知らず知らずのうちにクルマが病んでいく運転とやっちゃいけない行為とは?


 人間の病気では、少し痛いくらいなら放っておけば直るだろう、こんなのは病気じゃないとそのままにしている場合があります。

 クルマにも同じようなことがいえます。そのまま放りぱなしにしておくと知らず知らずのうちにクルマを蝕んでいく運転、やっちゃいけない行為を改めて紹介します。クルマを長持ちさせる基本とは?

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 Adobe Stock

【画像ギャラリー】クルマに負担がかかる運転してませんか?? 愛車を長持ちさせるために確認しておきたいチェック項目はこちら!


優先順位を考えた運転操作をすべき理由


●急の付く動作は行わない

急な操作をしたら壊れるということはないが、急な操作が劣化を早めることは頭に入れておく必要がある

 危険回避のための急ブレーキ以外は、急の付く動作は行なわないに限る。そんなことは基本中の基本で、ブッシュ類などの緩衝材がキチンと機能してくれているから、ドライバーは気にせずに運転操作をしているけれど、そうした緩衝材やタイロッドエンドなどの接続部分は少しずつダメージが与えられ、部品の寿命を縮めていく。


●停車中のハンドルの据え切り

停車した状態でステアリングホイールを回すことを「据え切り」という。据え切りはパワステ機構に大きな負担をかける

 タイヤを傷める行為として良く言われるのが、停止中のステアリング操作、いわゆる据え切りだ。

 パワーステアリングが装備されていないクルマで据え切りを行なったことがあれば、それがいかに力を使う行為、すなわちタイヤの設置面に大きな力が掛かることが分かるのだが、そんな経験をしたことがある人はほとんどいないだろう。

 しかしパワーステアリングによってドライバーの負担が軽減されて、軽々と据え切りを行なえるようになってはいるが、タイヤの負担は変わっていないどころか、車重が増えてますます増加しているのだ。

 それでもタイヤのゴム分子の改良やトレッドデザインの進化でブロック剛性も高まっており、据え切りに対する耐性も高まっていることも事実。

 据え切りがタイヤにとって良くない行為であることは明白だ。しかし、都市部の狭い駐車スペース(通路部分も含めて)では据え切りをしなければ何度も切り返しをすることになり、時間が掛かるだけでなく立体駐車場の機械や他車などに接触するリスクも高くなる。

 安全を最優先して、その次に時間や快適性を重視するのか、クルマやタイヤの寿命を考えるのかは、オーナーが選べばいいことだ。


●タイヤの空気圧を気にしないのはアウト!
 
 タイヤの空気圧は正常な状態でも自然に少しずつ減っていくため、定期的にチェックする必要がある。空気圧不足は操縦安定性を悪化させたり、タイヤの寿命を縮めるからだ。

 例えば、不足するとタイヤが変形して左右にフラついたり燃費が悪化。高速連続走行時にはたわみによりタイヤが発熱し、最後にはバーストしてしまう「スタンディングウェーブ現象」を起こしやすくなる。

 また、「空気圧はタイヤのたわみ具合で判断」などとよく言われるが、これはハッキリいって無理! パンクしてペチャンコになっていたならまだしも、見た目だけでは正確な判断はできない。パンクの有無の確認手段としては有効なため、乗車前に目視チェックすることは大切だが、空気圧の確認には空気圧ゲージが必須となるので注意したい。

 なお、空気圧をチェックときは走行前のタイヤが冷えているときに行うのが原則となる。暖まると膨張するからで、測定するならドライブ前に行う。

 また、測定にはタイヤゲージが、圧が低くて空気の充填が必要となったらエアポンプも必須ゆえ、ガソリンスタンドに行ったついでに点検・補充してもらう、あるいはゲージ付きエアタンクを借りて行うのが現実的かつベストな点検方法といえるだろう。

空気圧のチェックは頻繁に行いたい。専用の器具を持っていなくても、カー用品店やガソリンスタンドで空気圧を点検することができる

バッテリーは待機電流と自然放電でジワジワ弱る


●バッテリーを放ったらかしにしない

最近のバッテリーはメンテナンスフリーのものも増えている。上がり気味なら交換したい

 バッテリーは、最近のクルマはセキュリティや電子装備が満載で、なおかつ市販のセキュリティやドライブレコーダーなど電子アクセサリーを追加していると、待機電流がバカにならない。

 そのうえ、クルマを走らせるのが週に1度で近距離では、バッテリーの充電量が不足していく。待機電流や自然放電が多いと、バッテリー内部の負極表面に硫化鉛の結晶を作ってしまうサルフェーションという現象が起こりやすい。

 サルフェーションはバッテリーの起電力を低下させてしまうので、月に数度程度しかクルマに乗らないのであれば、パルス充電機能のあるバッテリー充電器でバッテリーを補充電してやると、バッテリーの寿命はグンと伸ばせる。

 高価なアイドリングストップ車専用バッテリーもこうしてメンテナンスしてやれば、2年ごとに必ず交換しなければならない事態から寿命を伸ばすこともできる。もちろん補充電時にはバッテリー液のレベルも確認して、足りなければ補水してやる(補水ができないタイプはインジケーターなどで液不足と出れば諦めるしかない)ことだ。

パルス充電器(約1万3000円~)。パルス充電でサルフェーションを除去しバッテリーのパワーを復活させる


●ブレーキパッドの摩耗限界に来たら速やかに交換するのが先決

 ブレーキの寿命はエンジンブレーキの利用と早めの穏やかなブレーキ操作など使い方で伸ばすことはできるが、普通に使っていてもブレーキの寿命がそれなりになるだけで、その他の部分に悪影響をおよぼすことはほとんどない。

 ただし、ブレーキパッドの摩耗限界が来たら、速やかに交換してブレーキフルードも同時に交換しよう。

 点検整備をしっかりしていても、突然故障することはあるし、完全に防ぐことはできない。それは電子部品でも機械部品でも、振動や熱、摩耗によって劣化が避けられないからだ。

ブレーキパッドの摩耗限界が来たら速やかに交換してブレーキフルードも同時に交換しよう(endsterm@Adobe Stock)

次ページは : 夏場の渋滞はクルマにジワジワとダメージを蓄積させる