パンクしても走れるタイヤの欠点に変化!? なぜランフラットは乗り心地が悪いのか

パンクしても走れるタイヤの欠点に変化!? なぜランフラットは乗り心地が悪いのか

 「パンクしても走れるタイヤ」の欠点に変化あり!?

 パンクをしても一定の距離を一定の速度で走れる「ランフラットタイヤ」。これまでレクサスやBMW、ベンツといったブランドを中心に、新車装着されてきた。ただ、パンクしても走れるという圧倒的なメリットの反面、今一歩採用が拡がらず、普及を阻んできた要素が乗り心地の悪さだ。

 しかし、いま普通のタイヤとランフラットタイヤの乗り心地格差がほぼなくなってきているという。本稿では、そもそもランフラットタイヤはなぜ乗り心地が悪いのか? という部分から最新のトレンドを紐解いていきたい。

文/斎藤聡 写真/BRIDGESTONE、LEXUS、編集部

【画像ギャラリー】ランフラットタイヤを装備するレクサスLS&UXを見る


■そもそもランフラットタイヤはなぜ乗り心地が悪い?

パンクしても一定距離を一定速度で走れるという画期的なメリットがありながら乗り心地の悪さが普及を妨げていた

 ランフラットタイヤの乗り心地はなぜ悪いのか。それを説明する前に、まずランフラットタイヤっていったいどんなタイヤ? ということからお話をしましょう。

 ランフラットタイヤは、パンクして空気圧がゼロになっても、一定のスピードを保ちながら、一定の距離を走れるように作られたタイヤです。具体的には時速80キロで80km走れるタイヤと定義づけられています。

 では、どうやってタイヤの空気圧が0キロになっても走り続けられるのかというと、タイヤが完全につぶれてしまわないような工夫が施されているからです。その方法は大別して2つあります。

 ひとつは「中子式」と呼ばれるもので、ホイールにリムよりも背の高いドーナツ状のリングを組み込み込むことで、タイヤがパンクして空気圧が0キロになっても中子がタイヤを内側から支えてタイヤがつぶれ切ってしまうのを防いでくれるタイプ。

 この方式のメリットは、そのまま従来のタイヤが使えることです。タイヤが変形して中子に干渉しなければ乗り心地も従来どおり。一見とても具合のいい方式なのですが、低扁平タイヤではタイヤの変形量が規制されるため相性が良くないこと。

 それからパンクしてしまったとき、タイヤのトレッドゴムは挟んでいますが、ほぼダイレクトに路面の凹凸が振動となってホイールからサスペンション、ボディへと伝わってしまいます。

 乗り心地への懸念もあるのですが、それ以上に深刻なのが、この振動で80キロ走る前にサスペンション周りのブッシュがちぎれたり割れたりと深刻なダメージを受けてしまうのです。

 そんなわけで、現在「中子式」はほとんど姿を消してしまいました。

■構造上「不利」なランフラットは今でも本当に乗り心地が悪い?

写真は通常のタイヤ(左)とランフラットの主流となっているサイド補強型(右)の構造比較。文字通りサイドウォールを補強することで、パンク後も一定距離走行が可能に

 現在は、ランフラットタイヤといえばサイド補強型が主流になっています。これはタイヤのサイドウォール(側面部)内側に補強ゴムを付け加えたものとなっています。

 パンクしてタイヤの空気圧が0キロになってしまうと、タイヤの側面が大きく強く屈曲してつぶれてしまうわけですが、その大きく屈曲する部分に補強ゴムを張り付ける(製造工程で)ことで、タイヤのつぶれを抑え、80km/hで80キロの距離を走行可能にしているわけです。

 デメリットは、専用のタイヤが必要なことと乗り心地が悪くなることです。

 そう、今回のお題であるランフラットタイヤの乗り心地の悪さは、もともとサイド補強式のランフラットタイヤが持って生まれたデメリットなんです。

 タイヤはサイドウォールをたわませることで乗り心地を作り出しています。もちろんこれだけではありませんが、かなりの部分サイドウォールの柔軟性に依存しています。

 ランフラットタイヤを作るメーカーも、当初(1990年代)は空気圧0キロでの走行可能距離に余裕を持たせる目的でサイド補強ゴムを厚めにしたり、耐久性の高い補強ゴムを採用していたため、サイドウォールの柔軟性が一般的な地文のようには発揮できず、乗り心地が犠牲になっていたのでした。

 その後、世代が進むにつれて、サイド補強型のランフラットタイヤも進化しており、現在では、サイド補強ゴムの見直しによって、ある程度の柔軟性を確保したり発熱を分散させ耐久性を高めるなどの技術が投入されています。

 ほかにも、タイヤプロファイル(断面形状)をラウンドタイプ(凸型)にすることで、乗り心地の改良がおこなわれています。

 ですから、サイド補強型ランフラットタイヤは近年ではかなり乗り心地が良くなっています。

 お題の「なぜ乗り心地が悪いのか」という、乗り心地が悪いのを前提とした設問は、実はかなり改善されていて、ランフラットタイヤ装着車にパッと乗っても少し走ったくらいではわからないくらいに乗り心地は良くなっているのです。

次ページは : ■トレンド変化で乗り心地の「差」はなくなっている!? ランフラットの「今後」

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ