【マークIIからマークXへ…】成功? 失敗? 消滅した“名車” 後継車の評価は!?


クラウンやスカイラインなど、伝統ある車名は長い歴史を持つ。一方で、長い伝統を持ち、名車の領域に足を踏み入れながら、その車名を捨てて再出発した車も多い。ファミリアからアクセラといった例もその一つだ。名車の実質的な後継車となったモデルは、成功していると言えるのか? そして、名門の車名をわざわざ捨てるほどの意義はあったのか?

文:片岡英明
写真:編集部、MAZDA、NISSAN


ファミリアの後継車「アクセラ」

ハッチバックが“復活”し、ある意味先祖返りしたとも言える初代アクセラ。ファミリアの最終モデルはセダン&スポーツワゴンの2系統のみだった
ハッチバックが“復活”し、ある意味先祖返りしたとも言える初代アクセラ。ファミリアの最終モデルはセダン&スポーツワゴンの2系統のみだった

1970年台後半、世界中に便利なハッチゲートを備えた2ボックススタイルが定着し、キャビンを広くできるFF(前輪駆動)のコンパクトカーが主役の座に就いた。

マツダは後輪駆動に固執していたが、1980年6月にファミリアをFF方式に転換し、送り出している。

初代VWゴルフを徹底研究し、電動サンルーフやラウンジシートなどを装備して送り出したFFファミリアは、デートカーとして大ヒット、サーフボードを積んだ真っ赤なXGは社会現象にもなった。

その後継車が2003年に登場したアクセラだ。海外では「マツダ3」を名乗り、「マツダ323」の名で輸出していたファミリア以上に人気者になっている。 が、ボディサイズが大きくなったことやハッチバックブームが去り、日本では月販2000台レベルの販売実績だ。

初代ファミリアは、ひと月で現在のアクセラの1年分の販売を記録し、トヨタのセールス氏をも歯ぎしりさせた。アクセラにファミリアのようなカリスマ性はないが、ファミリーカーとしての実力は高く評価されている。

スターレットから世界戦略車となったヴィッツ

2代目と初代のヴィッツ。5代、約25年続いたスターレットの名を改めた後継車は世界戦略車として新たな車名が与えられた
2代目と初代のヴィッツ。5代、約25年続いたスターレットの名を改めた後継車は世界戦略車として新たな車名が与えられた

スターレットはトヨタのエントリーモデルで、1978年に登場した2代目(KP61型)は、走りのよさがウケ、ヤングからも熱く支持された。

メカニズムや性能は平凡だったが、軽量ボディとFR方式によって気持ちいい走りを手に入れている。

これに続く3代目(EP71型)は「かっ飛びスターレット」のキャッチコピーで売り出し、こちらもヤングをとりこにした。最大の特徴は、後輪駆動から前輪駆動のFF方式に生まれ変わったことだ。後にターボも加わり、走り屋たちを魅了した。

その後継車が1999年にデビューしたヴィッツだ。ヨーロッパでも生産を行う世界戦略車で、デザインや品質、安全性能などは、クラストップレベルを目指した。

海外では「ヤリス」の名で販売され、ブレイクした。日本に加え、ヨーロッパでもカー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。現行の3代目も海外では高く評価がされ、ファンが多い。WRC(世界ラリー選手権)に参戦したことも功を奏し、トヨタのイメージアップに大きく貢献した。

次ページは : 10代続いたセドリックの後継「フーガ」