ランクル80/60/70人気急上昇中! カッコいいランクルがどうしても欲しい!!


 SUVはまさに百花繚乱状態となっているが、そのなかでもトヨタ、いや日本を代表するSUVといえばランドクルーザーだ。

 ランドクルーザーは中古車になってもあまり値段が下がらず、現行モデルのランドクルーザーも人気だが、今回スポットを当てたのが、ランドクルーザー80、60、70。

 最近、こうしたちょっと古めのクラシックランドクルーザーの人気が出てきているからだ。

 さて、ランドクルーザー80、60、70の中古車はいったいいくらいで売っているのか? 中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】これは貴重! 往年の新車当時のランクル80/60/70を写真でチェック!


ランクル80系/1989年12月~1997年12月

1989年~1997年まで販売された80系ランドクルーザー。中古車価格は80万円~600万円とピンキリ

ランクル80系の中古車情報はこちら!

 2007年に登場し、ロングセラーとなっている現行モデルのランドクルーザー200も、2021年秋には新型モデルにスイッチするというニュースはすでに本サイトでも紹介している。

 しかしランドクルーザーは新型が出ても先代モデルの値落ちが進まないという点が特徴で、さらに年式の進んだ中古車も固定ファンがいるため、魅力が色あせることはない。

 そのうえ、最近では専門店がオールペイントやカスタマイズしたクラシックランドクルーザーを求めるユーザーが多くなっている。

 そこで、今回は1989年に登場した80系、1980年に登場した60系。そして1984年〜2004年というロングセラーとなり、2014年〜2015年に期間限定で復活した70系のクラシックランドクルーザー3モデルの中古車事情について迫ってみる。

 80系ランドクルーザーは1989年〜1997年まで販売されたモデル。従来のランドクルーザーの硬派なイメージから、外装は曲面構成として「最高級マルチパーパス4WD」に相応しいモダンな造形となった。

 インテリアも外観同様曲面で構成された近代的なイメージのインパネに大型のスイッチ屋メーターを配して、乗用車感覚の操作フィーリングを実現した。

 ラダーフレームを採用しているものの、サスペンションは従来の板バネからフロントはリーディングアーム式、リアが4リンク式のコイルサスペンションに変更され、オフロードの走破性を向上させると同時に乗用車感覚の乗り心地を実現させた。

 4WDシステムも一部グレードを除いてフルタイム4WDとなり、まさに現在のランドクルーザー200のルーツが80系と言えるモデルだ。

 搭載するエンジンは4L、直6ガソリンをはじめ、4.1L、直6ディーゼルターボ、4.1L、直6ディーゼルの3種類。

 1992年のマイナーチェンジで4Lガソリンエンジンは4.5Lへと変更。OHVからDOHCとなり動力性能が大幅にアップした同時にATも電子制御となり、燃費性能が向上した。

 1995年のマイナーチェンジでディーゼルターボエンジンが排ガス規制強化に対応したタイプに変更された。

 80系ランドクルーザーの最新のオークション価格の推移を見てみると、3ヵ月前の2020年10月の時点では約126万円で、現在は約120万円とほぼ横這いといえる動きとなっている。

 しかし、販売店に並んでいる中古車の平均価格は約224万円とオークション価格から100万円も高くなっているのだ。

 80系ランドクルーザーの中古車の流通台数は約210台と約30年前に登場したモデルとしては非常に多いが、価格帯は80万〜600万円と非常に幅広く、高値をキープしている。

 500万円以上のプライスを付けた中古車はカスタマイズされたものだが、1996年の最終型は現在でも400万円という驚異的な残価率となっている。

 年式では1993年式以降が中心で、グレードでは都市部でものることができるガソリンエンジンを搭載した4.5VXリミテッドが多くなっている。

60系ランドクルーザー 1980年8月~1989年12月

1980年~1989年まで販売された60系。もともとは商用車カテゴリーに位置付けられていた。改良後にエアコンやパワステを搭載し、RV車としての機能を高めた

60系ランドクルーザーの中古車情報はこちら!

 60系ランドクルーザーは1980年〜1989年まで販売されたモデル。海外向けにはステーションワゴンだが、日本国内向けはバン(商用車)カテゴリーで販売された。先代モデルより実用性を高めながら、RVとしての機能を兼ね備えたモデルとなった。

 外観を一新し、低く傾斜させたフロントウインドウ、視認性に優れた大型窓の採用など乗用車感覚を取り入れたスポーティなスタイルとなった。

 エンジンは4.2L、直6ガソリンエンジンに3.4L、直4ディーゼルエンジンを搭載していた。

 1982年には4L、直6ディーゼルエンジン。1984年には4L、直6ガソリンエンジン。そして1985年には4L、直6ディーゼルエンジンはターボが装着された。

 フロントシートをベンチシートから最適な運転姿勢がとれるセパレートシートに変更し、乗車定員は従来の6名から5名と変更された。

 エアコンやパワーステアリング、オートマチックミッション、デフロックなど様々な機能が搭載され、利便性が向上し、個人ユーザーが一気に増加した。

 60系ランドクルーザーは、すでに生産終了から約30年が経過しているが、オークション価格の推移を見てみると、3ヵ月前の約96万円から現在は約170万円まで上昇している。しかも今後も値上がり傾向が続きそうな様相だ。

 60系ランドクルーザーの販売店に並んでいる中古車の平均価格は約289万円と80系を上回っている。流通している中古車の価格の推移を見てみるとほとんどが横這いとなっており値落ちする気配はほとんどない。

 中古車の流通台数はグンと減少して約51台となり、価格帯は約120万〜約480万円となっている。

 流通している中古車の年式は1987〜1989年式の最終モデルが中心で、4.0DT VXハイルーフが中心。都市部でも乗ることができるガソリン車はかなりレアとなる。

次ページは : 70系ランドクルーザー 1984年11月~2004年7月(誕生30周年限定車:2014年8月~2015年6月)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ