トミカも走らせて競争する時代だ!! 実況付レースができる専用サーキットが新登場!!

トミカも走らせて競争する時代だ!! 実況付レースができる専用サーキットが新登場!!

 大人から子供まで、クルマ好きでなくとも、誰もが一度は手にしたことがあるだろう「トミカ」。現在までに1080種以上の車種が発売され、累計販売台数は6億9000万台を超えるという(2021年4月時点 タカラトミー発表)。

 このトミカが誕生したのは1970年のこと。日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズとして登場し、2020年には発売50周年を迎えたロングセラー商品だ。そんなトミカを作り続けるタカラトミーが、2021年5月に新プロジェクト「トミカ アドバンスドプロジェクト」を発表した。

 「これからの50年」に向けた新プロジェクト第1弾の商品として、デジタルラップカウンターと、実況サウンドを備えた「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(税込1万2100円)

 および、NFCチップを搭載した専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」4車種(各、税込1320円)を、2021年6月19日から全国発売するというのだ。その詳細をご紹介しよう。

文/吉川賢一、写真/タカラトミー

【画像ギャラリー】手のひらの上のトミカがスマートフォンの中に!! トミカ新プロジェクト始動!!


■実況サウンド+デジタルアクセルサーキットで、疑似レース体験!!

インコース1398ミリ、アウトコース1662ミリのコースを、それぞれ12周/10周で競い合う高速サーキットだ

 「デジタルアクセルサーキット」は、アクセルボタンを連打することで、トミカが加速する。専用の「スーパースピードトミカ」はもちろん、その他のトミカも走らせて楽しむことができるのだ。

 トミカがサーキットを高速で駆け抜けるという、トミカファンとしては何とも胸アツなキットだ。周回数やラップタイム、レースバトルの勝敗は、デジタルラップカウンターによって判定される。2台で競うレースバトルモード、1台で楽しめるチャレンジモード、どちらでも楽しめる。

周回数やラップタイム、レースバトルの勝敗は、デジタルラップカウンターによって判定される

 本体のサイズは、幅1080×高さ123×奥行き523(ミリ)、例えるならば、50インチテレビの液晶画面のサイズに近く、まあまあ大きい。インコースは1398ミリ、アウトコースは1662ミリあり、それぞれ12週/10週で同程度の距離になり、なんと16メートル以上も走る計算だ。

 勝利のポイントは、アクセルボタンの連打。ボタンを連打すると、フライホイールの回転が速まり、マシンを加速させることができる。一定リズムで大きくたたくのがより速く走るポイントだという。

インコーナーとアウトコーナー、「どちらが有利なのか?」は実際にやってみないと分からない楽しみがある

 インコース側は、コーナーのR(アール)が小さいため走行抵抗が大きくなりがちだが、その分、2回ほど加速回数が多い。反対にアウトコース側は、走行抵抗は小さいが加速回数は減る。「どちらが有利なのか?」は、実際にやってみないと分からないが、これもまた楽しみのひとつだ。

ボタンを連打すると、フライホイールの回転が速まり、マシンを加速させることができる

 今作の最大のポイントが、スーパースピードトミカに内蔵されたiD Driveシステムによって、リアルタイムにレース状況を取得し、リアルな実況がレースを盛り上げてくれるところだ。マシンごとにアナウンスやBGMが異なり、サーキットにいるような臨場感を味わえる。

スーパースピードトミカに内蔵されたiD Driveシステムにより、リアルタイムにレース状況を取得し、リアルな実況がレースを盛り上げてくれる

 更には、専用アプリと連動させ、ラップカウンターにスマートフォンなどをセットすることで、「スーパースピードトミカ」と同じデザインにラッピングされたマシンのCG映像が、レースの内容と連動して登場する。これが、結構面白い演出をしてくれるのだ。

専用アプリと連動させ、ラップカウンターにスマートフォンをセットすることで、「スーパースピードトミカ」と同じデザインにラッピングされたマシンのCG映像が、レースの内容と連動して登場

 これまでも、「GO!GO!アクセルサーキット」というトミカ用サーキットはあったのだが、今作にあるスマートフォン連動といったデジタル技術は、トミカ史上初の試みとなる。開発チームは、ずいぶんとチャレンジングなことを考えたものだ。

■スーパースピードトミカは4車種!!

スーパースピードトミカは、スープラやGT-R、シビックタイプR、スバルWRXなど、実在するスポーツカーをモデルとしている

 「スーパースピードトミカ」は、サーキット走行向けにチューンナップされたマシンだ。現時点で発表されている車種は、スープラやGT-R、シビックタイプR、スバルWRXなど、実在するスポーツカーをモデルとした4台となる。

一般的なトミカと比べて、車体は軽量化されており、またレース向けの専用ホイールを装着、スムーズなコーナリングをサポートするためのフロント&リアのガイドローラーも装着されている

 一般的なトミカと比べて、車体は軽量化されており、またレース向けの専用ホイールを装着、スムーズなコーナリングをサポートするためのフロント&リアのガイドローラーも装着されている。一台あたり税込1320円だ。

 なお、従来のトミカは走らせることができるが、NFCチップが入っていないためアプリと連動させることができない。今後の計画はまだ発表されていないが、ぜひとも対応車種を増やしていただくことを期待したい!!

次ページは : ■「トミカ」が長く愛され続けるワケ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ