えッ“4WD”じゃない!? スバルの“AWD”は何が違うのか?

えッ“4WD”じゃない!? スバルの“AWD”は何が違うのか?

「4WD」を独自の四輪駆動システムとして「シンメトリカルAWD」と呼んでいるスバル。ほとんどのモデルに四輪駆動車を設定していて、「AWD」をウリにしているメーカーだ。

 そして実際、そのAWDを採用するスバル車は雪の多い降雪地域のユーザーなどの信頼性も高く人気だ。

 そのスバルの「AWD」は、ほかのメーカーの「4WD」と何が違っていて、どのような4WDなのか?

 また、今時代が急速に電動化へと向かっているなかで、スバルのAWDシステムは、将来の電動車にも対応できる技術といえるのか? それともこれが弱点になるのか? これらの疑問を斎藤 聡氏に解説してもらった。

文/斎藤 聡
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】スバルのAWDなクルマたち


■「クワトロ」より早かった! 世界初の「乗用車用4WD」はスバル発

 スバルといえばAWDというイメージが強くあります。実際、2016年のデータですが、スバルの全世界の生産車におけるAWD比率は98%(!)に上っています。つまりスバル車を買いたい人のほとんどはAWDを希望しているということで、スバルに対するAWDへの期待値や信頼性の高さがうかがえます。

スバルといえばAWDというくらいに人気

 国内では依然として4WDという呼び方が一般的ですがスバルではあえてAWDと呼んでいます。4WDとスバルの呼ぶAWDにはなにか違いがあるのでしょうか。

 スバルのAWDの始まりは1972年に発売したレオーネ・エステート4WDに始まります。量産の乗用車タイプのAWDモデルでとしては世界初です。

 欧州におけるAWDの先駆的メーカーであるアウディでもAWDモデルであるクワトロの登場は1980年ですから、いかにスバルが早くからAWDに取り組んできたかがわかります。

■レオーネから始まる乗用車用4WDの歴史

 スバルがAWDを開発するきっかけになったのは、東北電力からの乗用車型AWDモデルの開発要請でした。当時スバルでは大ヒットとなったスバル360に続く次期主力モデル「スバルR2」の開発の渦中だったので、この話を一旦は断ります。

 AWD車開発の要請は、スバルだけでなく他のメーカーにも持ち込まれたのですがことごとく断られ、最終的に宮城スバルがFF車のスバル1000バンをベースに制作することになったのでした。

これはff-1 1300Gバン。現存車両はスバルが自らレストアした車両1台のみと見られる。可愛らしい見た目だが、基準車のff-1 1300Gはすでに、国内ラリー選手権でクラス最強レベルの走行性能だった
こちらはレオーネ4WDエステートバン。スバル史上初、百瀬普六氏が設計に関わらなかった車両でもある

 このクルマが製品提案としてスバル本社に持ち込まれ、スバルff-1 1300Gをベースにスバルff-1 1300Gバン4WDという試作モデルを作り、東北電力に納品しました。AWD量産モデルはff-1の後継モデルとして1971年に発売になったレオーネに、1972年追加モデルとしてラインナップします。

次ページは : ■より先進的なイメージの「AWD」