最強トヨタのライバルメーカー!? コロナ禍でもスズキが強い理由は?


 コロナ禍で低迷している国内新車販売。その影響は2020年度の新車販売台数にも表れて、各メーカーとも販売台数は軒並み前年比割れ。そんななかで、トヨタは2.7%減、スズキは3.7%減と、前年割れでも両社とも大きな落ち込みはなく、ほぼ前年並みといえる販売台数をキープした。

 圧倒的なシェアで強さをみせつけるトヨタ。今、そのトヨタと同じような強さをみせているのがスズキだといえるのだ。コロナ禍でもトヨタに並んでスズキが売れている理由はどこにあるのか? 小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志  写真/TOYOTA、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタのシッポはすぐそこだ!! 絶対王者に迫る健闘を見せるスズキ


■トヨタ販売店では競合車としてスズキ車の名前がでてくる

スズキ ソリオ。最近トヨタディーラーでのルーミーの商談のなかでソリオが引き合いに出されることが増えている

 日本国内の新車販売市場は、トヨタが圧倒的な勢いでトップシェアとなっているのは言うまでもない事実。しかも、すべての期間がコロナ禍という2020年度(2020年4月~2021年3月)の販売状況をみると、まさに“トヨタ一強”と言っていい状態となった。

 2020年5月にトヨタはトヨタブランド系ディーラー4チャンネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)において、全店全車種併売化(一部を除く)をスタートさせた。

 コロナ禍であり、しかもまだまだ新型コロナウイルスがどんなものなのかわからないなか、感染拡大が続いている最中に全店併売化を実施したわけだが、これが大きくコロナ禍でのトヨタ一強を後押しすることとなった。

 もともと全店併売化以前からトヨタ以外の他メーカー車と比較検討されるケースが少なくなっていたのだが、その一方でトヨタディーラー同士での“潰し合い”が激化し、日産やホンダのライバル車が商談で引き合いに出されることが、ほとんどなくなったという。

 しかし、あるトヨタのセールスマンは「ここのところ、ルーミーの商談でソリオが、ライズの商談でクロスビーが引き合いに出ることがありました。スズキのこれらの車種はいまでも商談で車名が出てくることがたまにあります」とのことであった。

■トヨタvsスズキに見せかけた代理戦争!?

同じくトヨタ ライズの商談中によく引き合いに出されるスズキ クロスビー。トヨタディーラーでの商談中に比較対象として名前がでるのは、それなりに存在感が大きいことの証だ

 スズキ ソリオは1997年にデビューしたワゴンRの登録車版といえる“ワゴンRワイド”がその源流となる。その後1999年にワゴンRワイドの2代目に相当するモデルが“ワゴンR+”としてデビュー。モデル途中で“ワゴンRソリオ”そして、“ソリオ”と改名し、これが初代ソリオとなった。

 そして2010年にワゴンRのようなスタイルではない、オリジナルモデルが2代目モデルとしてデビュー。さらに2015年に3代目がデビューし、現行4代目は2020年にデビューしている。

 一方のトヨタ ルーミー&タンクは、ダイハツ トールのOEMとして2016年にデビューしている。

 スズキ クロスビーは、一見すると軽自動車ハスラーの登録車版に見えてしまうが、メカニカルコンポーネントは共用していないオリジナルモデルとして、2017年にデビューしている。

 そして、ライズはダイハツ ロッキーのOEMとして2019年にデビュー。ヤリス クロスデビュー後の売れゆきは落ち着いたものの、それまでは長期の納期遅延が発生するほどの大ヒットモデルとなった。

 以上、4車のプロフィールを見ておわかりのように、ルーミーより先にソリオが、ライズより先にクロスビーがデビューしているのがわかる。

 そして、ルーミー、ライズともにダイハツからのOEMなので、いわばルーミーとライズが“SD戦争(とくにブランド別軽自動車販売でダイハツがスズキと競い合うので両ブランドのイニシャルをとってこう呼ぶ)”の“代理戦争”をトヨタがしているといってもいいだろう。

 ちなみに登録車販売でダイハツは、2017暦年締め年間販売台数が前年比409.2%、以下2018暦年締めが125.5%、2019暦年締めが123.8%、2020暦年締めが128.4%と、他ブランドと比べて際立って伸びている。これはトールやロッキーが新規車種として投入され大きく貢献しているのである。

 2020年度締めでの年間販売台数でみると、ルーミー10万3064台に対し、ソリオ4万3664台。ライズ12万988台に対し、クロスビー1万4510台となり、“代理戦争”といっても、ガチンコで販売台数を競い合っているというわけではない。

 筆者が「スズキ車が商談で引き合いに出る」と聞いて興味を示したのは、販売台数争いをしているからではない。結果的にルーミーやライズのライバルとしてソリオやクロスビーしか挙がらない、その背景に興味を持ったのである。

次ページは : ■トヨタ車をジワリと脅かすスズキの影

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ