売らなきゃよかった!? 中古スポーツカー高騰の功と罪


 いわゆるハコスカやケンメリのスカイラインGT-Rなどは、もちろん昔から高額だった。

 そのほかの「割とフツーな国産スポーツモデル」の中古車というのはひと昔前まで、いやふた昔ぐらい前までは50万~100万円以下か、せいぜい100万円台で購入できたものだ。

 だが世界的なヤングタイマー(ちょっと古いクルマ)ブームが起きてしまった昨今は、とてもじゃないが100万円級の予算で「ちょっと古い国産スポーツカー」を買うことなどできやしない。

 具体的な相場は車種によりさまざまだが、10年前までは100万円も出せば買えていたはずのモデルが、いつの間にか300万円か、下手をすれば「500万円以上」ぐらいに化けてしまったのだ。「気軽に買って、コツコツ直しながら楽しもう」とは、とてもじゃないが思えない金額である。

 本稿ではそういった「中古スポーツカー相場高騰の功と罪」について考えてみたい。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ スバル

【画像ギャラリー】世界的に高騰中!! もう一度乗りたい国産中古スポーツたち


■S15型シルビアはどこまで高騰した?

日産 シルビア(S15型)

シルビアS15の中古車情報はこちら!

 その前に、「国産中古スポーツカーの相場は今、どのぐらいまで高騰しているのか?」ということを具体的に記そう。

 まずは、今や希少というか絶滅した「程よいボディサイズのFRクーペ」として人気が高い、S15こと7代目(最終型)の日産 シルビア。

 新車時価格はおおむね180万~250万円ぐらいで、当時の若者としては「安くはないけど、頑張れば手が届く!」と思える存在であった。

 そんなS15シルビアの直近の中古車相場は、モデル全体としては100万~600万円といったところ。

 ただし100万円ほどで狙える物件の多くは「走行10万km超で修復歴あり」というもの。

 修復歴なしで走行距離もまずまず短めの個体は「170万円スタート」といったニュアンスで、さらに好条件な個体は270万円から、走行距離がかなり短めの個体は400万円台以上……というのが、S15シルビアのおおむねの相場感である。

■初代シビックタイプR

ホンダ シビックタイプR

初代シビックタイプRの中古車情報はこちら!

 昔はけっこう安かったのに、ちょっと目を離した間にとんでもない相場になってしまった……というのは、EK9こと初代ホンダ シビックタイプRも同様である。

 ご存じのとおり、最高出力185psを8200rpmで発生するB16B型直4DOHC VTECを搭載して1997年に登場したホットハッチであり、新車時価格は199万8000円。前述のS15シルビア同様、「若者でも(頑張れば)手が届く」といったニュアンスの価格だったのだ。

 そんな初代シビックタイプRの現在の中古車相場は、一番安い部類(サーキットでガンガン使われた走行20万km近い個体)でも180万円前後で、ボリュームゾーンは300万円台。

 屋根付きガレージで保管されてきた最終型に至っては「798万円」というド級のプライスが付けられている。タイプRとはいえ、20年以上前のシビックが約800万円である……。

次ページは : ■インプレッサWRX STI(GC8型)

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ