欧州トヨタが新型EVを発表! トヨタの電動化戦略で生み出される「Xプロローグ」とは何なのか!?


 2021年3月17日、トヨタはコンセプトモデル『アイゴXプロローグ』を公開した。シャープなヘッドライトやオーバーフェンダーなど、トヨタが欧州市場で販売している「アイゴ」とは異なり、その姿は実に印象的なコンパクトクロスオーバーSUVだ。

 現時点、パワートレーンについては未発表ではあるが、この小さなボディサイズを考えたとき、1Lクラスの小さなガソリンエンジンモデルだけでなく、ハイブリッドモデルやピュアEVのモデルも用意されるのでは!? という予想ができる。発表された『アイゴXプロローグ』の詳細をご紹介するとともに、トヨタが陰ながら進めている電動化戦略についても迫ってみようと思う。

文/吉川賢一
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】「アイゴX」プロローグとトヨタのゼロエミ戦略とは?


■筋肉質な雰囲気漂う、スタイリッシュなマイクロSUV

 トヨタの欧州向けAセグメントカーである『アイゴ(AYGO)』。現行モデルは2014年に登場した2代目だ。現行アイゴは、コンパクトハッチのスタイリングだが、今回公開された「アイゴXプロローグ」は、ヤリスと同じGA-Bプラットフォームを使ったSUVとなる。このデザインを手がけたのは、ED2(Toyota Europe Design Development S.A.R.L)という、トヨタのヨーロッパデザインセンターのデザイナー、とのこと。

2014年に登場した欧州向けAセグコンパクトカー『アイゴ(2代目)』。ボディサイズは全長3465×全幅1615×全高1460mm。エンジンは排気量1L 3気筒NA(72ps/93Nm)を搭載。トヨタ、プジョー、シトロエンの協業によって誕生した

 小さなキャビンエリアに対し、不釣り合いなほどの大径タイヤホイールを装着している、アイゴXプロローグ。盛り上げたフェンダー部分をブラックアウトしていることで、筋肉質な雰囲気も漂うスタイリッシュなデザインだ。コンセプトモデルなので、もちろん誇張は入ってはいるであろうが、全幅1700mm(2代目アイゴは1615mm)は優に越えているようにも見える。

 一応、2列目シートはあるようだが、後席ドアは極端に小さく、デザイン優先としたようだ。ドアハンドルは埋め込まれているタイプとなっている。

これまでのアイゴからの大胆な飛躍をイメージさせるSUVフォルムの『アイゴX』。前席重視のパーソナル感を強調したコンセプトのようだ。フロントを横断する発光部はデイライトなのか?

 第2の特徴が、一筆書きで描かれたようなヘッドライトだ。ヤリスやヤリスクロスなど、既存のトヨタ車とは異なるテイストのフロントフェイスで、なかなかカッコいい。フロントグリルがあるため、ピュアEVモデルのみではないようだ。テールランプも、左右を連結したタイプで、Cピラー上端から始まったラインはバックドアの下を通り、反対側のテールランプまで繋げている。バックドアはガラスハッチになっているようにみえる。

フロントグリルやフォグランプ、テールランプなど、デザインのアクセントとして多角形のモチーフが多用されている

 さらには、2トーンのボディカラーや、左右のドアミラーの前方についたアクションカメラで撮影できたり(カメラを駆使して3D的な映像を創り出せるかもしれない)、リヤバンパー下のスキッドプレートに自転車をひっかけるホルダーマウントが収納されていたりと、アクティブな要素も、随所に織り込まれている。

 (日本市場向けのライズを除いて、世界市場では)ヤリスクロスが、コンパクトSUVのエントリーモデルだ、と考えていたが、その下に、さらにコンパクトな、「マイクロSUV」をもってくるとは、トヨタのSUV戦略には驚かされるばかりだ。

リアスタイルもアイゴの実用性+αな存在感を放つ。バックドアはリアガラスと一体化、リアランプがその周りを取り囲んでいるようだ。一体感を強調したデザインになっている

■ここから始まる、トヨタの電動化戦略

 今回の発表では、パワートレーンに関しては非公表だったため想像の域を出ないが、冒頭でも触れたように、次期型アイゴには、ハイブリッドモデルやピュアEVが用意される可能性は高い。その理由はトヨタが進めている電動化戦略だ。『アイゴXプロローグ』は、その名のとおり「トヨタの電動化戦略がここから始まる」ということを示唆しているのではないだろうか。

 現在、トヨタは「環境チャレンジ2050計画」に基づき、充電インフラの整備状況を睨みながら、着実に電動化を進めている。2019年、トヨタは、2020年には中国を皮切りにEVの導入を加速し、2025年までにグローバルで10車種以上のEVを投入。2030年までに「電動車の世界販売550万台以上」を目指す、と発表している。そのうち、EV・FCVは合計100万台以上が目標だ。

 「中国市場から導入するEV」というのは、2020年4月に中国で登場したレクサス『UX300e』、トヨタ『C-HR EV』、その姉妹車の『IZOA(イゾア)』のこと。UX300eは、日本市場でも2020年10月より販売開始されている。2021年4月に開催される予定の上海モーターショー2021では、EV用の新プラットフォーム「e-TNGA」を世界初公開することを明かしている。

レクサス「UX300e」の透視図。レクサス初のピュアEVとして登場。CセグのEVとしては出力の大きいモーターを搭載しており、レクサスらしい走りと快適性を実現している

次ページは : ■自動車製造会社から、モビリティーカンパニーへ