人気なのは今だけじゃない! 1990年代の「シティ派クロカン」も熱かった!!


 コンパクトSUVはここ半年ほどの間、トヨタのライズとヤリスクロスの売れゆきが絶好調。さらに、日産キックスが参入し、今年4月にはホンダヴェゼルがフルモデルチェンジするなど、さらなる盛り上がりが期待されるジャンルとなっている。

 現在のコンパクトSUVブームは2013年登場のヴェゼルが火付け役となったものだが、小さめで手頃なサイズのSUVが人気になったのは最近だけじゃない。過去にも1990年代を中心に“シティ派クロカン”が大きな盛り上がりを見せていた。

 というわけで、本記事では1980年代後半から1990年代にも人気を集めたコンパクトなSUVたちを振り返ってみた。

文/永田恵一
写真/TOYOTA、SUZUKI、MITSUBISHI、DAIHATSU、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】コンパクトSUVブームの起爆剤! 1980~1990年代に大ヒットした「シティ派クロカン」はこちら!!


■スズキ初代エスクード/1988年登場

発売当初は3ドアのハードトップとコンバーチブルの2種類のみの展開だった初代エスクード。エンジンは1.6Lの自然吸気。駆動方式は副変速機付きのパートタイム式4WDを採用
写真は1990年に追加された5ドア仕様車「ノマド」。ファミリーカーとしても使いやすく人気車となった

 昭和の時代のSUVはトヨタランドクルーザーや三菱パジェロに代表されるクロカン(クロスカントリー)と呼ばれる本格的なオフローダーがほとんど。そのすぐれた悪路走破性が魅力でもあったが、その反面そこまで本格的なクロカン性能は必要なく、価格やボディサイズなどを過剰に感じる人も少なくなかった。

 そこに目を付けたのが初代エスクードだった。初代エスクードはラダーフレームのボディ構造や副変速機付きパートタイム4WDという本格的オフローダーとしてのメカニズムを持ちながらも、内外装は乗用車的でボディサイズも小さめだったことで注目を集めた。

 初代エスクードは3ドアボディでスタートしたが、1990年には全長を延長し5ドアボディとしたノマドが追加。キャビンとラゲッジスペースが拡大されたファミリーカーとしても使い勝手のいい5ドアのノマドは、エスクードの人気を後押しする存在となった。

 なおエスクードは2代目モデルで7人乗り3列シートとしたグランドエスクードが加わり、3代目モデルはミドルSUVとなったこともあったが、現行型の4代目モデルではまたコンパクトSUVに回帰している。

■トヨタ初代RAV4/1994年登場

1994年5月、エスクードの人気に追従するように投入された初代RAV4。1995年10月に登場したホンダCR-Vとともにクロスオーバー人気の火付け役となった

 初代RAV4は初代エスクードに影響を受けたコンパクトSUVで、3ドアボディでスタートしたことも初代エスクードと同じだった。

 しかし、初代RAV4はパワートレーンを2L級のFFレイアウトの乗用車用を流用したうえ、モノコックボディを採用して今でいうプラットホームやサスペンションを使うなど、それまでの“クロカン”にはなかった乗用車ベースのコンパクトSUVというのが新しかった。

 また、初代RAV4の3ドアボディのスタイルは今見てもキュートで、スペシャリティカーのような魅力も備えていた。

 さらに初代RAV4は、初代エスクード同様に5ドアボディをデビュー翌年の1995年にラインナップ。

 1996年のマイナーチェンジではスポーツモデル用である3S-GE型の2Lエンジン搭載車や、ボディ後半が幌となる3ドアのソフトトップ、内外装のカラーを多数のパターンで自由に組み合わせられるパーソナルセレクションを追加するなど、ラインナップの充実化が図られた。そして、2000年に2代目モデルにバトンタッチした。

 なお、RAV4は2代目モデルまではコンパクトSUVだったが、2005年登場の3代目モデル以降はミドルSUVへとクラスアップしている。

次ページは : ■三菱パジェロJr./1995年登場

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ