営業マンも太鼓判!? 残すべきだった絶版トヨタ車 5選


 ライバルとの激しい競争の末、人気がないクルマは、否応なく絶版となっていく。取扱車の入れ替わりが起きるたびに、「このクルマなくなってしまうの?」というユーザーの声を、筆者は数多く聞いてきた。

 営業マンとして、自信をもって勧めていたクルマが絶版となるのもまた悲しい。なかには、間違いなく傑作であるのに、出てくる時代や売り出し方を間違えてしまったクルマもある。

 そこで本稿は元トヨタディーラー営業マンの筆者が、2021年に残すべきだった、絶版トヨタ車をピックアップしていきたい。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】今こそコイツのようなスポーツセダンが必要だ!? 2019年に惜しまれつつ姿を消したマークXを見る


■ハイラックスサーフ

ハイラックスサーフ(1984-2009)/全長×全幅×全高:4805×1910×1805mm(※4代目)

 ハイラックスの名がピックアップトラックとして残っているものの、ハイラックスサーフ自体は、2009年に日本で絶版となった(海外仕様車4ランナーは販売継続)。中古車市場では、絶版から10年以上経過する現在でも、高値で取引される人気車なのは、皆さんもご存じのとおりだろう。

 エクステリアからは、本格クロカンSUVと都市型SUVのどちらの雰囲気も感じられる。華美な装備は少なく、スッキリとしたカッコよさが際立つクルマだ。

 2010年代、ランドクルーザープラドやハリアーの新車とハイラックスサーフの中古車、どちらを購入するか迷うユーザーが一定数いたが、その多くは、最新プラドやハリアーではなく、3~5年落ちのハイラックスサーフを選んでいった。

 ハイラックスサーフは、オンロード・オフロードの、両方の要素を取り入れて、中途半端にならずに、魅力が突き抜けたSUVだ。ピックアップトラックのハイラックス同様に、新車で復刻させれば、今でも爆発的なヒットを起こすに違いない。

■エスティマ

エスティマ(1990-2020)/全長×全幅×全高:4820×1810×1745mm(※3代目)

 2020年に絶版となったエスティマ。ラージサイズミニバンのなかでは珍しい、流麗なボディラインが特徴的なクルマだった。

 ノア・ヴォクシーからアルファード・ヴェルファイアへ乗り換えるといった、ミニバンからミニバンの乗り換えではなく、セダンやワゴンからの乗り換えが多かったのがエスティマの特徴だ。

 居住性の高さは紛れもなくミニバンであるが、ドライブフィールはセダンに近い。3列目シートは跳ね上げ式ではなく、床下に格納することができるので、5人乗りのワゴンと言われても違和感は少ない。

 ミッドシップレイアウトやハイブリッドの搭載など、驚きの技術とともに、人気を博したエスティマは、また最新技術とともに復活が期待される名車である。

次ページは : ■プリウスα