとZの場合、ハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて37万4000円高い。

 その代わりハイブリッドは購入時に納める税金が安い。Gの場合、2020年度の実績で、購入時の税額はノーマルエンジンのGを約7万円下まわる。従ってノーマルエンジンとハイブリッドの実質価格差は、約30万円に縮まるわけだ。

 そして実用燃費がWLTCモード燃費、レギュラーガソリン価格が1L当たり145円とした場合、1kmの走行に要するガソリン代は、ハイブリッドGが4.8円、ノーマルエンジンのGは7.3円だ。ハイブリッドは1km当たり2.5円安く、ガソリン代の節約で30万円の実質価格差を取り戻せるのは、12万kmを走った頃になる。

 1年の走行距離が1万kmなら12年を要するが、1.5万kmを走るユーザーであれば8年で済む。ハイブリッドとノーマルエンジンの選択は、走行距離に応じて決めると合理的だ。

 ただしハイブリッドはモーター駆動を併用するので、例えば高速道路を巡航中、登り坂に差し掛かってアクセルペダルを緩く踏み増した時など、ノーマルエンジンに比べてノイズが高まりにくい。

 ノーマルエンジンは、3気筒特有の少し粗いノイズが響く。最終的な選択は、販売店でハイブリッドとノーマルエンジンの試乗車を乗り比べて判断したい。

次ページは : ■グレードとメーカーオプションのベストチョイス

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ