電動化より大事な「機能」がある!? HV化できない名門車の事情

電動化より大事なモノもある!? HV化できない名門車の事情

 最近は「電動化」という言葉が頻繁に使われる。一部にはエンジンを搭載しない電気自動車という認識もあるが、正確にはハイブリッド、プラグインハイブリッド、燃料電池車なども含まれる。電動機能を搭載すれば、エンジンを併用しても電動車だ。

 その意味で電動車の国内販売比率は、急速に高まっている。2010年には、国内の新車(乗用車)に占める電動比率は約12%だったが、2020年は36%に達した。小型/普通乗用車に限ると40%近くになる。

 2010年の時点では、アクアは登場しておらず、ハイブリッドはプリウス、インサイト、シビックハイブリッドなどに限られた。それが今では、ヤリス、ノート、フィットなど、売れ筋車種の大半にハイブリッドが用意される。その結果、電動比率も大幅に増えた。

 その一方で、ハイブリッドを含めた電動化が困難な車種もある。

文/渡辺陽一郎 写真/編集部、TOYOTA、SUZUKI、NISSAN

【画像ギャラリー】海外では今なお現役!! 2014年に期間限定発売されたランドクルーザー70をみる


悪路向けのSUV:ランドクルーザーなど

悪路走行向けのSUVの代表格であるランドクルーザー。写真は、2014年に日本でも期間限定で再販されたランドクルーザー70

 電動化が困難な車種の代表が悪路向けのSUVだ。ランドクルーザーやハイラックスのように、副変速機付きの4WDを備える後輪駆動ベースのSUVは、ハイブリッドなどの電動化が難しい。

 その理由は「必ず生きて帰ってこられること」を、最も大切な機能とするからだ。

 2021年3月15日に掲載した「新型ランドクルーザーは5月発表へ!!」でも述べたとおり、ランドクルーザーのような悪路向けのSUVは、生活のために激しい悪路を走る。雨季には川が道を横切ったり、デコボコの激しい泥道の急斜面を登ることもある。

 このようなルートで立ち往生すると、救援も難しく、乗員の生命にまで危険が及ぶ。従って生還できることが最優先され、ユーザーは今までの実績を重視する。

 新型になって走行安定性、乗り心地、安全装備などが進化しても、その替わりに悪路走破力が少しでも下がり、立ち往生すれば生還が不可能になるからだ。

 そのために1984年に登場したランドクルーザー70シリーズは、海外では今でも新車として売られている。40年近くにわたり、ユーザーを生還させてきた実績が重視されるからだ。

 従ってランドクルーザーのような悪路向けのSUVでは電動化が難しい。新しい機能やメカニズムを採用すると、そのぶんだけ故障因子も増えるからだ。

 仮に電動化するとしても、地域によって対応が変わる。日本仕様はハイブリッド化できても、過酷な使われ方をする地域では、従来のメカニズムを搭載する。

走行距離も含めて過酷に使われる商用車:ハイエースなど

耐久性が高く設計されている商用車は、全般的に価格が高額となる。ハイエース スーパーGLの場合、306万1000円。ハイブリッドになった場合、価格が40万円弱以上高くなると予想される

 商用車は1年間に数万kmを走る場合もあり、乗用車に比べて走行距離が長くなりやすい。重い荷物を運ぶことも多く、エンジン、プラットフォーム、サスペンションまで、さまざまな機能で耐久性が重視される。

 プロボックスのようにハイブリッドを搭載する商用車もあるが、ワンボックスバンのハイエースなどは使われ方も過酷だから、電動機能の信頼性も高めねばならない。

 そして商用車の価格は、耐久性を高めたこともあって全般的に高額だ。例えばハイエースでは、直列4気筒2Lガソリンエンジンを搭載するベーシックな5ドアバン「DX」の3/6人乗りでも、価格は248万5000円(6速AT)になる。

 5ドアバン「スーパーGL」になると、成形天井など内外装の質を高め、リアクーラーも標準装着されるから、2Lガソリンエンジン搭載車でも価格は306万1000円だ。この「スーパーGL」に、両側スライドドアの電動機能、スマートエントリー&スタート、LEDヘッドランプなどをオプション装着すると330万円に達する。

 この「スーパーGL」をハイブリッド化すれば、価格がさらに40万円は高まるから370万円だ。4WDなら400万円になる。アルファード「ハイブリッドX」(8人乗り)は、4WDを併用して454万7000円だから、ハイエース「スーパーGL」にハイブリッドを加えたら、これに近い価格になってしまう。

 また、ハイエースは後輪駆動の商用車で、荷室を平らに仕上げた。前輪駆動ミニバンのアルファード、後輪駆動でもセダンになるクラウンハイブリッドなどとは、車内の作りが大きく異なる。

 ハイブリッド化するには、リチウムイオン電池などの搭載位置にも工夫が必要だ。独自性が強いため、価格が高くても大量に販売できる見通しがないと、ハイエースにハイブリッドを設定するのは難しい。

 その点でモーター機能付き発電機を搭載して、減速時の発電/アイドリングストップ後の再始動/エンジン駆動の支援を行うマイルドハイブリッドであれば、7~10万円の価格上昇で成立する。

 メカニズムもコンパクトで搭載しやすい。その替わり燃費向上率も3~5%と小さく、マイルドハイブリッドでは搭載するメリットも弱まる。

次ページは : 軽トラックや軽ワンボックスバン/エブリイやハイゼットなど