トヨタ アイゴの意外な遍歴 実はプジョーと兄弟車!? 新型は超スタイリッシュに!!

実はプジョーと兄弟車!? トヨタ アイゴの意外な遍歴 新型は超スタイリッシュに!!

 2021年3月に発表された欧州向けトヨタ車ではエントリーカーとなる「アイゴXプロローグ」は、そのスタイルから日本でも注目を集めている。

 同車は、次期型アイゴを示唆するモデルだが、本稿ではこのアイゴXプロローグをおさらいすると同時に、現行型の2代目モデルまでのアイゴを振り返ってみたい。

 実は、このアイゴ、プジョーやシトロエンというフランス車とも非常に縁深いモデルなのだ。

文/永田恵一 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】SF映画に出てきそう!? ヨーロッパの香り漂うトヨタ アイゴを見る


■新型を示唆!? アイゴXプロローグとは

フランスのスタジオ「EDスクエア」がデザインを担当したアイゴXプロローグ

 トヨタのフランス・ニース近くにあるデザインスタジオ「EDスクエア」がデザインを担当したアイゴXプロローグは、最小クロスオーバーのスタディモデルという印象で、ボディサイズを含めこのまま市販化するわけではないだろう。

 しかし、ヘッドライトからポジションランプ? とつながるフロントマスクや中央部が下がったルーフ形状、2ドア車のように見える小さなリアドアやボリューム感に溢れる点、前半がレッド、後半がブラックとなるボディカラーなど、実にアグレッシブである。

 ただ、アイゴXプロローグにも歴代アイゴに共通するガラスのみで成形されたバッグドアが継承されている点など、次期型にアイゴXプロローグのイメージがどのくらい盛り込まれるかには注目したいところだ。

■シンプルかつリーズナブル! 欧州トヨタ最小車「アイゴ」

シンプル&ローコストに注力した初代アイゴ

 アイゴは、日本車ではトヨタ パッソ&ダイハツ ブーン、日産 マーチ、三菱 ミラージュ、欧州車ではVW UP!やフィアット パンダに相当するモデルとして2005年に初代モデルが登場。

 「Aセグメントカーが必要」という思惑が一致したプジョー・シトロエンと合弁で設立され、チェコ共和国に工場を持つTCPA(トヨタ・シトロエン・プジョー・オートモービル)で生産されるモデルで、トヨタ主導で開発された。

 初代アイゴは、現行のパッソ&ブーンとも関係のあるプラットホームを使った3ドアと5ドアを設定するAセグメントカーで、ガラスのみで成形されたバックドアやリアウィンドウは上下に開かず、パッチンと開くポップアップタイプとなることなど、とにかくシンプルでコスト低減に注力したモデルであった。

 ボディサイズは全長3415mm×全幅1615mm×全高1465mm、ホイールベース2340mmと全幅はそれなりにあるが、全長は軽自動車とほぼ変わらないイメージだ。

少しクセのある外装となった2代目アイゴ

 エンジンは、パッソ&ブーンやヴィッツ、ヤリスにも搭載される1L・3気筒NAと初代プロボックスに搭載された1.4Lディーゼルターボ(後者は2012年のマイナーチェンジで廃止)の2つで、トランスミッションはそれぞれに5速MTとMTを自動化した5速AMTが組み合わされていた。

 2014年登場の2代目モデルは、プラットホーム、エンジン&トランスミッションともに初代モデルの改良版ということもあり、一番違うのは内外装である。

 インテリアは低コストながらパネルの組み合わせによって明るい雰囲気となるのは好ましいが、エクステリアはいい意味で万人向けの初代と超アグレッシブなアイゴXプロローグに対し、特に日本人の目には強いクセを感じるものだった。

次ページは : ■アイゴはプジョー&シトロエンにもOEM供給